<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バロックヴァイオリンの動画と、ガルネリモデル。

1月も半分過ぎてしまいました。
今年も、時間の流れを懸命に追いかけていく一年になりそうな予感です。

さて、タイトルに書きました、バロックヴァイオリンですが、丁度1年前に完成して、お客様にお渡しした楽器なのですが、今回、演奏の動画を、お客様ご自身が撮影されましたので、ご紹介させていただきます。
d0047461_754834.jpg

演奏は、堺みなみさん、現在、ハンガリーのオーケストラの団員として演奏活動をされています。
バロックバイオリンは、完全にオリジナルのバロック仕様ではなく、モダン楽器に変遷していく中間ぐらいの仕様ということでご注文をいただき、製作させていただきました。

以下、堺みなみさんの簡単なプロフィールとともに、演奏をご紹介します。

「7歳よりヴァイオリンを始める。武蔵野音楽大学器楽科卒業。同大学院修士課程を修了した後、研修員として研鑽を積む。2013年9月、ジュール・フィルハーモニー管弦楽団(ハンガリー)に入団。」

曲目は、G. P. Telemann: Zwölf Fantasien für Violine ohne Bass Nr.7 Dolce
調弦は、A=430 です。



いかがでしたでしょうか?
裸ガット弦のバロックヴァイオリン、すべてが初めてのことばかりで、大いに戸惑いつつ、打ち合わせを重ねながら製作しましたが、結果的にご要望通りの楽器に仕上がり、喜んでいただけてホッとしましたし、こうして、元気に鳴っている演奏動画を拝見させていただけるのは、製作者としてとても嬉しいことでした。

これからの、楽器の成長が楽しみになりました。

さて、タイトルにも書きましたが、今年の1本目の楽器は、ガルネリモデルとなりました。
d0047461_7274752.jpg

1740年製の、バルトロメオ・ジュゼッペ・ガルネリ、いわゆる、デル・ジェズ・ガルネリ製作の、ハイフェッツが愛用した楽器をモデルに製作しました。
d0047461_7304833.jpg

デル・ジェズの楽器は、左右対称でないものが多いですが、この楽器は、その中でもとりわけ大胆な雰囲気を持った楽器で、私の製作スタイルではなかなか難しいと思われましたが、いつもどおり、コピーを目指すのではなく、モデルとしてシルエットを受け継ぎつつ、私の製作楽器としての特徴を出していくこととしました。
d0047461_7375889.jpg

表板は、こんな感じで仕上がりました。
d0047461_7384393.jpg

裏板も、以下のとおりです。
d0047461_7391547.jpg

d0047461_7392693.jpg

エフは、普段、ストラドやアマティを見慣れていると、この大胆さには気持ち良さすら感じますが、そのままコピーしてしまうと、私の製作スタイルの範疇を超えてしまう気がしますので難しいところでしたが、でも、モデルを特定できるだけの特徴、雰囲気は表現できたのではないかと思います。
d0047461_7444894.jpg

d0047461_7442445.jpg

d0047461_7451173.jpg

裏板は、オリジナルに近い、幅が広いトラ杢の材料を選びました。
d0047461_746777.jpg

d0047461_7473942.jpg

コーナー部分の処理も、悩むところでしたが、ここは、オリジナルよりも、自分のスタイルを優先して仕上げました。
d0047461_747929.jpg
d0047461_7472374.jpg

ウズマキは、さらに大胆な造形ですが、でも、破綻することなく、楽器としての存在感を主張しているのは、さすがにガルネリだと実感します。
d0047461_749391.jpg

この部分も、さすがに、ゆがんだウズマキを作るのは私の感性が拒否しますので、モデルとして参照しつつも、結果的に、いつもと大きくは違わない仕上がりになってしまいました。
d0047461_7524026.jpg

d0047461_753858.jpg

ここまでオリジナルから離れたラインにしたことで、はたして、楽器のモデルを再現したと言えるのか?、自問自答する部分ではありますが、楽器全体の雰囲気や、その存在感で、十分にハイフェッツモデルを表現できるのではないかと信じ、製作しました。
また、ニスが塗り終わりましたら、ご紹介させていただきます。
d0047461_7564469.jpg
d0047461_7565493.jpg

by violino45 | 2015-01-18 07:14 | 製作記 | Comments(3)

今年もよろしくお願いいたします。

2015年が始まりましたね。

旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。
d0047461_8115914.jpg

前年製作した最後のウズマキで新年のご挨拶をするようになり、5年目となりました。

以前も書きましたが、ホワイトの状態のウズマキを、ここまでアップの写真でご紹介するのは、製作者としては勇気が必要なことです。

技術的なミスやアラが出てしまうのはもちろんですが、もっと怖いのは、製作者の内面や、コンディション、もっと言えば、生き様のようなものも正直に出て来てしまうからです。

もし、ブログでご紹介するのは恥ずかしいようなウズマキを作ってしまった時は、それは、このブログの終わる時ですし、製作者としても終わりが近い時なのかもしれません。

ですので、今年もこうして更新できたことは、私にとって、とても嬉しいことなのです。

今年一年も、クレモナで弦楽器製作ができることに感謝しつつ、さらに良い楽器を目指して精進していきたいと思っております。

なかなか更新できない拙ブログではありますが、ご来訪いただける皆様には感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。

これは、先日の帰国時に仕入れた、鏡餅です。
みかんが大きいですね。。
アンモナイト師匠に叱られないように、今年も良いウズマキを目指していきたいです。
d0047461_8333266.jpg

by violino45 | 2015-01-01 08:36 | 日記 | Comments(8)