思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編

クレモナ製作学校の「思い出話」、前回の工房での実習編に続き、今回は一般科目の授業について、ご紹介します。

前回は3年生の時間割をご紹介しましたが、今回は5年生の時のものです。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_14350705.jpg


工房での楽器製作が11時間、修理とニスの授業が2時間ずつ、そしてラッザリ師匠のセットアップ授業が2時間と、楽器製作に関する授業が17時間です。

一方で、イタリア語が6時間、音楽史が3時間、数学が3時間、英語が3時間、音響物理が3時間、そして体育が2時間と、一般科目は20時間となります。

以上の時間割をこなしながら、5年生は「卒論」も並行して進めなければならず、また、6月には卒業試験も控えているので、なかなか慌ただしい日々となりました。
また、午後の時間には、ラッザリ師匠の工房に通っていました。

こちらは、当時使っていたノートです。
イタリアの大手スーパーの、ESSELUNGAが発売していた、駄洒落シリーズのノートです。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23480900.jpg


私は、この、ツタン・パーネンとジョン・レモンがお気に入りでした(笑)

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_14485804.jpg



さて、授業の内容ですが、数学も英語も物理も日本の高校で習ったことでしたが、20年ぶりで記憶が曖昧でしたし、なによりも、全ての説明がイタリア語ですので、例えば方程式の解き方も、イタリア語での説明に付いていくのが大変でした。

これは、「解が存在しない方程式」の説明を、イタリア語で書いた部分です。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_13223225.jpg



こちらは、座標の問題についての説明です。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23462665.jpg


音響物理の授業での、音の波形を説明した文章です。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23462686.jpg


今見ても、頭が痛くなります。

でも、私は発想を転換して、これは数学や物理の授業としてではなく、ものごとをイタリア語で説明するための修行と考え、時間を無駄にしないように授業に取り組みました。

ですが、楽器製作を勉強するためにイタリアに来ているのに、多くの一般科目の勉強に時間を取られている状況は、やはりストレスを感じていたのだと思います。

ノートには、それが「落書き」として残っています。
音楽史の授業なのに、ウズマキやアーチのデザインを描いていたり、、

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23462645.jpg

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23471702.jpg


最終的には、完全に精神が壊れてますね。。
無限にウズを巻いてます(笑)

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23480938.jpg


ですが、私はこの一般科目の授業を、病気で欠席した以外、100%の出席率で3年間、通い続けました。
学生によっては、一般科目を「時間の無駄」として、落第ギリギリの出席率で上手くこなしている人もいましたが、私は、そういう中途半端なことをすると、自分自身のテンションが下がってしまい、肝心の楽器製作にも悪影響が出そうな気がして、全ての科目で満点を取ることに集中していました。

結果、5年生が終わる時点で、私は最優秀の生徒として認められることになり、卒業試験の成績と合わせて、いわゆる首席として表彰されることとなりました。
授賞式での写真です。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23462611.jpg


首席となるためには、工房での実習はもちろんですが、全ての科目で10点満点を獲得する必要があるのですが、説明問題などは、どれだけ頑張っても、イタリア語がおぼつかない日本人には難しいことですし、特に、イタリア語の試験に関しては、客観的に見て、10点はあり得ないことでしたが、私の授業態度や頑張りを見て、先生たちが後押しをしてくれたのだと思います。

こちらが、卒業証書です。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_00000803.jpg


最終成績の欄に、「CENTO」と書かれています。
これは、100点満点という意味で、この年度の卒業生では、私を含めて2人だけがCENTOでした。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_00000883.jpg



後日、マルキ先生とお会いした時に、先生たちの間で「菊田にはCENTOを取らせてあげよう」という会話がなされたことを伺い、胸が熱くなりました。

私にとって、人生二度目の高校生活となったクレモナ製作学校でしたが、良い先生や仲間と出会い、苦しくも充実した3年間を過ごすことができ、人生の財産となった気がしています。

ちなみに、現在の製作学校の規則では、40歳の入学は認められておらず、そういう意味でも、当時の私は幸運に恵まれていたのだと、あらためて思います。

今は校舎も移転してしまい、学校のシステムも変わり、日本人留学生も少なくなってしまって、寂しい状況となりましたが、これからも、この学校の卒業生が、良い製作者になって、弦楽器業界を支えていって欲しいと願っています。

