<   2020年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン

クレモナの中心地に用事があると、たびたび、大聖堂(Duomo)の前を通るのですが、タイミングによっては、扉が開いていることがあり、中を見学することができます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494599.jpg



私はクリスチャンではないのですが、大聖堂内の荘厳な雰囲気に包まれると、やはり神妙な心持になります。
1107年に建築が始まり、1491年に完成したと言われている大聖堂、アマティやストラディバリ、ガルネリも礼拝に訪れたと思うと、ヴァイオリン製作者として、この地で生活することの重みをあらためて感じます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494522.jpg


堂内を少し進んでから振り返ると、大きな丸いステンドグラスに目がくらみながら、その下に位置するフレスコ画に目を奪われます。
ジョバンニ・アントニオ・デ・サッキス、別名ポルデノーネが1520年から1521年にかけて描いたフレスコ画で、イエス・キリストの処刑シーンをモチーフにした、ポルデノーネの代表作の一つとされています。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494553.jpg


詳しい画像はこちらです。
中央の人物がとても印象的な、ダイナミックな映像ですね。

大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_14594555.jpg


実は、自宅の壁にも、同じ絵が飾ってあります。
昨年のクリスマスに、お向かいに住んでいるイタリア人のご夫婦が、私たちにプレゼントしてくれました。
クレモナに来て20年近く、同じアパートで暮らすイタリア人はみな親切で、突然やってきた日本人の私たちに温かく接していただけたことが、不慣れな土地で頑張ってこれた一つの要因だったと、あらためて思います。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494517.jpg



さて、次のヴァイオリンの製作も進んでおります。
このヴァイオリンから、荒削り用の丸ノミを新調しました。
実は、この作業は腰や背中、腕の負担が大きくて、年々、厳しくなってきていたのですが、友人の製作家のAさんに相談したところ、彼が自作した丸ノミを譲っていただけることになったのでした。
持ち手が少し長くなり、また、握り具合も絶妙で、体にかかる負担がかなり軽くなり、傷みや疲れが少なくなりました。
Aさんには本当に感謝しております。

大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06484877.jpg


ミニカンナでのアーチ削りは、いつもどおりです。
低い位置からの光でできる影を頼りに、最適な膨らみを目指して削っていきます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06484811.jpg


表板は、エフを描きながら、完成したイメージを想定しながら、整えていきます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06484884.jpg


スクレーパーで仕上げて、アーチの完成です。
トラ杢が浮き立って、楽器としての美しさを初めて実感できる瞬間です。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_07295661.jpg

by violino45 | 2020-02-14 07:31 | 製作記 | Comments(2)

最新作ヴァイオリンのご紹介

気が付けば2月も第二週、今年も時間の流れに追い付いていけない状況ですが、最新作のヴァイオリンが完成しましたので、写真にてご紹介させていただきます。

前回の記事でご紹介したホワイトヴァイオリンにニスを塗り、楽器として誕生しました。
ストラディバリ、1705年モデルです。
このモデルをラザーリ師匠からいただいて15年間、メインのモデルとして追及してきましたが、外観的にも、音色的にも、まだまだ奥が深く感じています。

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05505183.jpg


少し細目のトラ杢、繊細ですが、変化もある模様の裏板です。


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05531793.jpg



アマティ風のエフも、15年間、いろいろ試行錯誤してきましたが、時には明るい表情に見え、時には少し寂し気に見えたりもする、魅力的なモデルだと感じています。
これからも、長い付き合いになると思います。


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05505053.jpg

今回は、どんな表情でしょうか?


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05511588.jpg


コーナー部分の造形も、この15年間、悩みながらも試行錯誤してきたところです。


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05511517.jpg



ウズマキは、数年前から黄金期のストラドの雰囲気を目指していますが、15年前の楽器と見比べても、それほど大きく違っているわけではないようにも思えてきます。
モデルを変えても、自分が目指すスタイルや、内面性が自然に出てきてしまうものかもしれません。


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05505148.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05505090.jpg

最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_15273813.jpg


この楽器も、無事にお客様のもとに届けられ、喜んでいただけたようです。

末永く、音楽を楽しんでいただければ、製作者としてとても嬉しいです。


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_05532840.jpg


最新作ヴァイオリンのご紹介_d0047461_15273856.jpg


by violino45 | 2020-02-07 15:55 | 製作記 | Comments(2)