<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本年もよろしくお願いいたします。 & 仕事納め2017

旧年中は、拙ブログに御来場いただき、まことにありがとうございました。
おかげさまで、一年間、無事に過ごすことができました。
2018 年も、よろしくお願いいたします。

d0047461_22550585.jpg


早いもので、前年の最後に製作したウズマキでの年賀も8年目となりました。
年々、視力も落ちてきていて、拡大写真はハードルが高くなっていくのを感じますが^^、、、
でも、気持ちは、まだまだ現状維持ではなく、より美しい楽器を目指して、さらにチャレンジしていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、大晦日も、通常通り仕事をしておりまして、文字どおりの仕事納めとなりました。
ちょうど区切りよく、ボディを閉じる作業となりました。
d0047461_22522023.jpg

貼り付けたラベルの年表示を、2018と書いたところで、年が変わることを実感しました。
製作台数の表示は、106となりました、、200まではまだまだ遠いです。。。
d0047461_22524333.jpg
慎重に最終確認をして、ボディを閉じる作業です。
毎回、なにかやり残したことが無いか、気になる瞬間です。
d0047461_22531127.jpg

ボディが仕上がりました、まだまだ楽器の誕生までは先が長いですが、生まれ出るその日まで、静かに呼吸しているようにも感じます。
d0047461_22540233.jpg

d0047461_22542531.jpg


今年も、鏡餅的なミケにゃんでご挨拶させていただきます。
ミケにゃんともども、本年もよろしくお願いいたします。
(鏡餅的というよりも、雪だるま的、かもですね~)
d0047461_22561688.jpg



by violino45 | 2017-12-31 23:24 | 製作記 | Comments(2)

良い年末をお過ごしください。

気がつくと、今年もあと一週間となりました。
クリスマスな日々ではありますが、いつもと変わらず、楽器製作をご紹介させていただきます。

前回、ミニカンナまでご紹介しましたストラドモデルですが、スクレーパーでの仕上げをしております。
d0047461_01404360.jpg

この作業、基本的には、出っ張っている部分を削っていけば、希望のアーチに仕上がるはずなのですが、ある部分を削ると、他の部分がふくらんで見えてきたり、少し照明の位置を変えると、さっきまでとはまったく違うアーチに見えたりと、なかなか到着地点が見えない、ここで終わりと決められない、悩ましい作業です。

でも、ふと、ある部分を削ってみたら、いままでの悩みが嘘みたいに全体のバランスが取れてきたりすることもあって、面白い作業でもあります。
以前撮影した動画がありますので、よろしければご覧くださいませ。





さて、せっかくのクリスマスの投稿ですので、少しだけ、雰囲気を出して写真を撮影してみました。
いただきもののミニツリーですが、毎年、菊田家のクリスマスを彩っております。
d0047461_01410788.jpg

今年も、展示会やイベントなど、いろいろな出来事がありましたが、皆様には大変お世話になり、あらためて感謝申し上げます。

良いクリスマスの一日、そして、年末をお過ごしくださいませ。

最後に、クリスマスイブのミケにゃんです。
d0047461_01414621.jpg

by violino45 | 2017-12-25 02:12 | 製作記 | Comments(2)

ストラドモデル開始 と クックロビン

クレモナに戻って二週間ほど経ちますが、未だに時差ボケが抜けきらない感じです。
ブログを開始した2005年の頃は、一週間もかからずに普段の生活に戻れていたような気がするのですが、、、
とりあえず、気のせいと思うことにして、ブログを再開いたします。

クレモナに戻って早々、次のヴァイオリンの製作を開始しております。
今回も、ストラディバリ、1705年モデルです。

横板の、Cの部分を貼り付けて、カンナで高さを揃えているところです。
d0047461_05252163.jpg

ヴァイオリン製作の中では、比較的地味な作業となりますが、、
曲がっているものにカンナをかけるのは意外と大変で、気を付けないと、削り過ぎてやり直しという事態にもなるので、慎重に作業します。
d0047461_05250234.jpg

ちょっとスキップしてしまいますが、裏板の荒削りです。
体力を使う仕事なので、時差ボケの身には堪えますが、寒い時期には、体が温まっていい感じです。
d0047461_05244900.jpg

そして、ミニカンナでのアーチの削りです。
低い照明での影を見ながら、バランスの取れたアーチを作り出していきます。
見た目の美しさに気を取られますが、カーブによって、音の出方が変わってきますので、木材の性質を見極めながらの作業になります。
d0047461_05243581.jpg


さて、最近、真冬にもかかわらず、ベランダに野鳥が飛んできまして、どうやら、餌を探しているように見えたので、植木鉢の皿に鳥の餌を入れておいたら、毎日、ご飯を食べにくるようになりました。
でも、すごく用心深くて、写真を撮ろうとすると逃げてしまうので、無人カメラを設置して、動画を撮影してみました。
後で確認したら、見事に写っていましたので、ご覧下さいませ。


野鳥にはまったく詳しくない菊田家ですが、胸が綺麗なオレンジ色という特徴を頼りに、ネットで調べたら、どうやら、「ヨーロッパ・コマドリ」という種類らしいことが分かりました。
英語では、「ロビン」というそうで、もっと調べたら、マザーグースの歌で有名な「誰がクックロビンを殺したか?」の「ロビン」のようです。
たまたまベランダにご飯を食べに来てくれた野鳥が、そんな由緒正しい有名人(鳥)だったということで、ビックリでしたが、その後もロビン様は毎日食事に来ております。

ミケにゃんは、野鳥が来ても、まったく関心が無いようで、熟睡しております。
d0047461_05255517.jpg
大久保さんにいただいたクッションがお気に入りです。
d0047461_05262023.jpg

by violino45 | 2017-12-19 06:45 | 製作記 | Comments(4)