製作学校での最後の作品のチェロを持って、マルキ先生とともに。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23481987.jpg


今回は自慢話のようなブログで、失礼しました。

さて、製作中のヴァイオリンのご紹介も少し。

アーチが終わり、厚み出し作業です。
力仕事ですが、仕上がり厚さまで1ミリくらいのところまで丸ノミで削りますので、慎重さも要求されます。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23443970.jpg



ボディを閉じる前の最終チェックは、いつも疑心暗鬼になり、やり残したことが無いか、心配になります。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_02480189.jpg


このラベルを使い始めてから、20年が過ぎました。
130台目が、そろそろ見えてきましたが、まだまだ人生目標の200台には遠い道のりです。
でも、急がずに、一台一台を丁寧に仕上げていくのみです。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_23443814.jpg


秋に向けて、少し慌ただしくなってくるクレモナですが、猫たちは平和に暮らしております。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_03115699.jpg


伸びてます。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_03115738.jpg


季節の変わり目ですね、皆様も体調維持にはお気をつけて、良い季節をお迎えください。

思い出話⑥ クレモナ製作学校、一般科目編_d0047461_03115733.jpg


# by violino45 | 2022-09-17 14:57 | 思い出話 | Comments(2)

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。

早いもので、9月となりました。
9月は、イタリアでは新学期の季節となります。

私は2001年の9月にイタリアに渡り、クレモナ国立弦楽器製作学校に入学しました。
2001年9月というと、あのニューヨークでのテロ事件が思い出されますが、クレモナに着いて数日後にテレビで映像を見た時の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

希望に満ちて留学したはずが、大きな不安を抱えてのスタートとなってしまいましたが、それでも予定通り学校はスタートしました。

学校で最初に渡されたのが、この学生証でした。
21年前、40歳の自分を見ると、まだまだ髪の毛は黒く、今から思うと若かったということを実感します。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05051020.jpg


この学生証が何の役に立ったのか、あまり記憶にないのですが(笑)、博物館や映画館などは、学生料金で入場できたと思います。

そして、授業が始まる時に提示されたのが、時間割でした。
これは、壁に貼り出されたものを書き写して印刷したものです。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05073420.jpg


欄外に、当時在籍していた日本人の学生の名前が書いてありますね。
今では考えられないことですが、たくさんの日本人の仲間がいました。
私は3年のBクラスの1グループ、ロレンツォ・マルキ先生のクラスに配属になりましたが、天野さんの名前も見えます。
当時、高橋さんという生徒が3人いて、ややこしい状況でしたが、のちの同僚となる高橋明さんは4年生にいて、私より1年先輩でした。

時間割の中で、LABと書いてあるのが、LABORATORIO、つまり工房での実習の時間です。
一週間で16時間、しかも実習がない曜日もあって、製作学校の時間割としては少ない印象ですね。
というのも、この学校はイタリアでは普通の高校という扱いで、卒業すれば大学の入学資格も得られる学校なので、一般科目も規定の時間数が確保されているのです。
一般科目につきましては、後日、別の記事でご紹介させていただきます。

という感じで始まった学校生活、担任となったマルキ先生には基礎から応用まで、卒業までの3年間、ビシバシと御指導いただきました(笑)
4年生になってからは、放課後にラッザリ師匠の工房に通い始めて、貴重な経験を積ませていただいたのですが、今の私があるのは、やはり、学校でマルキ先生に鍛えていただいたことが強固な土台となっている気がします。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05061511.jpg


製作学校時代は、あまり記録写真を撮るという意識もなく、もちろん写メもスマホもない時代ですので、意外と写真は残っていませんが、探してみたら、懐かしい写真が出てきました。
これは、ニスの実習の時のものです。
私の右にいる、後ろ姿の人は、天野さんですね。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05061634.jpg


もう一枚。
真ん中にいる人は、同級生のイラン人で、モハマッドさんです。
母国イランでは建築家だったそうですが、ヴァイオリン製作に目覚め、クレモナに留学しました。
非常に穏やかな紳士でした。
左の人は、やはり天野さんですね、私が40歳、天野さんが30歳の頃です。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05061623.jpg


