弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目

弦楽器フェア、11月1日(金)からの開催となりました。
皆様のご来場、お待ちしております。

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

宮地楽器さんのホームページにて、詳しくご紹介いただいております。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/


さて、先日、最新作の1台目をご紹介しましたが、今日は2台目のヴァイオリンをご紹介させていただきます。

今回も、いつものように、ストラディバリ、1705年のモデルです。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09175220.jpg



裏板は、ホワイトでもご紹介しましたが、トラ杢が交差した、複雑な模様の2枚板を使用しました。
モラッシー先生が、生前、好んで使われていたような、特徴のある裏板で、モラッシー先生から直接購入させていただいた木材でした。
ホワイトの状態は、こちらの記事でご覧いただけます。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09180120.jpg


エフは、裏板の渋い雰囲気に見合うような、落ち着いた感じを目指しましたが、仕上がってみると、普段通りのアマティ風の雰囲気となりました。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09184300.jpg


裏側のコーナー部分です。
アップにすると、木材の雰囲気がより伝わってくる感じです。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09183349.jpg


ウズマキも、楽器全体の雰囲気に見合うように、少しワイルド感を目指しましたが、前回の楽器よりも少し落ち着いた感じになった気がします。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09190282.jpg


正面からの造形です。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09185194.jpg


斜めからの雰囲気が良くまとまると、楽器全体のシルエットが締まって見えてきます。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09191559.jpg


この楽器も、弦楽器フェアではガラスケース内での展示となります。
前回の楽器と、ぜひ見比べてみてください。
ご来場をお待ちしております。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09182394.jpg

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目_d0047461_09181106.jpg



# by violino45 | 2019-10-30 20:00 | 製作記 | Comments(4)

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目

弦楽器フェア、今週末に迫ってまいりました。

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

詳しくはこちらの宮地楽器さんのホームページをご覧ください。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/

弦楽器フェアでは、最新作のヴァイオリンも2台展示する予定ですが、今回は、1台目をご紹介させていただきます。
以前、ホワイトでご紹介した楽器です。

いつもの、1705年のストラディバリモデルです。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08464110.jpg


裏板は、端正ながら躍動感も感じられるトラ杢の二枚板を使用しました。
ホワイトの状態の記事は、こちらです。
https://violino45.exblog.jp/27748357/

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08465383.jpg


エフは、いつもどおりのアマティ的な雰囲気ですが、裏板の雰囲気に合わせて、少し若々しい?感じを意識してみました。
ほとんど、いつもと変わりはないですが、、

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08471958.jpg


反対側から見ると、こんな感じです。
ストラディバリの、コーナー部分の造形の特徴が出ているでしょうか?

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08473809.jpg


ウズマキは、ストラド黄金期スタイルには変わりないのですが、少し楕円の成分を多めにして、躍動感を出してみました。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08481581.jpg

正面からは、こんな感じです。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08480467.jpg


斜めから見ると、また雰囲気が違って見えます。
ウズマキの造形は、立体的で美しい分、難しさも立体的となります。。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08475196.jpg


弦楽器フェアでは、ガラスケース内で展示させていただく予定です。
ご来場お待ちしております。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08470960.jpg

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_08470107.jpg


さて、夏にご紹介していたハイビスカス、花が一つだけ咲いたと喜んでおりましたが、その後、SNSで教えていただいて、肥料を大量に与えなければいけなかったようで、アドバイスどおりにしたら、数日ごとに咲き続け、10月に入っても咲いております。
合計、20個近く咲きました。

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_09084169.jpg


上手く育てれば、越冬もできるようなのですね。
来年も咲いてくれるかな?

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目_d0047461_09085634.jpg


# by violino45 | 2019-10-27 09:10 | 製作記 | Comments(2)

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン

今年も弦楽器フェアに参加させていただきます。
宮地楽器さんのブースにて、高橋明さん、天野年員さん、百瀬弘明さん、西村翔太郎さんとともにお待ちしております。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14361279.jpg

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

宮地楽器さんのホームページにて、詳しくご紹介いただいております。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/


さて、先日も、弦楽器フェアに展示予定のヴァイオリンをホワイトでご紹介いたしましたが、もう一台、最新作のヴァイオリンを展示する予定です。
現在、ニスを塗っているところですが、ホワイトの状態でご紹介させていただきます。

いつもの、A・ストラディバリ、1705年のモデルです。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14275302.jpg



裏板は二枚板、製作途中の記事でも触れましたが、かなり模様に変化のあるトラ杢の二枚板です。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14280440.jpg

トラ杢の、明るい部分と暗い部分が、ところどころで入れ替わる、いわゆる、交差杢と呼ばれる模様です。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14283194.jpg

この裏板は、私がクレモナに来てしばらくした時に、モラッシー先生のお店で気に入って購入したもので、15年以上、手元で保管しておりました。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14282373.jpg


コーナー部分の仕上げです。
以前もご説明しましたが、パーフリングの先端の向きによって、楽器の印象が違ってきますし、古典的なストラディバリのスタイルの表現にもなりますので、気を遣うところです。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14284066.jpg

