<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

輪野光星さんの新作楽器、動画でご紹介。

昨年から、輪野光星さんには楽器の録音でコラボいただいておりますが、今回は、輪野さんご自身製作のヴァイオリン2台を収録しましたので、ご紹介します。

場所は、いつもの私の工房です。
d0047461_538559.jpg


1台目は、5月にポーランドのポツナンで開催された、第13回ヴィエニアフスキー・ヴァイオリン製作コンクールに参加した楽器です。

まず、クライスラー作曲、前奏曲とアレグロの冒頭部分です。


そして、バッハ作曲、無伴奏パルティータ2番の冒頭部分です。



2台目の楽器は、数日前に完成したばかりの、最新作ヴァイオリンです。

同じく、クライスラー作曲、前奏曲とアレグロの冒頭部分です。


そして、バッハ作曲、無伴奏パルティータ2番の冒頭部分です。


輪野さん製作の2台のヴァイオリン、いかがでしたでしょうか?

この2台の楽器ですが、6月24~26日に東京の寺町美術館(台東区)にて開催されます、
「ヴァイオリン製作家による六人展」に出品されます。
こちらのサイトにて紹介されています。
https://liuteria.amebaownd.com/pages/342184/exhibition
この機会に、輪野さんのヴァイオリンを試奏されてはいかがでしょうか?
輪野さんご自身も、三日間、展示会場に居るそうですので、ぜひお声をかけてみてください。


さて、この機会に、私のヴァイオリンも弾いていただきました。
とは言っても、新作ではなくて、2011年に製作したヴァイオリンです。
この2年間、宮地楽器さんに見本品として展示していた楽器で、5月には、大阪と池袋での展示会にも出品した楽器ですので、試奏いただいた方も多いのではないでしょうか?

では、まず、クライスラー作曲、前奏曲とアレグロの冒頭部分です。


そして、バッハ作曲、無伴奏パルティータ2番の冒頭部分です。


この楽器は、今、クレモナにてニスの補修をしておりますが、11月からは、また宮地楽器さんにて展示させていただく予定です。


輪野さんをはじめ、若い世代の製作家の中に、着実に実力をつけている人が増えていることを実感する今日この頃です。
上記の「六人展」は、そうした世代の製作家6人が自主的に集まっての展示会とのことで、なかなか興味深いイベントになるのではと思っております。

私自身は、世代としては少し上^^になるのですが、製作の経験年数ではあまり変わりませんので、若いライバルの出現に喜びつつも、まだまだ負けられない気持ちで、さらに良い楽器を目指していきたいと思っております。

輪野さんとのコラボは、今後も良い形で続けていきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

by violino45 | 2016-06-21 06:52 | 動画 | Comments(2)

ストラディバリ・モデルの製作 と 里芋

池袋の展示会が終わって数日後に、慌ただしくイタリアに戻りまして、少しずつ、新作ヴァイオリンの製作も進めておりますので、少し写真でご紹介いたします。

裏板の、荒削りです。
時差ボケの体には、体力的に辛い作業ですが、この段階で仕上がりのアーチを見据えて削っていかないと、なかなか思ったような膨らみには仕上がりませんので、一見、荒っぽい仕事に見えますが、実は、かなりの集中力が求められる作業です。
d0047461_18333129.jpg


ミニカンナで、さらにアーチを形作っていきます。
荒削りで作ったイメージを、全体的に整えながら、材質による音の響きを想像しつつ、見た目の美しさも追求していきます。
d0047461_18383181.jpg


スクレーパーで、仕上げていきます。
この段階で、大幅にアーチを修正することも珍しくありません。
表面が滑らかになることで、初めて、全体の造形が見えてくることもあるのです、不思議です。
d0047461_18412745.jpg



さて、タイトルに書いた、里芋ですが、、。
実は、春頃でしたが、買い置きしていた里芋が、いくつか、芽を出してしまったのに気がつきました。
d0047461_18431366.jpg

で、うり坊のような姿を見ていたら、育ててみたくなり、鉢植えにしてみました。
d0047461_18481399.jpg

最初は、まだ寒かったので、なかなか成長しませんでしたが、暖かくなるにつれて育ってきました。
d0047461_18492735.jpg

里芋の葉っぱは、なんとも言えない、味わい深い形をしていますね。
雨上がりには、水が溜まっています。
d0047461_18511641.jpg

d0047461_1853454.jpg

表面張力で、宝石のように輝いています。
d0047461_18531955.jpg

d0047461_18533550.jpg

ミケにゃんには、いつもながら、興味は無さそうです。。
d0047461_18545265.jpg

by violino45 | 2016-06-17 00:24 | 製作記 | Comments(6)