<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

松山での音楽イベントに参加しました。

毎年、11月の後半には松山市にお邪魔して、音楽イベントに参加させていただいておりますが、今年はレクチャー形式の演奏会、大人のための音楽教室【モーツァルトはなぜ良いのか?、なんて良いのか!】と題されたイベントに参加いたしました。

場所は、松山市の中心街にあります、マツヤマ楽器さんの2Fホールです。

d0047461_17574174.jpg

最初は、松山市を中心に活躍されているピアニスト、池田慈さんによる、モーツァルトのピアノ曲の解説、そして演奏も聴かせていただきました。

d0047461_18210599.jpg

池田さんとは、実は、10年前からの御縁です。
2007年に、チャイコフスキー・コンクールのヴァイオリン製作部門で一位を獲得した時に、諸事情で表彰式と展示会には行けなかったのですが、その時に、モスクワに住む知人に紹介していただいたのがロシア留学中だった池田さんで、池田さんの友人が写真に詳しいとのことで、展示会の様子を撮影していただいたのですが、その時にはまだ面識もありませんでした。

その後、諸事情で楽器がクレモナに戻ってきてしまい、2009年に、ようやくコンクール事務局に楽器を返還することになり、高橋明さんとモスクワに渡ったのですが、楽器が無事返還できて、ホッとして、モスクワ市内の「うどん屋」に入った時に、偶然、その場にいらっしゃったのが池田さんだったのです。

それがご縁で、翌年にはクレモナに来訪されたりして、親交が続いていたのですが、ロシア留学が終わって松山を中心に活動を開始されていたのは存じていましたが、池田さんが、この会の主催をされている西村真也さんと出会われて、このようなイベントでご一緒することになったのはまったく偶然の流れでしたので、御縁の不思議さを感じております。

ですが、御縁があったのにもかかわらず、今まで、ピアノの生演奏を聴かせていただいたことがなかったので、今回、初めて間近で聴くことができて、嬉しかったです。
モーツァルトのピアノソナタ、素晴らしい演奏でした。
d0047461_18211060.jpg

続いて、松山で英語教師をされている長岡アーティさんによる講演でした。
非常に幅広く深い知識をお持ちの長岡さんが、モーツァルトの魅力を、CDによる音楽再生を交えながらじっくりと説明されて、私自身もとても勉強になる時間でした。

腕に抱えておられるのは本物の猫ちゃんではなく、今は他界された愛猫ピクシーを模したぬいぐるみなのですが、長岡さんによると、ピクシーはとても頭の良い猫だったため、教授となって蘇ったとのことです。
今回の講演は、ピクシー教授と長岡さんの掛け合いで、楽しく進行されました。

d0047461_17584226.jpg

d0047461_18440658.jpg

最後は、主催者であり、松山モーツァルト会会長である西村真也さんと、御子息の壮さんによるヴァイオリン・ソナタ演奏、そして、モーツァルトの音楽の魅力を解説いただきました。
表題の、【モーツァルトはなぜ良いのか?、なんて良いのか!】というテーマに向けて、実演を挟みながらの解説は、とても興味深い内容でした。

演奏していただいたのは、2009年に私が製作したヴァイオリンです。
今回、ガット弦(オリーブ)が張られていましたが、メリハリがあって深みのある音色で、モーツァルトの演奏に合っていると感じました。
d0047461_17584913.jpg

今回、私もイベントに参加させていただきましたが、モーツァルトについて語れる知識も話術もありませんので、モーツァルトの時代にどのような楽器が使われていたのかを、バロック時代のヴァイオリンを使って実演できないかと思い、宮地楽器の山本さんに相談したところ、バロック・バイオリンの新作を貸していただけることになりました。

d0047461_17575913.jpg

私の拙い説明では、バロックバイオリンを上手くご紹介できたかどうか怪しいところですが、実物をご覧いただけたことで、また、壮さんに少し弾いていただけて、当時の音色をお客様にも感じていただけたのではないかと思います。
山本さん、ご協力いただき、ありがとうございました。
d0047461_17573194.jpg

d0047461_17572550.jpg

ちなみに、このバロックバイオリンを製作したのは、クレモナ在住の金子祐丈さんなのですが、なんと、出身は松山市とのことです。
今回のイベントは、いろいろな御縁を感じる場となりました。
あらためて、お世話になりました皆様に御礼申し上げます。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
d0047461_17582862.jpg


by violino45 | 2017-11-19 19:15 | 日記 | Comments(4)

弦楽器フェアのご報告

弦楽器フェアには大勢のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

大変遅くなりましたが、写真にてご報告させていただきます。
3日間、宮地楽器のブースにはたくさんのお客様にご来場いただきました。
d0047461_20591928.jpg

お客様と、楽しく歓談させていただいたり、、、
d0047461_21034799.jpg

貴重なご意見もたくさんいただきました。

d0047461_21012125.jpg
d0047461_21035792.jpg

ヴァイオリンの音を聴いていただく時は、とても緊張しますが、貴重な勉強の時間です。
d0047461_21020995.jpg

今回も、試奏担当として、宮地楽器の講師先生にご参加いただきました。
佐々木梨花先生には、何年もお世話になっております。
d0047461_20585747.jpg

