<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

弦楽器フェア出品ヴァイオリン、動画と写真でご紹介

弦楽器フェア、いよいよ今週末の開催となりました。
会場にてお目にかかれますのを楽しみにしております。

先日、新作ヴァイオリンをご紹介しましたが、もう1台、展示させていただくヴァイオリンが完成しております。
いつものように、輪野光星さんに試奏いただきましたので、動画にてご覧下さいませ。

今回、録音の方式を変更しました。
記事の最後に説明しておりますので、マニアックな内容ではありますが、ご興味がございましたら、ご覧くださいませ。

輪野さんの試奏動画はこちらです。
バッハの、無伴奏パルティータ2番から、冒頭部分です。



今回も、完成して弦を張ってすぐの状態の楽器での録音となりました。
楽器本来の実力を発揮できているかどうか分からないのですが、生まれたての音色は、その時にしか聴くことができませんので、ホワイトヴァイオリンの写真と同様、記録に残しておくことで、将来的に意義があるのではと思っております。

輪野さんには、いつも、私の録音にコラボしていただき、感謝しております。
いつも、二人で、録音手法についていろいろ相談しながら進めております。


では、新作ヴァイオリンを、写真にてご紹介いたします。
今回も、ストラディバリ、1705年モデルで製作しました。
d0047461_02150508.jpg
 

裏板をホワイトでご紹介した時、少し変化のあるトラ杢と申し上げたのですが、ニスを塗りましたら、かなり変化のあるトラ杢となりました。
こういう、途中で裏返ったようなトラ杢のカエデは、私が好んで使うことが多いです。
光に当てて動かすと、キラキラと複雑に模様が変化して、美しいです。
d0047461_02145217.jpg


エフと、表板のコーナー部分です。
アマティ的な柔らかさを持ったエフと、コーナー部分の対比、バランスはいつも悩みながら仕上げるところです。
d0047461_02140667.jpg


裏板の、コーナー部分です。
クッキリしていながら、柔らかくて優美なストラドの特徴を再現したいと思っているのですが、、。
d0047461_02135069.jpg


ウズマキは、最近使っている、ストラドの黄金期のコピーモデルです。
やっと、少し慣れてきて、このモデルの特徴が掴めてきた気がします。
d0047461_02132219.jpg


正面から。
d0047461_02133552.jpg


そして、斜めからの造形です。
d0047461_02130488.jpg


この楽器は、弦楽器フェアにて展示させていただきます。
ガラスケースの中での展示となりますが、菊田にお声をかけていただければ、試奏もできますので、この機会にお試しくださいませ。

d0047461_02143764.jpg

d0047461_02141916.jpg

さて、冒頭でお知らせしましたとおり、今回は、録音方法を変更しました。
まず、マイクロフォンを、変えてみました。

少し珍しい機種なのですが、ロシアのOktava(オクターヴァ)というメーカーで、歴史のある会社なのですが、あまり放送、録音業界では一般的ではないメーカーです。
でも、弦楽器には相性が良いという評判でしたので、以前から試してみたいと思っていたマイクです。
d0047461_02165781.jpg


Tulaという町で作られているようですね。
知らなかった町ですが、地図で見たら、モスクワの南、160キロくらいにある町のようです。
d0047461_02164666.jpg


今回の大きな変更点としては、このマイクを2本使って、ステレオで収録したことでした。

この2年間くらい、楽器の音をできるだけクリアに収音して、楽器の音そのものを忠実に記録することを目的にしてきましたが、そのためには、マイク1本でのモノラル収録が最適と判断して、実行してきました。
いろいろなマイクを試しながら、この方向性で収録してきたのですが、その目的は維持しつつ、もう少し聴きやすい音で視聴していただける方法もあるのではないかと思い、輪野さんともいろいろ相談して、今回、ステレオでの収音を試してみました。
ヘッドホンで聴いていただければ分かりますが、前回の動画に比べて、左右方向の広がりがある録音になっております。

今回、試してみた結果、楽器の音を忠実に記録するという目的を妨げることなく、音楽的にも聴きやすい収録ができるという判断ができましたので、今後は、この方向性での録音をいろいろ試してみたいと思っております。
d0047461_02163209.jpg


マニアックな話で失礼しました。
クレモナもだいぶ寒くなりました。
ミケにゃん、猫用のホットカーペット?がお気に入りのようです。
d0047461_02160736.jpg

by violino45 | 2017-10-29 03:12 | 動画 | Comments(2)

インタビュー動画、宮地楽器さんHPにてご紹介いただきました。

弦楽器フェアまで一週間程となりましたので、あらためて、ご紹介させていただきます。

日時:11月3日(金・祝)~11月5日(日)   各日 10:00~18:00
開催場所:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

今年も昨年同様、高橋明さん、天野年員さん、百瀬裕明さん、西村翔太郎さんとともに、宮地楽器さんのブースにて、楽器を展示させていただきます。
皆様の御来場をお待ちしております。

こちらの、宮地楽器さんの特設ページにて、詳しくご紹介いただいております。
http://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/2017.php

フェアに先立って、先日、クレモナで撮影していただいたインタビューの動画がアップされましたので、ご紹介いたします。
この写真のように、自宅の工房にて、宮地楽器の山本さんと対談させていただきました。
d0047461_01395257.jpg


