<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

池袋の展示会のご報告です。

5月19日~20日に開催されました、日本バイオリン製作研究会の展示会が終了いたしましたので、写真にてご報告させていただきます。

会場は、池袋にある自由学園明日館講堂、世界三大建築家の一人とされるアメリカのフランク・ロイド・ライトの設計による建物で、国の重要文化財です。
d0047461_16563457.jpg

耐震補強のための工事で閉鎖されていたため、この会場での展示会は3年ぶりとなります。
私自身、製作者としての初めての展示会はこの明日館講堂がスタートでしたので、とても思い出深い場所です。
再び参加することができて、とても嬉しい二日間となりました。
d0047461_16565024.jpg

d0047461_16562612.jpg

今回、4台の楽器を展示いたしました。
ヴァイオリン3台と、ビオラ1台です。
d0047461_16573727.jpg

左端は、2017年の5月に製作して、昨年の展示会でも展示したバイオリンですが、一年ぶりにお客様からお借りして、展示させていただきました。
d0047461_16574677.jpg

2台目は、現在、宮地楽器さんにて展示見本として常設されております、2011年のヴァイオリンです。
この数年、弦楽器フェアなどで展示させていただいております、おなじみの楽器です。
d0047461_16575124.jpg

3台目は、さらに遡って、2005年のヴァイオリンです。
2006年から10年間ほど、宮地楽器さんの展示見本楽器でしたので、このヴァイオリンも、展示会などで御試奏いただいた方も多い、おなじみの楽器となっております。
d0047461_16575758.jpg

最後は、2006年のビオラです。
こちらも、弦楽器フェアでは毎年展示させていただいております、41センチのビオラです。
宮地楽器の山本さんの愛器をお借りしました。
d0047461_16580264.jpg

今回も、展示楽器を使用した試奏コンサートが行われました。
ヴァイオリニストは三澤裕美子さん、ピアノ伴奏は大背戸亜紀子さん、無料で聴けるのが信じられないほどの、素晴らしいリサイタルでした。
d0047461_16572402.jpg

初日は2017年のヴァイオリン、二日目は2011年のヴァイオリンを試奏いただきました。
楽器の特色を十分に引き出していただきながらの、素晴らしい演奏をありがとうございました。
d0047461_16581357.jpg

2017年のヴァイオリンは、完成した時から元気に鳴る楽器ではありましたが、1年間、お客様に弾いていただけたことで、さらに軽やかに、伸びのある音色に成長しているように感じ、嬉しかったです。

一方、2011年のヴァイオリンは、製作意図として、骨太な楽器を目指したこともあり、当時は少し鳴りが渋かったのですが、7年を経過して、骨太で落ち着いた音色に加え、華やかさも加わってきたように思えました。

ですが、このあたりの印象は、演奏される方によって大きく違う部分と思いますし、事実、お客様にいただいたご感想は様々で、中には正反対のご意見をいただくこともありました。

こうして、製作者としての判断と、演奏者さんの印象を照らし合わせながら、優れた楽器とはどういうものか、あらためて検証するヒントをいただけることが、展示会に参加する大きな意義と考えています。

雰囲気のある建物で、製作した楽器を演奏していただける、至福の時間となりました。
d0047461_16583093.jpg

展示会は、馴染の友人と再会できる貴重な機会でもあります。
大久保さん(中央)と出会ってから、20年以上の時間が過ぎているのが信じられませんが、お互いに、製作家として生きていられるのは幸せなことだと思います。
左は、大久保さんの製作教室で楽器製作を学ばれた寺島さんで、この展示会にも毎回参加されています。
楽器製作を通じて、人のつながりが広がっていくのも、人生の醍醐味であります。
d0047461_16570653.jpg
私の恩人の一人、松原幸広さんにも楽器を御試奏いただきました。
第1号のヴァイオリンから試奏していただいておりますし、初めてお店で楽器を販売いただいたのも松原さんですので、新作を御試奏いただくのは毎回すごく緊張します。
松原さんのプロフィールはこちらでご覧いただけます。http://beginnings-music.com/profiel/
作曲、アレンジなど、すごいキャリアなのですが、、私の中では、「埠頭を渡る風」の伴奏でヴァイオリンを弾いている方というだけで、恐れ多いです。。
一風堂の「すみれ September Love」の間奏のヴァイオリンも松原さんです^^。
d0047461_16583859.jpg
高校時代の同級生も遊びにきてくれました。
10代の時に一緒だった友人と会うと、気持ちは10代の時に戻るというか、あのころから変わっていないなと思う、不思議な感覚になりました。
二人とも、日本を代表する企業のエンジニアなので、ヴァイオリンを初めて触ったのに、その構造や発音原理について理解して、鋭い質問が飛び出したのはさすがと思いました。
若い時代の自分を知っている友人の存在は貴重ですね。
d0047461_16584692.jpg
そして、今年も、宮地楽器さんから平山彩子さんが応援に来てくれました。
この展示会でお世話になるのも3回目となりました。
いつもながら、すばらしい演奏技術と、穏やかな人柄で、会場の人気者になってました^^。
ありがとうございました。
d0047461_16561562.jpg
最後に、共にクレモナから参加した根本君とともに記念撮影です。
ご来場いただきました皆様に、厚く御礼申し上げます
またの機会にお目にかかれますことを楽しみにしております。
d0047461_16591348.jpg


by violino45 | 2018-05-22 23:39 | 日記 | Comments(2)

5/19~20、池袋の展示会でお待ちしております!

