<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

池袋の展示会、無事終わりました。

5月21日と22日に開催されました、「第14回 日本バイオリン製作研究会 作品展示会」が無事に終了いたしました。
d0047461_7194675.jpg

好天に恵まれ、特に22日は真夏のような暑さでしたが、たくさんのお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました。
d0047461_659396.jpg

私は、3台の楽器とともに参加させていただきました。
d0047461_70202.jpg

2005年製作、ストラディバリモデル。
一昨年までの10年間、宮地楽器さんに店頭見本として置いていただき、また、展示会などでも毎回お披露目させていただいた楽器です。
このブログの読者様の中にも、1度は(何度も^^)この楽器を試奏いただいた方も多いのではないかと思います。
d0047461_742327.jpg

2011年製作、ストラディバリモデル。
昨年から、宮地楽器さんに置かせていただいているヴァイオリンです。
5年間、展示会やコンクールなどで弾かれてきて、少しずつ、木材の鳴りを感じる音色に成長してきたように感じます。
d0047461_7112097.jpg

2006年製作ビオラ、ストラディバリモデル。
10年間、一人のお客様に弾き込んでいただいたビオラで、毎年、展示会などにお借りしている楽器ですが、この数年、楽器本来の音色、響きがさらに目覚めてきたように感じています。
d0047461_719275.jpg

このような展示会に参加して、多くのお客様とふれ合い、貴重なご意見をいただけることは何よりも嬉しい事ですが、年月を重ねる中で、同じ楽器を何度も展示することで、製作した楽器がどのように変化していくのかを実感できるのは、製作者として得難い経験になっていると、あらためて感じた展示会でした。
d0047461_7262329.jpg

d0047461_727322.jpg
d0047461_727392.jpg

今回も、友人の製作家、大久保さんと再会できて、嬉しい時間となりました。
思えば、初めて出会ってから、ちょうど20年目になるのでした、、、。
大久保さんのほうが三つ先輩なのですが、、髪の毛も黒くて、若いですね~。
d0047461_731482.jpg

今回の展示会では、川畠成道さんが試奏コンサートの演奏者として熱演をご披露いただきました。
d0047461_7404233.jpg

私も、2011年のヴァイオリンを弾いていただきました。
パガニーニの超絶技巧の曲でしたが、私の楽器は、超高速なパッセージにも破綻せずに、明確な音程で響いていましたので、ホッとするとともに、いろいろな課題も感じながら聴かせていただいた試奏会でした。
d0047461_7335246.jpg

会場の皆様も、川畠さんの迫力のある演奏に惹き込まれて、あっという間に時間が過ぎてしまう演奏会となりました。
d0047461_74227.jpg

あらためて、ご来場いただきました皆様に、感謝申し上げます。
次回は、秋の弦楽器フェアでふたたびお目にかかれますのを楽しみにしております。
d0047461_744213.jpg

by violino45 | 2016-05-24 09:08 | 日記 | Comments(5)

池袋の展示会のお知らせと、最新作ヴァイオリン

日本バイオリン製作研究会
第14回「春の作品展示会」



今週末開催の、池袋での展示会が近づいてきましたので、再度、お知らせいたします。

会場: Academy Hall (アカデミーホール) ★入場無料★
住所: 東京都豊島区東池袋1-30-6 セイコーサンシャインビル B1
日時: 5月21日(土)と22日(日) 両日とも午前10:00から午後17:00までの開催です。
(会場は以前の自由学園明日館講堂ではありませんので、ご注意ください。)

こちらでチラシをダウンロードできます(PDF)

日本バイオリン製作研究会のホームページはこちらです。
http://www.vsj-japan.com/index.html

この展示会では、残念ながら最新作ヴァイオリンは展示できませんが、2005年のヴァイオリン、2011年のヴァイオリン、そして2006年のビオラを展示させていただく予定です。
5年前、そして10年前の楽器達が、現在どのような音で鳴っているか、ぜひ御試奏いただければ嬉しいです。


