<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

プロジェクト・チェロ

タイトルが大げさですみません。

実は現在、一台のチェロを仕上げている最中です。

とは言っても、新作楽器としてチェロを製作したわけではありません。

10年前、クレモナの製作学校の最終学年に、ロレンツォ・マルキ先生の指導の下、製作したチェロです。
d0047461_611640.jpg


こちらが、ラベルです。
IPIALLと書かれているのが学校の正式名称ですが、ストラディバリさんの名前も使われているのは凄いですね。
ストラディバリさん、そしてマルキ師匠の名前の下に、自分の名前があるのは、やはり嬉しいものです。
ちなみに、現在は、学校の名前が変更になっているようです。
d0047461_61623.jpg


この楽器、ホワイトで完成していたものを、卒業と同時に買い取らせていただいたのです。
すぐにニスを塗ろうかとも考えたのですが、当時は、まだニスの技術も未熟だったので、ある程度ニス塗りに自信を持てる時までと思い、乾燥を兼ねて放置していたのでした。

そう思っているうちに、10年経ってしまいました。
ニス塗り技術は、未だ不十分ながら、ある程度は上達したとは思いつつ、ヴァイオリンとヴィオラの製作に集中していたので、チェロにまで手が回らなかったというのが正直なところでした。

ですが、毎年お世話になっている松山でのリサイタルにて、今年はチェロ演奏の企画をいただいたこともあり、この機会に完成させなければ一生ホワイトのまま?という不安もあったので、重い腰を上げたというわけです。

というわけで、今年の11月29日(土)に、今回は松山市の隣の砥部町文化会館にて、私の楽器を使用したリサイタルが開催されまして、ヴァイオリン、ヴィオラとともに、このチェロも演奏いただく予定です。
詳細は、後日、ご報告させていただきます。

それに先だって、弦楽器フェア(10月31日~11月2日、東京九段下)でも、宮地楽器さんのブースにて、このチェロを展示させていただくことになりました。

(製作学校の規則で、授業で製作した楽器を販売することはできないため、非売品での展示となります)

10年前の作品で、まだまだ未熟な所も多いですが、もしかしたら、私にとって最初で最後のチェロになるかもしれない楽器ではありますので、、、この機会にご覧いただければ嬉しいです。

では、少し、写真にてご紹介させていただきます。

モデルは、おそらくストラディバリですが、詳細は不明です。
製作学校にて、歴代使われている型を使用しました。(マエストロ・スコラーリのサインが入っていました)
d0047461_6473859.jpg

裏板は、あまりトラ杢の強い材料ではありませんが、予算が十分でない製作学校ではやむを得ないところです。
ですが、マルキ先生の選んだ材料ですので、音響的には申し分無い木材です。
d0047461_6542558.jpg

エフは、マルキ先生のスタイルです。
まだまだ技術的には未熟で、当時、よく先生に叱られて、半泣きになりながら削っていたことを思い出します。
d0047461_657441.jpg

d0047461_70241.jpg
d0047461_701720.jpg

当時、私は腰を傷めていて、ヴァイオリンでも削るのは辛い状況でしたので、大きなチェロのアーチを削るのは本当に辛かった記憶があります。
d0047461_741824.jpg

それだけに、完成したときの喜びは大きかったです。
d0047461_755427.jpg

当時はまだ勉強不足で、スタイルなどを考える余裕も無く、ひたすら、精度の高い仕事を目指して削っていましたが、今見ると、まだまだ甘いところが多いです。
d0047461_710234.jpg

良く見ると、表板の一部分が、別の木材で代用されているのが分かります。
d0047461_7123410.jpg

実は、荒削りの途中で、節が出て来てしまい、見た目はともかく、構造的に問題がある状態でしたので、先生の判断で、木材を入れ替えるという選択をしたのでした。
これが、切り取ったオリジナルの部分です。
d0047461_7143351.jpg

バイオリンぐらいですと、このような場合、別の材料で最初からやり直すのですが、チェロの材料は貴重ですし、限られた授業時間の中で完成を目指すので、やり直す余裕は無かったという事情もありました。
d0047461_7175483.jpg

ウズマキは、製作学校のシステムの中で、特別講習のような形での授業があり、その時に製作しましたので、マルキ先生のスタイルではなく、臨時講師として指導に来られていた、サンドロ・アジナーリさん(高橋明さんの師匠です)に習って製作しました。
d0047461_7223053.jpg

d0047461_728183.jpg

d0047461_729563.jpg

d0047461_7292781.jpg


さて、こうして完成して、ホワイトで10年間温存してきたチェロですが、ニス塗りをする時になって、一つの悩みが発生しました。
というのも、10年間経過した今、あらためて見ると、細かい仕上げが不十分だったり、なめらかに仕上がっていなかったり、傷が残っていたりと、つまり、気になるところが多いわけですが、その多くは、修正しようと思えば可能なものなのです。

ですが、それを実行してしまうと、マルキ先生の下で苦労した痕跡がすべて消えてしまうことになる気がしますし、ラザーリ師匠のスタイルと混ざってしまい、中途半端なことにもなります。

この楽器が、もし、作品として売りに出すのであれば、迷うこと無く、最大限の完成度を目指して修正するのですが、そういう状況でもありませんし、せっかく10年の時を経て完成させるのですから、その時間の重みをそのまま封じ込めるのも意義深いのではないかと考えました。

おおげさなタイトルを付けたのは、こういう思いからです。

なので、一切、木材には手を入れず、マルキ先生と共に完成した状態のまま、ニス塗りをすることとなりました。

写真は、数回ニス塗りをして、少し色がついて来たところです。
d0047461_746079.jpg

今回、初めてチェロのニス塗りを経験して分かりましたが、ヴァイオリンやビオラとはまったく別の世界でした。
チェロのニス塗りを上達するためには、チェロでの経験を積む必要があると実感しました。

なので、当初の思惑とは違って、10年の経験を活かせたニス塗りで仕上げることはできなさそうですが、それでも、良い経験になりましたし、完成度は別として、興味深い楽器になったのではないかと思っております。
長文をご覧いただき、ありがとうございました。
d0047461_7521928.jpg

by violino45 | 2014-08-29 18:02 | 製作記 | Comments(8)