<   2019年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

58 & ホワイトヴァイオリンのご紹介

7月12日、今年も無事に誕生日を迎えることができました。
この一年も、お世話になった皆様に感謝しつつ、過ごしていこうと思っております。

d0047461_04532202.jpg

50代は、あっという間に過ぎていくような感覚もありましたが、最後の数年間は、数字の進みがゆっくりなような気もします。
それだけ、体力的にも、仕事の面でも、生きていくことの重みが増していることなのかもしれません。
でも、矛盾するようですが、一年が過ぎるのが年々早く感じられるのも事実です。
いずれにしても、大過なく過ごしていられるのは、やはりとても幸運なことだと思います。

さて、今回の写真は、ギターを持ってみました。
以前も何かの記事で書いたと思いますが、私自身の音楽との出会い、そして深くのめり込むきっかけになったのはギターでした。
5月の池袋の展示会の記事で、その出会いに導いていただいた小学校の先生をご紹介しましたが、その出会い以降、ある時期はストイックにテクニックを修得し、ある時期は仲間を集めてバンド活動に熱中したこともありました。

10代の中頃は、畏れ多くも、このままギタリストになるような人生を想像してしまうほど、時間を割いて練習していた時期もありました。
ただ、そのような大それた夢が実現するほど甘い世界ではなく、ある時期からは、仲間と時々セッションすることがなによりも楽しい、アマチュアギタリストの道を歩くことになりました。

10代から20代にかけては、やはりかなり練習しましたので、それなりに指も動き、難しい曲も弾けたのですが、放送局の仕事が忙しくなり、ギターを弾く時間がほとんどなくなってしまうと、あっという間に腕は衰えて、30代は、時々つま弾く程度になってしまいました。

その頃にヴァイオリン製作と出会い、イタリア留学を目指して、仕事をしながら独学で製作の勉強を始めたので、さらにギターを弾く時間は減りましたが、その頃に出会った製作家の大久保さんもギター奏者だったことから、ヴァイオリン談義とともにギター談義も楽しく、どちらかというと演奏するよりもギターの話で盛り上がり、その流れに触発されて、私が子供の頃から憧れていたギタリスト、ドック・ワトソン氏が使っていたギターを何本か購入することになりました。

d0047461_06170862.jpg


今回の写真のギターも、大久保さんと一緒に、大雪の降る中、宇都宮の楽器屋さんまで買いに行った楽器でした。(ギャラガー/ドック・ワトソンモデル)

40歳になり、ギタリストになることと同じくらい大それた決断をしてクレモナに渡ったのですが、ギターを手元に置いておかないと、一生ギターを弾かない人生になってしまう気がして、このギターだけをクレモナに持ってきたのでした。

とはいえ、クレモナでの修行時代、そしてプロになってからも、生活の全てを楽器製作に注ぎ込んでいるような状況が続いておりますので、ギターの腕は年々落ちていくばかりで、楽器がかわいそうだなと心底思う日々が続いています。

また、せっかく10代の頃に真剣に練習した痕跡が、まったく残っていない状況も残念ですので、実はこの数年、少し集中して練習して、記録に残すようなことを企んではいるのですが、少し弾けるようになった頃には帰国の時期が迫ってきて、ギターを弾くどころではなくなってしまう状況が続いていました。

でも、気がつけばあと2年で還暦ですし、ここで本気にならなければ、そういうチャンスは永遠に失われるのではないかという危惧を感じ始めたので、今年こそはと、少し練習を始めたところです。
と、説明がとても長くなってしまい恐縮でしたが、今回の写真がギターなのは、そういう理由です。

練習しても、記録に残せるほどの演奏にはならないかもしれませんが、でも、気が向いたら、こっそりアップするかもしれません。。


さて、長くなってしましましたが、先日、製作途中をご紹介していたヴァイオリンがホワイトで仕上がっておりますので、写真でご紹介いたします。

いつもどおり、ストラディバリ、1705年モデルです。


d0047461_04534561.jpg

今回は、2枚板の楽器です。
少し変化のあるトラ杢で、ニスを塗った時にどのような雰囲気になるのか、楽しみです。


d0047461_04535405.jpg

d0047461_04544907.jpg


d0047461_04543929.jpg


アマティ風のエフもいつもどおりですが、前回製作したクレモネーゼの影響が少しだけ出ているかもしれません。



d0047461_04562397.jpg


d0047461_04555353.jpg


d0047461_04554320.jpg


裏板のコーナー部分の造形です。

d0047461_04542921.jpg


d0047461_04541887.jpg

d0047461_04561216.jpg


ウズマキは、この2年間取り組んできた、黄金期のストラディバリのモデルですが、正直、どの程度、目標に近づいているのか、よく分からなくなってきました。
いずれにしても、毎回、最高のものを目指して集中して取り組むしかないのですが。

d0047461_04564492.jpg

d0047461_04563310.jpg

d0047461_04565466.jpg


後頭部も、毎回悩むところです。


d0047461_04560480.jpg

いろいろな角度から見ても、破綻のないような造形を目指していますが、それがなかなか難しいです。


d0047461_04545877.jpg


d0047461_04552145.jpg

長文御覧いただき、ありがとうございました。
また来年の7月を目指して、健康に気を付けながら精進していきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。


d0047461_04553214.jpg



by violino45 | 2019-07-12 06:18 | 製作記 | Comments(8)