ビオラ製作記:ニス開始

今日からニス塗りを開始です。
写真の左側がビオラです。
まだ、下塗りと、黄色いニスを数回塗っただけです。
条件によって変わりますが、大体、40回から50回塗り重ねます。
右側のヴァイオリンはニスが塗り終わった状態です。
ここまで色が付くのはまだまだ先の事ですね。
d0047461_7195778.jpg

# by violino45 | 2005-05-21 07:18 | 製作記 | Comments(0)

ビオラ製作記:白木で完成!

しばらくぶりの製作記ですが、製作をサボっていたわけではないですヨ。
ネックを仕込んだ後は、ひたすら地味な仕上げ作業になってしまって、あまり映像が面白くないのです。
この数日間、磨いてました。
でも、ただ磨くのではなくて、微妙なラインを修正しながら非常にデリケートな作業です。
この最終仕上げで、楽器の印象は大きく変わりますし、表現したいスタイルも変わってくるので、重要な作業です。
私がこだわっているイタリアスタイルの、ポイントの一つです。
d0047461_3542352.jpg
d0047461_3594010.jpg

# by violino45 | 2005-05-20 03:52 | 製作記 | Comments(2)

ビオラ製作記:ネックの仕込み

ネックの形を整えたら、ネックをボディに仕込みます。
ネックの長さ、角度などを慎重に調整しながら削ります。
そのあと、ニカワで接着します。
d0047461_5513042.jpg
d0047461_5514866.jpg

# by violino45 | 2005-05-17 05:47 | 製作記 | Comments(2)

おねむのテト

友人のクレモナの製作家の猫、テトです。
数年前に一週間預かったのですが、バイオリンを削っているとすぐに登ってきて座り込み、そのうち寝てしまいました。
製作している様子を見て、ご主人様を思い出して、安心したんでしょうね。
d0047461_7205736.jpg

# by violino45 | 2005-05-14 07:23 | 猫ネタ | Comments(2)

ビオラ製作記:渦巻きの完成、指板の作成

渦巻きが一通り終わりました。
これから最終仕上げになります。

d0047461_15122966.jpg

ネックを仕上げる時には指板が必要なので、ここで幅やカーブを仕上げます。
この作業は、黒檀の削りカスで全身真っ黒、とまではいきませんが、かなり汚れます。
健康にもおそらく良くないと思いますが、指板は演奏者にとってとても大事なので、神経を使って作業します。
d0047461_792730.jpg

# by violino45 | 2005-05-13 07:09 | 製作記 | Comments(2)