長直子先生は、今年初めてご参加いただきました。

d0047461_21010594.jpg

弦楽器フェアでの、大久保さんとの記念撮影、大切な恒例行事となっております。
知り合ってから、もう20年となりました。お互い、まだまだ元気で頑張っていきたいものです。
d0047461_20591033.jpg

そして、ラザーリ師匠との記念撮影です。
15年前に師事して以来、ずっと大きな目標であり、大切な同い年の友人でもあります。

d0047461_22300437.jpg

さて、今年の弦楽器フェアは、60周年ということで、「日本のヴァイオリン製作の歴史」が紹介されていました。

d0047461_21004212.jpg

やはり、代表的な製作家としては、鈴木バイオリンの創設者、鈴木政吉さんが筆頭となりますね。
90年前の作品、風格と凄みを感じさせる楽器でした。
d0047461_21001993.jpg

そして、個人製作家としては、やはり宮本金八さんが有名です。
今回は、氏のカルテットが展示されていました。

d0047461_21003553.jpg

さすがの、安定した技術を感じさせる、すばらしい作品でした。
d0047461_21002510.jpg

恥ずかしながら、私の勉強不足で、存じ上げない製作家の作品もありましたが、雰囲気のある、力強い作風に惹きつけられました。

d0047461_20594746.jpg


大先輩方の作品を拝見していて、どのようなお気持ちで製作をされていたのか、想像しました。
今よりも情報が少ない時代、きっと、無我夢中で、熱い思いで挑戦されていたのではないかと思います。
私たち後世の製作家は、先輩たちが築いてこられた歴史を汚すことの無いように、真摯に取り組んでいかなければならないと思いました。
d0047461_22292745.jpg

今回来日されていたジェノバのマエストロ、ジョルダーノ氏に楽器を見てもらっている高橋明さん。
さすがに、緊張してますね。

d0047461_21031416.jpg

クレモナの製作家仲間、そしてライバルでもある、メンタさんとダニーロさんに私の楽器を見ていただきました。
良い評価だったので、嬉しかったです。。

d0047461_21030494.jpg

小さいお子さんにはフルサイズのバイオリンは大き過ぎですが、、でも、手作りの楽器の雰囲気を感じて、良い経験になっていただければ、弦楽器フェアの意義は大きいのではないかと思います。
d0047461_21025092.jpg

天野さん、講師の長先生に試奏していただいて、真剣に音のチェック中です。
d0047461_21023554.jpg

フェア最終日、皆、壊れてきました。
突然、チェロを弾き始める高橋明さん。

d0047461_20593988.jpg

私と山本さん、足をストレッチして気合を入れ直します。
d0047461_21033898.jpg

無事にフェアも終わり、記念写真です。
お客様との触れ合いがとても楽しい3日間でしたし、今後の製作活動に向けて、とても勉強になる時間となりました。
あらためて、感謝申し上げます。
来年も、この場所で皆さまとお目にかかれます日を楽しみにしております。
d0047461_21040771.jpg


打ち上げは、イタリアの仲間との、居酒屋での宴会でした。
イタリア人、特にメンタさんが居酒屋での作法(取り分け等)を完璧に心得ていてビックリでした^^。。
d0047461_20584455.jpg

by violino45 | 2017-11-10 22:30 | 日記 | Comments(2)

弦楽器フェアでお待ちしています。

今週末、弦楽器フェアが開催されます。
会場にて、ご来場をお待ちしております。

日時:11月3日(金・祝)~11月5日(日)   各日 10:00~18:00
開催場所:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

フェア前日、会場の設営を行いました。
宮地楽器のスタッフさん、そして製作者5人が揃って、手作りでブースの設営です。

d0047461_23083597.jpg

製作者のプロフィールパネルの配置を検討中の後姿。
総監督は高橋明さんです。
d0047461_23084279.jpg

製作者自ら、パネルを設置します。
均等に、傾かないように配置するのが、百瀬さん、西村さんの腕の見せ所です。
d0047461_23084923.jpg

こちらは、ガラスのショーケースにヴァイオリンを吊り下げる準備作業です。
綺麗に吊り下げるためには、繊細な作業が必要です。
天野さんが職人技を発揮する場面です。
d0047461_23090188.jpg

半日かけて、ブースが完成しました。
d0047461_23095199.jpg

楽器もきれいに並びました。
d0047461_23093818.jpg

西村翔太朗さんの最新作チェロも展示されます。
d0047461_23093298.jpg

ガラスケース内に、無事にヴァイオリンがぶら下がりました。
d0047461_23092546.jpg

今年、新しい試みとして、プロジェクターを使って動画を再生いたします。
主に、クレモナの風景、私たちの作業風景のイメージなどをご覧いただけます。
d0047461_23091856.jpg

皆様のご来場を、会場にてお待ちしております。
d0047461_23094509.jpg

by violino45 | 2017-11-02 23:17 | お知らせ | Comments(2)