<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ガルネリモデルの製作

1月も終わりに近づいていますね。
いつもながら、時間の流れに乗れていない感じで、少し焦りますが、その分、春が早く近づいて来る気もします。

2018年に製作を開始する最初の楽器は、ガルネリモデルのヴァイオリンとなりました。
お客様からご要望をいただき、初めて製作するモデルとなります。
長い名前ですが、、「Bartolomeo Giuseppe Guarneri "del Gesu'" , 1731 ex Huberman」 です。

ガルネリ一族には優秀な製作家が多いですが、中でも、この Bartolomeo Giuseppe Guarneri は、ストラディヴァリと肩を並べる名人として有名です。
パガニーニが生涯愛用して、没後はジェノバの市役所に寄贈された1742年「カノン砲」はあまりにも有名ですが、その他にも、多くの名器が存在します。

楽器のラベルに、イエス・キリストを表すIHSのシンボルを描いていたため、「イエスのガルネリ」という意味のイタリア語で、「Guarneri del Gesu'」(ガルネリ デル ジェズ」と呼ばれることでも有名ですね。

今回製作する、1731 ex Huberman は、その名のとおり、名ヴァイオリニスト「ブロニスラフ・フーベルマン」が使用したことでその名が付いています。
私自身、今まで、ガルネリモデルのヴァイオリンは、先述の1742年「カノン砲」を2台製作したほか、1741年「イザイ」、そして1740年「ハイフェッツ」を製作した経験がありますので、今回は4つ目のモデルとなります。

さて、製作のご依頼をいただいて、楽器の形をコピーできる写真を探したのですが、原寸大のポスターは発売されておらず、またネット上でも鮮明な写真を手に入れることができず、困ってしまったのですが、同僚の高橋明さんに相談したところ、以前所有していた楽器カレンダーをスキャンしたデータに、この楽器のページがあって、モデルに使用できるくらいに鮮明な写真ということで、データを譲っていただけることになりました。
高橋さん、ありがとうございました。

こちらが、そのカレンダーです。(2006年の3月ですね)
d0047461_06272370.jpg


データ保護のため、拡大した写真を載せることはできませんが、楽器の雰囲気は感じていただけると思います。
後期となる1742年「カノン砲」の時代のようなワイルドな感じとは違って、少し細身で、繊細な雰囲気の楽器です。
例によって、ガルネリ独特の非対称性もあって、新作楽器としてコピーするのはなかなか難しそうですが、私の製作スタイルを維持しながら、できるだけオリジナル楽器のイメージを取り入れながら製作していきたいと思っております。

まずは、写真のアウトラインを薄板にコピーして、切り取り、楽器の半身のモデルを作ります。
アルミ板で作る人が多いですが、私はアルミ板のヒンヤリした感触が苦手なので、家具に使う樹脂板(フォーマイカ板)を使います。
d0047461_05541275.jpg


次に、内型用のベニヤ板(15ミリ厚)に、半身モデルを左右対称にデザインします。
d0047461_05544636.jpg


モデルのデザイン線から、横板の厚み(1.2mm)と、表板&裏板がはみ出す分(約2.5mm)を足して内側にラインを引き、ブロックを貼り付ける部分もデザインして、切り抜くと、内型ができあがります。(実際には、精密に直角を出す必要がありますので、ここまで簡単ではありませんが、、)
d0047461_05551138.jpg


内型に、ブロック材を貼り付けて、コーナー部分を整形して、横板を曲げて貼り付けます。
d0047461_05563268.jpg


横板は、トラ杢が深いほど曲げづらいものですが、今回は、なかなか大変な横板でした。
慎重に作業していたのですが、少し急いで曲げようとしたら、ピシッという破滅の音がして、、
このようなことになってしまいました。
この数年間、ここまで分かりやすく割ってしまったことがなかったので、しばらく凹みました^^。
d0047461_05565877.jpg


気を取り直して、予備の横板を曲げて、無事に作業が終わりました。
d0047461_05572096.jpg


これで、ヴァイオリンの形のベースが完成しましたので、表板と裏板にアウトラインを写し取って切り取り、整形していきます。
また後日、ご紹介できればと思っております。

今日のミケにゃんは、少し精悍な顔つきです。
d0047461_06162841.jpg

と思ったら、いつもどおり、丸くなって寝てしまいました。
久しぶりに、見事な丸です。
d0047461_06170675.jpg






by violino45 | 2018-01-27 06:31 | 製作記 | Comments(2)

今年最初のホワイトヴァイオリンと、3年目のシクラメン

早いもので1月も後半となってしまいましたが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか^^?

さて、年末の仕事納めでボディを閉じておりました楽器が、ホワイトヴァイオリンで仕上がりましたので、ご紹介させていただきます。
いつもの、ストラディヴァリ、1705年モデルです。
d0047461_08132519.jpg

d0047461_08130422.jpg

繊細な感じのトラ杢の1枚板ですが、少し変化もある木材です。
d0047461_08150478.jpg

d0047461_08152334.jpg

エフは、いつもどおり、少しアマティ的な雰囲気の、柔らかい印象を目指しております。
d0047461_08155691.jpg

d0047461_08163573.jpg

コーナー部分の仕上げです。
丁寧な仕上げを求められる部分ですが、大人しすぎても面白くなくなるので、難しいところです。
d0047461_08154130.jpg

d0047461_08180748.jpg
ウズマキも、今年最初の仕上げとなりましたが、昨年同様、黄金期のストラドのイメージを追求しての製作となりました。
d0047461_08165733.jpg
d0047461_08171816.jpg
後頭部はデリケートな部分ですが、力強さも必要で、バランス感覚を問われる仕事です。
d0047461_08173277.jpg
ニス塗りを開始して、音を出せるのは、一ヶ月以上後になります。
完成しましたら、またご紹介させていただきます。
d0047461_08175213.jpg
さて、タイトルに書きましたシクラメンですが、、
3年前にミラノの友人からいただいたのですが、昨年の冬に花をつけてから元気が無くなり、夏頃にはほとんど葉も落ちて、枯れてしまうかと思ったのですが、あきらめずに水をあげていたら、秋ぐらいから元気になって、新年を迎えた頃に花が咲きました。
最初に一つ花が咲いた時は嬉しかったです。
d0047461_08184044.jpg
花が咲き始めたら一気にいっぱいになりました。
つぼみを数えたら、100個くらいありました。
d0047461_08200544.jpg
実は、この花をくれた友人アンナパオラさんは昨年、病気で亡くなってしまったのですが、思い出の花が今年も咲いて、彼女も天国で喜んでくれていると思います。
ミケにゃんも、お気に入りです。
d0047461_08191325.jpg

by violino45 | 2018-01-19 08:44 | 製作記 | Comments(2)