2005年のヴァイオリンは、以前、ブログの記事でご紹介しています。
http://violino45.exblog.jp/15744312/
まだ元気だったシマにゃんも登場していますね。
d0047461_2336099.jpg

「笑ってコラえて」の番組で、千住さんに演奏いただいたのもこのヴァイオリンでした。
あの「ストラディヴァリ・デュランティ」と、TV番組内で比較試奏されたヴァイオリン、なかなか貴重な経験だったとあらためて思います。

昨年、工房にてこの楽器を録画した時の動画を、あらためてご紹介させていただきます。
演奏は、小寺秀明さんです。

小寺さん、あらためて、素敵な演奏をありがとうございました。


もう一台の、2011年のヴァイオリンは、大阪の展示会にも出品しましたが、現在、宮地楽器さんの試奏楽器として、小金井ショールームに展示されています。
こちらの宮地楽器さんのサイトでご紹介いただいております。(録音も聴けます)
http://strings.miyajimusic.jp/item/HiroshiKikuta/
d0047461_74605.jpg


この楽器は、2013年、スロバキアのコンクールに参加して、3位ブロンズメダルと、最優秀技術賞、イタリア弦楽器製作家協会からALI賞をいただいた、思い出深い楽器です。
http://violino45.exblog.jp/19672611/
d0047461_23121913.jpg



2006年のビオラは41センチの楽器です。
この10年間、一人のお客様にずっと弾き込んでいただいて、新作の若々しい音色から、少し枯れた響きへと変化してきた感じです。
先日の大阪の展示会でも、試奏されたお客様から良い評価を多くいただきました。
d0047461_23224466.jpg


この三台の楽器を、ぜひ会場にてお試しいただければ幸いです。
最新作は展示することができませんが、誕生してから5年、10年と経過した楽器が、どのような響きになっていくのかを体験していただければ嬉しいです。
また、製作家としても大変貴重な勉強の場となりますので、忌憚のないご意見を伺えれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

両日とも、会場では、展示楽器を使用した試奏コンサートが開催されます。
ヴァイオリンの試奏は、川畠成道さんが担当されます。
私の楽器は、5月21日(土)の15時からの部で演奏いただける予定です。


さて、以前から製作記でご紹介していました、細かいトラ杢の一枚板のヴァイオリンが完成しております。
すでにお客様の元に旅立ってしまいまして、展示会には出品できませんが、写真と動画にてご紹介させていただきます。

d0047461_8534458.jpg

細かく、少し変化のあるトラ杢の裏板です。
d0047461_8543690.jpg

d0047461_8545063.jpg

エフは、↑の二台と比べると少し変化がありますが、基本的には、ラザーリ師匠からいただいた同じモデルを使っています。
d0047461_8562855.jpg

ウズマキの材料も少し細目のトラ杢を使い、全体の印象として、少し繊細なイメージを目指して製作しました。
d0047461_8583780.jpg

d0047461_8585439.jpg


さて、今回も、輪野光星さんに演奏をお願いしました。
前回の、二枚板の楽器と同じ日に撮影した動画です。

一曲目は、クライスラーの、前奏曲とアレグロの冒頭部分です。


そして、バッハの、無伴奏パルティータ・2番の冒頭部分です。


輪野さん、いつもながら、楽器の特長を引き出す演奏をありがとうございます。

生まれたての楽器の声をご紹介させていただきましたが、末永く、お客様とともに音楽を奏でて欲しいと願っております。
d0047461_9131482.jpg

d0047461_913217.jpg

by violino45 | 2016-05-17 09:41 | お知らせ | Comments(2)

関西の展示会のご報告と、鬼太郎。

5月5~7日に開催されました、「関西弦楽器製作者協会」の展示会が無事に終わりました。
連休中でしたが、たくさんのお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました。
d0047461_1049451.jpg

おかげさまで、私の楽器も多くの方に御試奏いただき、貴重なご意見を伺うことができました。
あらためて感謝申し上げますとともに、いろいろ不手際な対応で失礼いたしましたこと、お詫び申し上げます。