これは、卒業が近いころですが、週に何度か、ヴァイオリンのフィッティングの授業のためにラッザリ師匠が特別講義をした時の記念写真です。
同級生と撮影した記念写真は、なぜかこの一枚だけなので、貴重な映像です。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05061586.jpg

思い出話⑤工房編は以上です、次回、一般科目編に続きます。

さて、ヴァイオリン製作も、少しずつ進めております。

ミニカンナでのアーチ作業。
今回は、2枚板の裏板での製作となります。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05102391.jpg


毎回、アーチが少しずつ見えてくるというか、表面に浮き上がってくるような感じがする瞬間があり、ワクワクする時間です。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05102471.jpg


ですが、スクレーパーになると、一気に難易度が上がり、迷ったり、悩んだりしながらの作業になります。
表面が滑らかになって初めて見えてくる弱点も多く、根気よく修正していきます。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05102441.jpg


疑心暗鬼になりながらも、無事にアーチの完成です。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05102473.jpg


表板も同様に仕上げますが、エフ孔との関係を見ながらの作業になるので、さらに迷うポイントは多いです。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05102324.jpg



アーチが仕上がったら、ひっくり返して、厚みを出していきます。
続きは、また次回。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05102376.jpg


クレモナも少し涼しくなってきて、大理石がヒンヤリしてきたのでしょうか、マットの上で3匹寄り添って寝てます。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05065867.jpg


ちび丸だけは、いつも単独で行動してます。
仲が悪いわけではないのですが。

思い出話⑤ 製作学校時代、工房編。そして製作記の続き。_d0047461_05065858.jpg


# by violino45 | 2022-09-04 04:01 | 思い出話 | Comments(4)

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。

暑中お見舞い申し上げます。

ヨーロッパの記録的猛暑は日本にも伝えられていると思いますが、クレモナも連日、体温を越える気温が続いておりまして、迂闊に外出すると身の危険を感じる毎日です。

ですが、早朝には少し気温も下がり、過ごしやすくなるので、体調の維持のために、自転車で出かけるのが日課となっています。
普段は、前回のブログで書きましたように、自転車用のサーキットを走ることが多いのですが、時々、田舎道をサイクリングすると気分が変わって良いです。

自宅から15分も走ると、牧草地帯をのんびり走れるコースがあるのは、田舎暮らしの恵まれたところと思います。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_17503985.jpg


さて、しばらく製作記を更新できておりませんでしたが、少しずつ作業も進めております。

いつものように、内型に横板を貼り付けるところから始めます。
こちらは真っすぐな横板です。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_17532170.jpg


水をつけて、ベンディングアイロンで曲げると、こんな感じになって、貼り付け準備完了です。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_17532115.jpg


ニカワでブロックに貼り付けます。
横板が内型に貼り付いてしまうと大変なので、内型の側面にロウを塗って、接着されないようにします。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_17532176.jpg


隙間なく接着できたら、次の工程に進みます。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_17532246.jpg

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_17532254.jpg


猫たちも、この猛暑には参っているようで、家のいたるところに落ちています。
やはり、大理石やタイルの床の上が、ひんやりして気持ち良いようです。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_18000008.jpg

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_18000022.jpg


暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_18000032.jpg


ちび丸だけは、硬いところは好きではないようで、カーペットや座布団の上にいることが多いです。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_18000066.jpg


ダレてますね。

暑中お見舞い申し上げます & 製作記も少々。_d0047461_18040802.jpg


この猛暑も、今日までで一段落で、明日から少し気温が下がるそうで、過ごしやすくなることを期待しています。
日本も暑い日が続くと思いますが、皆様ご自愛くださいませ。



# by violino45 | 2022-07-25 18:09 | 製作記 | Comments(6)

61&2 そして思い出話④

今年も無事に誕生日を迎えることができました。

2022年は、世界的にいろいろな事が起きていますが、なんとか平穏に生活でき、仕事も続けられているのは、幸運なことだと思います。
お世話になっている皆様に、あらためて感謝申し上げます。