今年も、日本ヴァイオリン製作研究会の展示会に参加いたします。
会場にて、皆さまにお会いできますのを楽しみにしております。

☆今年は、昨年までの会場とは違いまして、以前の、「自由学園明日館講堂」に戻っての開催となりますので、ご注意くださいませ。

日本バイオリン製作研究会  第16回作品展示会 2018
 会期: 5月19日(土)、20日(日) 両日共10:00~16:30 入場無料
 会場: 重要文化財 自由学園明日館 講堂 http://www.jiyu.jp/
 住所: 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2丁目31-3
TEL: 03(3971)7535

私は、2005年、2011年、2017年のヴァイオリン、そして2006年のビオラを展示いたします。

今回も、プロ奏者による試奏コンサートが開催されます。
5月19日 
 11:30~ チェロとビオラ
 14:00~ ヴァイオリン
5月20日
 11:00~ ヴァイオリン
 13:00~ ヴァイオリン

私のヴァイオリンは、19日の14:00~(2017年製作)、そして20日の11:00~(楽器は未定)の、二回演奏される予定です。

以下、5年前の2013年に参加させていただいた時の写真です。
フランク・ロイド・ライト設計の重要文化財、とても雰囲気のある会場です。
d0047461_19584849.jpg
 
私自身、何度も参加させていただいております場所での開催、再び参加できますのはとても嬉しいです。
d0047461_19590813.jpg

d0047461_19582478.jpg

5年前の私です。
今思うと、若かったですね~^^。
でも、今回も元気に参加いたしますので、ぜひご来場いただければ嬉しいです。
d0047461_19592937.jpg


by violino45 | 2018-05-09 20:29 | お知らせ | Comments(2)

ガルネリモデル 動画と写真でご紹介します。

先日、ストラディバリモデルを動画でご紹介しましたが、ガルネリモデルのヴァイオリンも先日完成しまして、輪野さんに試奏していただきましたので、ご紹介いたします。

曲目は、前回と同じく、パラディスのシチリアーノ、そしてバッハのソナタ1番の冒頭部分の、続けて2曲です
今回も、弦を張って2日目くらいの状態での録音となりました。
生まれたての楽器の声をぜひお聴きください。



お聴きいただきありがとうございました。
今回も、輪野さんには楽器の持つ音色をそのまま引き出していただけたと思います。
普段のストラディバリモデルに比べると、幅が1センチ近く細いヴァイオリンなのですが、低音のふくよかさもある楽器になったのではないかと思っております。


では、完成した楽器を写真にてご紹介させていただきます。

ガルネリ・デル・ジェズ 1731年 ex Huberman モデルです。
オリジナルの楽器の完全コピーではありませんが、サイズ他、楽器の基幹となる部分はできるだけ再現しております。

d0047461_08430479.jpg

裏板は、前回のストラドモデルと同様の、少し変化のあるトラ杢の1枚板を使いました。
名器をモデルとしての製作ではありますが、現代のクレモナで学んだスタイルと、私自身の個性が融合したヴァイオリンに仕上がっていると思います。

d0047461_08422319.jpg
このモデルの特徴が出ているのが、エフの造形です。
ストラディバリほど整っているわけではなく、かといって、後期ガルネリのような大胆さでもない、内なる暴れん坊?のようなエフの雰囲気を、できるだけ再現したいと思って製作しましたが、なかなか難しい経験となりました。。

d0047461_08373976.jpg

こちらが、オリジナルの楽器のエフとなります。

d0047461_08444873.jpg

右側のエフは、こんな感じです。
オリジナルのエフは、少し削れてしまっていて、それも含めて迫力があるのですが、私の美意識の中で、その雰囲気を再現しようとした結果、このような感じとなりました。
d0047461_08403224.jpg

こちらは、裏板のコーナー部分です。
オリジナルの楽器は、長い年月の間に欠けてしまったりして、ガルネリさんがどのような造形を目指していたのか、正確には読み取れないのですが、全体のフォルムとのバランス、トータルでのイメージを考えつつ仕上げました。
d0047461_08364749.jpg

ウズマキも、同じガルネリでもカノン砲のような大胆な造形ですと、特徴が掴みやすいのですが、この時代のガルネリさんのウズマキは、なかなか均整が取れていて、オリジナルの少し荒々しい雰囲気を出すのは難しいところです。

d0047461_08350048.jpg

オリジナルは、こんな感じです。
d0047461_08465653.jpg

反対側は、こんな感じになりました。
d0047461_08352974.jpg

正面は、ストラディバリの流麗なラインとは違って、無骨なウズマキの造形ですが、なかなか味わい深いシルエットです。
d0047461_08361249.jpg

オリジナルは、こちらです。
d0047461_08462780.jpg

斜めから見ると、こんな雰囲気です。
d0047461_08342783.jpg

この数ヶ月、毎日このガルネリモデルを見続けてきたのですが、最終的には、その魅力的な造形に惹き付けられた感じです。
もちろん、今後もストラディバリモデルを中心に製作していくことには変わりはないのですが、機会があれば、ぜひまたガルネリモデルに挑戦してみたいと思っております。
d0047461_08410517.jpg


d0047461_08414056.jpg

この季節、ミケにゃんは少しずつ夏毛に変わっていき、表情も精悍な感じ?になってきます。
足の位置が、少し変な写真ですね。。
d0047461_09084853.jpg


by violino45 | 2018-05-01 06:51 | 製作記 | Comments(8)