拙いトークではありますが、、現在の状況などを語っておりますので、ご覧いただければ嬉しいです。
動画は、こちらになります。




同僚の高橋明さんのインタビュー動画もアップされましたので、ご紹介いたします。



天野年員さんのインタビュー動画は、こちらです。



百瀬裕明さんのインタビュー動画は、こちらです。



西村翔太郎さんのインタビュー動画は、こちらです。



弦楽器フェア会場にて、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。


by violino45 | 2017-10-27 13:46 | お知らせ | Comments(0)

新作ヴァイオリン 動画でご紹介します。

弦楽器フェア(11/3~11/5)の開催が迫ってまいりました。
今年も、宮地楽器さんブースにて3日間、皆様の御来場をお待ちしております。

フェアに先立って、宮地楽器さんの特設ホームページにて、詳細をご紹介いただいております。
製作者からのメッセージ動画もございますので、ぜひご覧くださいませ。
http://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/2017.php

フェアには、毎回展示している楽器とともに、完成したばかりの新作ヴァイオリンも2台、展示させていただく予定です。
そのうちの1台が先日完成しまして、輪野光星さんに試奏いただきましたので、動画でご紹介いたします。
曲は、バッハ作曲、パルティータ2番の冒頭部分です。




輪野さん、いつも素敵な演奏をありがとうございます。


この楽器は、以前、誕生日の投稿にてホワイトでご紹介しました、1枚板の楽器です。
以下、写真にてご紹介させていただきます。

いつもの、ストラディバリ、1705年のモデルです。
d0047461_13493335.jpg

裏板は、少し動きのあるトラ杢の1枚板です。
d0047461_13484875.jpg

アマティの影響を感じさせる、少し柔らかい印象のエフを目指しております。
d0047461_13480075.jpg

裏板の、コーナー部分です。
d0047461_13474277.jpg

ウズマキは、この数台の楽器で使用している、ストラディバリの黄金期のモデルです。
d0047461_13470937.jpg

正面から。
d0047461_13472599.jpg

斜めからの造形です。
d0047461_13465484.jpg

弦楽器フェアでは、ガラスケース内での展示になってしまいますが、ぜひご覧いただければ嬉しいです。
d0047461_13481726.jpg

d0047461_13483165.jpg


最後に、特に意味はないのですが、、器用な姿で寝ているミケにゃんです。
d0047461_14430799.jpg

by violino45 | 2017-10-18 14:45 | 製作記 | Comments(3)

弦楽器フェア展示予定のヴァイオリン、ホワイトで完成。

【10/12 追記】
宮地楽器さんのHPにて、弦楽器フェア特設ページとしてご紹介いただきました。
参加製作者5人のプロフィールも詳しくご覧いただけます。
製作者からのメッセージ動画もございます。

http://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/2017.php


7月に誕生日の記事をアップして以来、いろいろ落ちつかない状況になってしまいまして、ブログを更新できずにおりました。
ですが、製作活動は地道に取り組んでおりまして、弦楽器フェア(11/3~5)には新作ヴァイオリンを展示させていただけそうです。

現在ニス塗り中の楽器ですが、ホワイトの状態を写真にてご紹介いたします。

モデルは、いつもどおりの、ストラディバリ1705年モデルです。
ラザーリ師匠からこのモデルを譲っていただいてから10年以上になりますが、まだまだ、製作するたびに新しい発見や、悩みどころも見つかるモデルです。


d0047461_07072718.jpg

裏板は、端正な印象の2枚板ですが、よく見ると少しだけ変化があるトラ杢です。
私が好んで使うタイプの2枚板です。
d0047461_07074369.jpg

この角度で見ると、トラ杢の変化を見ることができますね。
d0047461_07093219.jpg

d0047461_07094420.jpg

エフはいつもどおりのスタイルで、少しアマティ風の柔らかい印象を目指しております。
d0047461_07080553.jpg

横から見ると、こんな感じです。
d0047461_07082555.jpg

反対側も。
d0047461_07083688.jpg

裏板の、コーナー部分の仕上げです。
切れ味を感じつつ、柔らかい印象を持った仕上げを目指すのですが、作業をしていると時々、着地点が分からなくなる部分です。
そういう時は、しばらく休憩して、あらためてトライする方がよい場合が多いです。
d0047461_07084844.jpg

d0047461_07091378.jpg

ウズマキは、昨年から使っている、少し小ぶりなモデルです。
d0047461_07103592.jpg

黄金期のストラディバリのプロポーションを目指しているのですが、まだまだ巨匠へ近づくのは難しいです。
d0047461_07111234.jpg

後頭部です。
d0047461_07095702.jpg

別の角度からアップで。
d0047461_07101180.jpg

d0047461_07102380.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。
弦楽器フェアでは、この楽器とともに、いつもの楽器(2005年、2011年のヴァイオリン、2006年のビオラ)も展示しますので、ぜひ来場いただければ嬉しいです。

秋も深まってきましたが、ミケにゃんは元気です。
洗濯したばかりのシャツが、お気に入りです。
d0047461_07114974.jpg

洗剤の香りと、外の空気の匂いが混じった感じがよいのでしょうか、、。
d0047461_07113626.jpg

by violino45 | 2017-10-09 14:17 | 製作記 | Comments(2)