同じく誕生日を迎えたちび丸も、早いもので2歳となりました。

61&2 そして思い出話④_d0047461_02565669.jpg


今年の誕生日は、奇しくも、1961年生まれで61歳という、面白い数字になってしまいました。
61年という時間は、あっという間に過ぎ去ったような気もしますが、その時々の出来事を思い返すと、やはり長い年月を過ごしてきたのだと、あらためて思います。

私が物心ついた頃、自宅は白黒テレビ、もちろん真空管式でした。
冷蔵庫も、電気式ではなく、氷の塊を入れて冷やす方式でしたし、洗濯機も脱水機能がなく、ローラーのようなもので圧縮していたのを覚えています。
自宅に電話が付いたのは中学生くらいの時だった記憶があります。

その後、カラーテレビは当たりまえになり、チャンネルがダイヤルからボタン式になり、そしてリモコンが登場した時は、SFの世界が現実になったような感覚でした。

音の世界でも、音楽を聴くためにはレコードを買うか、ラジオを聴くしかない時代でした。
レコードやラジオを、カセットテープに録音することは、今から思うと非常に面倒な作業でしたが、そのワクワク感、楽しさは、心に深く残っています。

現代の、一瞬で頭出しして再生できる便利さ、そして瞬時にコピーできてしまう快適性は素晴らしいですし、私自身、その恩恵を享受しておりますが、当時、アナログでの再生や録音にワクワクすることができたのは、やはり楽しい経験でしたし、その経験があったからこそ、デジタルの利便性、快適性をさらに享受できているのだと思います。

そういう意味では、私のような昭和中期世代は、アナログの全盛期を楽しく過ごした上で、デジタル技術の発展にもなんとか追いつけている世代ということで、恵まれているのかもしれません。

技術革新は、どんな未来を作っていくのでしょうか。

61年後には、今の4Kテレビやスマホ、動画や音楽配信システムなども古くなり、白黒テレビや黒電話、VHSやカセットテープのような存在になっていくのでしょうね。

その時代をこの目で見ることはおそらく無理なので残念ですが、頑張ればなんとか30年後の世界を見ることができるかもしれないので、健康には気を付けて、できるだけ長生きしていきたいなと、あらためて思う誕生日となりました。

オチの無い話を、長々と失礼しました。

健康という意味で、子供の頃からの趣味だった自転車には、できるだけ乗っていきたいと思っております。
写真は、クレモナ市の外れにある一周1キロくらいの自転車専用のサーキットに走りに行った時のものです。
30分くらい走るとヘロヘロになってしまいますが、緑に囲まれた環境で無心に走ると、やはり気分は爽快です。

61&2 そして思い出話④_d0047461_04123932.jpg

おかげさまで、猫たちも元気に過ごしております。

ビビ丸は、足が悪いのにオーバーウェイトなので、少しずつダイエットしています。

61&2 そして思い出話④_d0047461_04185515.jpg


クロ丸とビッキーは、ちょうど一年前の7月、隣の猫シェルターに保護されてきたのでした。
それから3か月間、シェルターで過ごした後、菊田家に来ることになったのですが、今思うと、もっと早く引き取っていれば良かったと思います。
でも、当初は、ビビ丸と相性が悪かったので、仕方なかったのですが。

61&2 そして思い出話④_d0047461_04185583.jpg

61&2 そして思い出話④_d0047461_04185483.jpg


結局、ビビ丸とは大の仲良しになって、いつでも3匹、一緒にいる感じです。

61&2 そして思い出話④_d0047461_04185486.jpg


ちび丸は、いつも少し離れた場所にいますが、3匹と喧嘩するわけでもなく、マイペースで過ごしています。

61&2 そして思い出話④_d0047461_04185562.jpg

長文ご覧いただき、ありがとうございました。
暑い日が続きますが、皆様ご自愛くださいませ。







# by violino45 | 2022-07-12 06:35 | 思い出話 | Comments(2)

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。

2005年以来、宮地楽器さんには試奏用のヴァイオリンを見本品として常設しておりますが、先日、歴代3台目のヴァイオリンへの入れ替えを行いましたので、お知らせいたします。
★後半部分を追記しました。(ラ・フォル・ジュルネの講演会)