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14284965.jpg


エフも、コーナー部分とのバランスや、アーチとの関係性によって、美観的にも音響的にも、単独では定義できない存在です。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14290140.jpg

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14292152.jpg

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14291124.jpg


ウズマキは、一周目と二周目、そして目玉のバランスで大きく印象が異なります。
それぞれの曲線を変化させると、他の曲線も違って見えてきますし、バランスも違ってきますので、最終イメージを明確に持っていないと、いつまでも終わらない、無限ループに陥ります。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14293916.jpg

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14294943.jpg

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14293090.jpg

360度、どの角度から見ても造形が破綻しないように仕上げたいのですが、、なかなか難しいです。

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14295956.jpg

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14301873.jpg

ヴァイオリン天使も応援に来てくれました。
今回の仕上がりはどうでしょうか?

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン_d0047461_14303016.jpg

# by violino45 | 2019-10-12 15:00 | 製作記 | Comments(2)

ギター弾いてみました

7月の誕生日の記事で、私とギターとの関わりについて、写真とともにご紹介いたしました。
https://violino45.exblog.jp/27684446/

その時に、ギター動画へのトライについても少し書いたのですが、やはり実現するならこのタイミングしかないと思い、拙い演奏ではありますが、動画をアップしました。

曲は、ドック・ワトソン氏の演奏で有名な「ブラック・マウンテン・ラグ」です。
この曲は、このジャンル(カントリー系)のギタリストなら必ずレパートリーとする、超スタンダードです。

譜面上はとてもシンプルで、スケール練習のような曲なのですが、生半可な技術とセンスでは音楽に聞こえない、超難曲です。
私の場合、音楽に聞こえると言うよりも、止まらずに弾けるかどうかというレベルなのですが119.png、長年のドック・ワトソン氏ファンとしては避けて通れない曲で、いわば「聖地巡礼」のようなものかもしれません。

とりあえず、なんとか最後まで弾けたテイクをアップしました。
前置き(言い訳)が長くなりましたが、動画はこちらです。(1分半程度の短い曲です)


ご視聴いただき、ありがとうございました。

仕事の合間に少しずつ練習した程度なので、お恥ずかしい演奏ですが、子供のころから親しんできたギター曲を、指が動くうちに(生きてるうちに)何かしらの形で記録しておきたいという個人的な思いでアップしました。

これで聖地巡礼の一歩を踏み出すことができましたので、もし機会があれば、ほかの曲もご紹介していければと思っております。

ギター弾いてみました_d0047461_07111804.jpg

# by violino45 | 2019-09-23 18:51 | 動画 | Comments(4)

最新作ヴァイオリンのご紹介

かなり前にホワイトヴァイオリンでご紹介していた楽器が、ようやく完成しましたので、写真にてご紹介いたします。

アントニオ・ストラディバリ、1705年モデルです。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14004279.jpg

今回はお客様のご要望もあり、少し濃い目の色合いのニスとなりました。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14005231.jpg


裏板の、コーナーの部分です。
コーナー全体の造形と、パーフリングの先端の向きが、ストラドモデルの特徴を示していますが、オリジナルストラドというよりも、やはり、ラザーリ師匠のスタイルを受け継いで製作しております。
もちろん、根底には、昨年他界されたモラッシー先生のスタイルが流れております。
最近は、私のオリジナリティも少しずつ自然に出てきていまして、ストラディバリ、モラッシー先生、ラザーリ師匠、私という4つの要素が、微妙にバランスを変えながら混ざり合って、一つの楽器として生まれてきている感じです。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14010499.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14011303.jpg


エフは、やはり、ラザーリ師匠から受け継いだ、アマティ的な雰囲気の造形がもっとも色濃く出ています。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14012808.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14013783.jpg


ウズマキは、数年前までは、モラッシー先生のさらに師匠である、ガリンベルティのモデルで製作しておりましたが、この数年は、黄金期のストラドを意識しての製作となっています。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14022476.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14021482.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14020428.jpg


モデルはストラディバリですが、製作スタイル、仕上げはラザーリ師匠のテイストを常に目指しています。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14023506.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14024540.jpg


クレモナで楽器製作を修業して19年目となり、いろいろな大先輩のスタイルに影響を受けていますが、あらためて見返すと、ストラディバリを根底としつつも、やはり、直接の先生であるラザーリ師匠のスタイルを目指すことが私の本流で、その中で自然にオリジナリティが生まれてきたことが分かりますし、これからも、その方向性で修業していくことに変わりないと、あらためて思い至った気がしています。

今回の楽器は、すでにお客様の元にお届けいたしまして、幸いなことに、外観も音も気に入っていただけたようで、安堵しているところです。
これから、どのような楽器に成長していくのか、生みの親として見守っていきたいと思っています。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14015456.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_14014607.jpg


# by violino45 | 2019-09-15 14:45 | 製作記 | Comments(2)