<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ストラディバリモデル 製作進行中。

残暑お見舞い申し上げます。
日本はまだまだ暑い日が続いていると伺っております。
引き続き、ご自愛くださいませ。
クレモナも、一時の暑さは去りましたが、夏らしい日が続いております。

先日、ホワイトヴァイオリンをご紹介しましたが、現在ニス塗り中となっております。
今日は、別のストラディバリモデルのヴァイオリンをご紹介いたします。

今回は、トラ杢が少し細身で繊細な感じの2枚板を使用しております。
第一段階の荒削りで、いかにバランス良く、無駄な部分を取り除くことができるかで、後の作業の効率も変わってきますし、最終的なアーチの仕上がりにも影響が出てくるので、慎重かつ大胆に削っていきます。
d0047461_05260655.jpg


ミニカンナの作業では、木材の性質を見極めながら、もっとも音響的に優れていて、さらに見た目も美しいアーチにできるように、少しずつ仕上げていきます。
ミニカンナの刃が当たる音も、木材の性質を知るヒントになります。
d0047461_05262310.jpg


そして、スクレーパーでの作業では、さらに全体のバランスを整えながら、細部の微妙なカーブを調整していきます。
電灯の光でできる影と、手触りに神経を集中させて、ヴァイオリンのアーチを仕上げていきます。
d0047461_05265468.jpg


表板も、同じ段取りで仕上げていきますが、途中でエフをデザインして、エフ込みでのアーチのバランスを見ながらの作業となります。
このあたりまでくると、仕上がりのヴァイオリンの姿が想像できてくるので、作業の楽しさも増してくる感じです。
d0047461_05263983.jpg


ミケにゃんも夏バテ気味ですが、元気に過ごしております。
少しの段差を利用して、自分の腕を枕にすることが多いです。
首が疲れなくて良いのでしょうね。。
d0047461_05430310.jpg

by violino45 | 2018-08-21 05:48 | 製作記 | Comments(2)

ストラディバリモデル、ホワイトで完成。

日本はまだまだ猛暑が続いているようですね、暑中お見舞い申し上げます。
熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ。

実は、クレモナも先週から35度越えの日が続いておりまして、厳しい暑さで集中力の維持が難しいですが、地道に仕事をしております。

6月から製作記でご紹介しておりました、ストラディバリモデルのヴァイオリンがホワイトで仕上がりましたので、いつもどおり写真にてご紹介させていただきます。

A・ストラディバリ、1705年のモデルです。
d0047461_06202578.jpg


裏板は、私の好みの、少し変化のあるトラ杢の1枚板を使用しております。
d0047461_06204134.jpg

d0047461_06210288.jpg

d0047461_06212248.jpg


コーナー部分の仕上げです。
d0047461_06213921.jpg

d0047461_06215894.jpg


エフもいつもどおり、アマティ的な丸みのある造形を目指しております。
d0047461_06221233.jpg

d0047461_06242947.jpg


ウズマキはこの1年間使用している、ストラドの黄金期のモデルです。
d0047461_06225544.jpg

d0047461_06231429.jpg


この後頭部の造形も、美的感覚を問われる部分で、なかなか難しいです。。
d0047461_06232882.jpg

巻き貝のように、このままの形で生まれて成長したような、自然な造形を目指していますが、理想のウズマキの完成は、まだまだ難しい道のりだと感じています。
d0047461_06240929.jpg


たまにはウクレレでも練習しようと準備して、少しよそ見をしていたら、楽譜の上に居座ってしまいました。
d0047461_06245666.jpg

by violino45 | 2018-08-02 06:51 | 製作記 | Comments(4)