昨年から、とても広い会場になったこの展示会、演奏会用のスペースも確保されて、ゆったりと過ごしていただける空間となりました。
d0047461_10515298.jpg

d0047461_10523665.jpg

私は、ヴァイオリン二台と、ビオラを一台展示いたしました。
d0047461_10532360.jpg

まずは、4月に完成したばかりの最新作のヴァイオリン、前回、動画でご紹介した楽器です。
d0047461_10542428.jpg

そして、いつもは宮地楽器さんの展示品となっている、2011年製作のヴァイオリン。
d0047461_10553544.jpg

ビオラは、2006年に製作した、41cmの楽器でした。
d0047461_10561458.jpg

製作者として、展示会で最新作をご覧いただくことはとても重要ですが、5年、10年経過してどのような楽器に変化していく様子も実感していただくことは、弦楽器のように長寿な楽器の展示会では、有意義なことではないかと思っております。

広い会場に圧倒されて、緊張気味の楽器たちです。。
d0047461_110012.jpg

会場では、定期的に演奏会が行われました。
良く響く空間で、弦楽器の音が心地よく流れたひとときでした。
d0047461_1115493.jpg

弦楽アンサンブルの演奏会と、各楽器の弾き比べのコーナーもありました。
演奏家の皆様、各楽器の個性を引き出す素晴らしい演奏をしていただき、ありがとうございました。
d0047461_1123912.jpg

そして、「相愛ジュニアオーケストラ」の選抜メンバーの皆様のアンサンブル演奏もありました。
可愛い子供たちでしたが、非常に高度な、迫力のある演奏で会場を沸かせていました。
d0047461_1173835.jpg

連休中のご多忙な中、ご来場いただきました皆様にあらためて御礼申し上げます。
この経験を活かし、さらに良い楽器を製作できるように精進していきたいと思っております。
d0047461_1194548.jpg


さて、タイトルに書いた「鬼太郎」ですが、仕事の関係で山陰まで足を延ばしましたので、以前からの念願でした、境港市の「水木しげるロード」を見学してきました。
d0047461_11182865.jpg

JR境港駅から800m続く商店街に、153体ものブロンズ像が飾られたこのロードは、子供の頃からの鬼太郎ファンの私としては、やはり一度は巡礼しておきたい場所だったのです。
この日は、あいにくの大雨でしたが、濡れたブロンズ像は、妖怪達の雰囲気をより引き立てていたように感じました。
d0047461_1123386.jpg

意外だったのは、ブロンズ像そのものは小さくて、それを飾る台座の存在感が大きかったことでしたが、妖怪ごとに工夫を凝らした台座の演出が、とても素敵だと思いました。
大きな石の上に乗っているのは、、
d0047461_11254146.jpg

小さなぬりかべ君でした。
d0047461_11262157.jpg

砂かけ婆と、こなき爺は、やはり外せませんね。。
d0047461_11281639.jpg

d0047461_11282974.jpg

ねずみ男は、やはり大スターですね。
いろいろな場所で、等身大の像を見かけました。
d0047461_11291431.jpg
d0047461_11292372.jpg

めだま親父は、等身大でちょうどこのサイズですね。
d0047461_1130968.jpg

一反木綿も、小さくなって石に貼りついてました。。
d0047461_11314076.jpg

アニメでは、昔から、猫娘が好きなキャラなのですが、、水木先生のオリジナルは怖いんですよね。。
d0047461_1132393.jpg

ベンチには、かわいくデザインされていて、安心しました。
d0047461_1133123.jpg

路線には、鬼太郎キャラの電車が数種類走っているそうです。
d0047461_11344416.jpg

駅前には、水木先生ご夫妻の像もあり、なごみます。。
d0047461_1135216.jpg

展示会で緊張していた気持ちが和む、すばらしい場所でした。
水木先生、ありがとうございました。
d0047461_1137695.jpg

by violino45 | 2016-05-12 11:50 | 日記 | Comments(6)