<   2019年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ストラドモデル ホワイトで完成しました

前回、アーチ作業をご紹介してから、間が空いてしまいましたが、ホワイトで完成しました。

いつもの、A.Stradivari 1705年モデルで製作しました。

d0047461_15461420.jpg

d0047461_15462981.jpg

裏板は少し繊細なトラ杢ですが、動きのある模様の1枚板です。

d0047461_15464443.jpg

d0047461_15473712.jpg

コーナー部分の仕上げです。
切れ味があって、しかも柔らかい雰囲気の造形を目指しておりますが、、今回はどうでしょうか。

d0047461_15475828.jpg

d0047461_15481404.jpg

エフは、ストラドの力強さに、アマティ的な柔らかさが含まれた雰囲気を目指しています。

d0047461_15482969.jpg

d0047461_15490929.jpg

前回ご覧いただいたアーチ、完成形はこんな感じです。

d0047461_15492960.jpg

ウズマキは、このところの私の定番となりました、黄金期のストラディバリのモデルです。

d0047461_15443293.jpg

d0047461_15444890.jpg

クリスマスの時期に、静かに削っていたウズマキでした。

d0047461_15454339.jpg


d0047461_15460107.jpg

さて、ミケにゃんにお供えしていたヒヤシンスですが、、

少し咲いてきたと思ったら、

d0047461_16093453.jpg


どんどん勢いがついてきて、、

d0047461_16094774.jpg

あっというまに満開になりました。
花が重くて倒れてしまうので、、ゴムで支えています。。
d0047461_16100446.jpg

ヒヤシンスの花、ひとつひとつが繊細な花弁ですね。
そして、香りがすごいことにあらためて驚きました。
部屋中、ヒヤシンスの芳香に包まれております^^。

d0047461_16101447.jpg

by violino45 | 2019-01-28 16:01 | 製作記 | Comments(2)

ストラドモデルの製作 アーチ削り

1月も半ばとなりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

クレモナも寒い日が続いておりますが、なぜか今年は天気が良い日が多く、比較的過ごしやすい冬となっております。

さて、先日、横板までご紹介しておりましたストラドモデルのヴァイオリンですが、今回は裏板のアーチの整形についてです。

横板の形に沿って切り抜いた裏板を、丸ノミを使って荒削りしていきます。

ヴァイオリン製作の中でも、最も体力を使う作業かもしれません。
真冬でも、服を脱いで、半袖になってしまいます。

d0047461_07173999.jpg


体力を使うと言っても、筋肉だけではなく、頭脳も使わなくてはいけません^^。
荒削りは、余分な木材を取り除く作業ではありますが、この時点で、仕上がったアーチのイメージを明確に持つことが重要です。

パーフリングを入れた後で、もう一度、丸ノミで荒削りをしますが、すでにアーチとしてまとまった造形を整えていけるかどうかで、この後のミニカンナの作業の効率も違ってきますし、最終の仕上がりにも影響が出てくる、重要な作業です。

d0047461_07175814.jpg


ミニカンナの作業は、かなり最終仕上げラインに近いところまで削りますが、怖がって木材を残しすぎてしまうと、造形が平坦なアーチになってしまいがちです。
この時点で造形がイマイチなアーチを、次のスクレーパーで劇的に変化させるのは難しく、時間もかかるので、ミニカンナでどこまで攻めていけるかが、アーチ削りの山場となります。

d0047461_07181414.jpg


スクレーパー作業では、表面を全体に整えることも重要ですが、アーチの造形が不十分なのに全体を整えてしまうと、そこからさらに踏み込んでいくのは難しくなります。
かといって、表面を滑らかに整えると初めて見えてくる造形もあるので、その兼ね合いが難しいところです。
d0047461_07182886.jpg


これで一応の完成ですが、箱を閉じるとまたアーチの印象も変わってきますので、最終的な仕上げは、ホワイトヴァイオリンの形になってから微調整します。

アーチ削りは、見た目の美しさと、楽器の音に対して、共に重要な作業ですので、常に、その両方を考えながらの作業になりますが、状況によっては相反する部分も出てきて、二人の自分が戦う状況にもなります。

その点、この後の、厚み出しの作業は、音の事だけを考えれば良いのですが、でも、音を追求するとともに、楽器の強度を維持しなければならないので、結局の所、どこまで行っても、楽器の完成まで、二人の自分が戦うことになります。

d0047461_07185830.jpg

さて、ミケにゃんの霊前に供える花として買ってきた、ヒヤシンスの苗です。
最初は、ほとんど葉だけだったのですが、
d0047461_08092714.jpg


だいぶ、つぼみが伸びてきました。
花が咲くのが楽しみです。
d0047461_08100926.jpg

by violino45 | 2019-01-14 08:15 | 製作記 | Comments(2)

本年もよろしくお願いいたします。

皆様、健やかに新年をお迎えのことと思います。
旧年中は拙ブログにて大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

今回も、ウズマキでのご挨拶とさせていただきました。
早いもので、この形式での賀状も9年目となりました。
いつも、その年の最後に製作した楽器の写真を使っておりましたが、今年は、トリエンナーレのヴァイオリンの写真を使ってみました。

d0047461_02475142.jpg

年々、視力と体力の低下を感じておりまして、この先どのくらいの期間、クローズアップ写真に耐えられるウズマキを製作できるかどうか、自分との戦いになってきておりますが、それも人生の醍醐味と思い、ひたすら良い楽器を目指して歩んでいきたいと思っております。

今年も、拙ブログでは、製作記の他、日常の話題、そして、先日もお伝えしましたように、クレモナの風景などもご少しずつ紹介していければと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2019年も、展示会やイベントなどで、皆様にお目にかかれますことを心から楽しみにしております。

まだまだ春の到来には時間がかかりそうですね。
お風邪などにはお気をつけて、良い新年をお過ごしください。





by violino45 | 2019-01-01 03:01 | 日記 | Comments(2)