<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アマティモデルの製作 

早いもので、一月も半分過ぎてしまいました。
クレモナは、朝晩は氷点下になる寒い毎日が続いております。

昨年末から製作しておりますヴァイオリンを、久しぶりに製作記として少しご紹介させていただきます。

お客様のリクエストで、アマティモデルにて製作しております。
この、1666年のアマティモデルで製作するのは、2009年、2014年に続いて3台目となります。
ストラドモデルよりも、少し小ぶりの楽器になります。
d0047461_548212.jpg


裏板の荒削りです。
今回、アマティモデルとしては初めて、1枚板での製作となりました。
この作業、夏場は汗だくになりますが、この季節は体が温まる感じでちょうど良いです。
ひたすら余分な木材を削り取るだけの作業に見えますが、この時点から、完成のアーチを明確にイメージしていくことが大切なポイントになります。
d0047461_5504076.jpg


ミニカンナでのアーチの成形です。
少し特徴のある虎杢の裏板です。
ニスを塗ったらどんな感じになるか、楽しみです。
d0047461_557154.jpg


スクレーパーで整えて、ほぼアーチの完成です。
アーチのふくらみ具合によって、音の傾向が変わってきますが、材料との関係も大きいので、機械的に整えれば良いというものではないのが難しいところです。
d0047461_643149.jpg


これは、ウズマキの一周目をノコギリで切り出しているところです。
このノコギリ、某ノコギリメーカーさんが試作されたものなのですが、その際、ご意見させていただいたご縁で、使わせていただくことになりました。(銘入りです^^)
d0047461_6143675.jpg

ウズマキのように、縦横ななめ、どの方向から切っても切れ味が変わらないというのが試作のポイントだったようですが、試用してみて、その性能を実感できるものでした。
d0047461_6212439.jpg

この作業は、もちろん、荒削りの第一段階なので、ノコギリの切れ味がそのまま仕上がりに影響するというものではないのですが、この作業がスムーズに行くかどうかで、その後の仕事への勢いが変わってきますので、私としてはとても重要に位置付けている部分です。
d0047461_6273094.jpg

私が普段使用している現行の製品でも、十分な切れ味だと思うのですが、さらに改良を重ねて、より良い製品を生み出していく姿は、楽器製作者として見習いたいと思いました。

これからも、主にダイジェストになってしまいますが、製作記も少しずつご紹介できればと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

by violino45 | 2016-01-16 16:03 | 製作記 | Comments(3)

本年もよろしくお願いいたします。

いつも拙ブログに御来訪いただき、厚く御礼申し上げます。

2016年も、地道に更新を続けて参りたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

d0047461_15554118.jpg


ウズマキの写真での年賀も、早いもので6年目となりました。
クローズアップで楽器をご覧いただくのは勇気が必要で、毎年、ギリギリの感覚ではありますが、今年もウズマキでご挨拶できて、ホッとしているところです。

2016年が、皆様にとって素晴らしい一年になりますことを、心よりお祈り申し上げます。

思い返せば、10年前の2006年は、私にとって、とても大きな出来事があった年でした。
10年が過ぎるのは、早いものだと実感しています。
その季節が来たら、また振り返ってみたいと思います。


今年は鏡餅を手に入れるのを忘れましたので、鏡餅的な?ミケにゃんの写真でご挨拶させていただきます。

d0047461_1673066.jpg

by violino45 | 2016-01-01 00:26 | 日記 | Comments(6)