3代目となったのは、2021年製作、アントニオ・ストラディバリ、1705年モデルのヴァイオリンです。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16235587.jpg


裏板は、少し変化のあるトラ杢の2枚板を使いました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16235507.jpg


この楽器は、昨年9月のトリエンナーレ・コンクールに出品したヴァイオリンです。
コンクールの結果は15位、入賞とはなりませんでしたが、いわゆる三大コンクールで上位に残ることができ、製作者として嬉しい結果となりました。
審査員の一人、シメオネ・モラッシーさんと記念撮影です。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16260742.jpg


このヴァイオリンは、先日の大阪の展示会でも多くのお客様に御試奏いただきました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16270467.jpg



私の拙い演奏で恐縮ですが、カノン砲モデルとの比較の動画で、音色もお聴き頂けます。





ご視聴ありがとうございました。
今後はこのヴァイオリンが宮地楽器さんの展示品となり、また、展示会などでもお披露目しますので、ぜひお手に取ってご覧いただければ嬉しいです。



さて、宮地楽器さんでは2005年以来、8年ごとに2台のヴァイオリンを常設展示させていただいておりました。
この機会に、この2台のヴァイオリンにつきまして、エピソードも交えてご紹介させていただきます。

初代は、2005年に製作した、ストラディバリ1705年モデルの楽器でした。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16315818.jpg


裏板のトラ杢は、水平に近く、素直にまっすぐ伸びた模様です。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16315808.jpg


このヴァイオリンは、完成した後に技術的な問題が発覚したので(音には関係ない部分です)、販売することを取りやめたのですが、宮地楽器の山本さんと相談して、見本品として展示させていただくことになりました。

当時の山本さんとの、貴重な記念写真です。
お互いに若く、そして痩せてますね~(笑)

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16352768.jpg


それ以降の8年間、この楽器は店頭での見本にとどまらず、宮地楽器さんでの様々なイベントをはじめ、弦楽器フェアなどの展示会にて、数多くのお客様に試奏いただくことになりました。

写真は、2007年に宮地楽器ホールにて開催いただいた演奏会で、三ツ木摩理先生にこのヴァイオリンを演奏いただいた時のものです。
今年1月にも、同じホールでのイベントにて、15年ぶりに三ツ木先生に同じ曲を演奏いただき、感激しました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16391598.jpg



さて、このヴァイオリンにとっての晴れ舞台の1つは、2012年の4月、「笑ってコラえて」の企画で、千住真理子さんに演奏いただいた事と思います。
しかも、千住さんの愛器、ストラディバリ「デュランティ」との比較という畏れ多い企画で、私は恐縮して舞い上がってしまいましたが、この2005年のヴァイオリンは、プレッシャーのかかる中、頑張って良い音を出してくれたと思っております。

写真は、ローマでの中継時のスナップです。
もう10年前ですね、、早いものです。
コマツバラさん、お元気でしょうか。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16424566.jpg


こうして、数々の貴重な思い出を残してくれた2005年の楽器でしたが、展示見本品としては、できるだけ新しい楽器のほうが目的に沿うのではないかと思い、2013年に、その役目を引き継ぐことになりました。

二代目となったのは、2011年に製作し、これも、諸々の事情で販売を控えることになったヴァイオリンでした。
モデルは、同じくストラディバリの1705年となります。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16435984.jpg


裏板は、トラ杢に特徴のある2枚板です。
かなり重く硬い木材で、それまで使うのを控えていた裏板でしたが、販売予定の楽器ではないので、試験的に使ってみましたが、やはり音色にマイナスの影響が出た気がしています。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16435945.jpg


このヴァイオリンは、完成してからの2年間はクレモナに留まり、2つのコンクールに参加することとなりました。

最初のコンクールは2012年9月、クレモナ・トリエンナーレでした。
結果は、技術点、すなわち外観の審査では高得点でしたが、重い裏板の影響か、音の審査で点が伸びず、30位くらいの成績だったと思います。
残念な結果とも見えますが、一流製作家が集う国際コンクールでの成績としては、私としては十分な順位でした。

10年前の私、やはり若いですね(笑)

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16465985.jpg



そして二つ目のコンクールは2013年の9月、スロバキアで開催された「Violino Arvenzis」でした。
このコンクールは、最終審査がオーケストラ伴奏という、ある意味、トリエンナーレよりもハードルが高い大会です。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16465901.jpg



このコンクールでも技術点は高く、最優秀技術賞をいただきましたが、音の審査で高橋明さんに逆転されて、3位となりました。
優勝した高橋さんとともに記念撮影。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16483131.jpg


このように、二つの国際コンクールで音の評価が伸びなかった2011年製作のヴァイオリンですが(汗)、宮地楽器にて展示されている8年間に、たくさんのお客様に御試奏いただき、また、数多くのイベントや展示会にて弾いていただいた結果、申し分ない音色で鳴るようになり、十分に見本品としての役目を果たしました。

2014年には、ラ・フォル・ジュルネの講演会に、山本さん、三ツ木摩理さんとともに出演、この2台のヴァイオリンの弾き比べをしていただいたのも貴重な経験となりました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_12162298.jpg


思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_12162108.jpg



思えば、私が製作家として活動を始めて17年間、見本品のヴァイオリンを通じて、数多くの出会いが生まれ、貴重な経験をさせていただきました。
宮地楽器さんでのイベントや、弦楽器フェア、池袋や大阪の展示会、さらには松山市でのイベントでも、この2台のヴァイオリンとともに、ご来場されたお客様と楽しく交流させていただいた時間は、かけがえのない思い出となっております。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_12162256.jpg



ですが、早いもので8年が過ぎ、そろそろ代替わりの時期となり、後ろ髪を引かれながら検討した結果、昨年のトリエンナーレに出品したヴァイオリンに、その役目を引き継いでもらうことになったのでした。


思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_13215728.jpg



このヴァイオリンは、クレモナに留学して21年間、いろいろ試行錯誤をしながら改良を重ねてきて、現在の私がそのまま形になった楽器とも言えますので、この先の数年間、展示見本楽器としての役目を十分に務めてくれるものと期待しております。

宮地楽器さんにお立ちよりの際は、ぜひ御試奏いただければ嬉しいです。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_18194048.jpg


2005年、2011年のヴァイオリンにまつわる思い出は、まだまだ書ききれないくらい沢山あるのですが、全てをご紹介できなくて残念です。
今回、見本品としての役目は終えましたが、展示会などでは引き続きお披露目しますので、機会がございましたらぜひ歴代のヴァイオリンを試奏いただければ幸いです。
先日の大阪での展示会は、今回ご紹介した新旧のヴァイオリンが3台並んだ、記念の2日間となりました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_00533023.jpg


さて、私自身、来月には61歳を迎え、この先、何歳まで現役でいられるのか、考えることも多くなりました。
展示見本が、いずれは4代目に受け継がれる日が来るのか、現時点では分かりませんが、元気でその時を迎えられるよう、健康を維持していきたいとあらためて思います。


クレモナは初夏の爽やかな気候で、過ごしやすいです。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16543254.jpg



気になるのは、庭の桜の木で、サクランボが実っているのは良いのですが、その重さで、枝が垂れ下がっていることです。
昨年までは、このような事がなかったので、桜の健康状態が気になるところです。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16543249.jpg


猫たちは、元気に過ごしています。
ビビ丸は、夏毛になって、少し精悍な顔立ちになりました。
3月には二歳になりました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16565525.jpg


クロ丸は5月で一歳になりました。
ますます成長して、4匹の中で一番大きいです。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16565587.jpg


ビッキーも、6月で1歳になります。
猫の成長は早いですね、ちょっと前までは仔猫だったのに、すでにちび丸やビビ丸よりも大きくなりました。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16565447.jpg


ちび丸は、いつもどおりマイペースに暮らしています。
7月に、2歳になります。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_16565569.jpg



相変わらず、ちび丸だけが、膝に上ってきます。
最近は暑いので、すぐに降りていきますが。。

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_17015371.jpg


機嫌を取ろうとすると、噛まれます(笑)

思い出話③ 宮地楽器さんの歴代展示ヴァイオリンのご紹介。_d0047461_17015238.jpg






# by violino45 | 2022-06-05 18:40 | 思い出話 | Comments(4)