<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コンクール参加楽器の試奏会(動画)

ミッテンバルト・コンクールが終わり、無事に?楽器を引き取ることができましたので、出張で来られていた宮地楽器の山本岳志さん、岩下誠治さん(後列右)とともに、仲間が集まっての試奏会を行いました。
 
メンバーは、私と高橋明さん、百瀬裕明さん(後列左)、西村翔太郎さん(前列中央)、輪野光星さん(前列右)です。
私の奥さんは、アシストと、ケータリングでの参加でした。
d0047461_1455291.jpg

ドイツでの戦いを終えたばかりの楽器たち、故郷イタリアに戻って来られて、安堵の表情です。
d0047461_1481165.jpg

演奏は、お二人にお願いしました。
お一人目は、宮地楽器の山本岳志さん、ト長調の音階と、タイスの瞑想曲の冒頭を演奏いただきました。
d0047461_14112460.jpg

お二人目は、輪野光星さん、バッハのソナタ・第一番の冒頭部分、そしてクライスラーの前奏曲とアレグロの冒頭部分を演奏いただきました。
d0047461_14143397.jpg


では、さっそく、動画をご紹介いたします。
まずは、6台のヴァイオリンの1台目、コンクールで22位となった、私のヴァイオリンです。
動画は、音階に続いて3曲が連続して収録されていまして、約4分半程度の内容になっております。


次に、高橋明さんのヴァイオリンです、コンクールでの成績は、17位でした。


百瀬裕明さんのヴァイオリンです、コンクールでは20位でした。
この楽器は、7月19日現在、宮地楽器小金井店にて販売中です。


輪野光星さんのヴァイオリンです、コンクールでは26位でした。
この楽器は、7月19日現在、宮地楽器小金井店にて販売中です。


西村翔太郎さんのヴァイオリンです、コンクールでは27位でした。


この日、製作者本人は不在でしたが、金子 祐丈さんのヴァイオリンです、コンクールでは8位でした。
この楽器は、7月19日現在、宮地楽器小金井店にて販売中です。


次に、ビオラです。
ビオラは、3台を一つの動画にまとめさせていただきました。
コンクールで好成績の4位となった高橋明さん、12位となった百瀬裕明さん、そして22位となった西村翔太郎さんの順番で収録されています。
山本さんに、音階に続いて、バッハのアリオーソを演奏していただきました。
百瀬さんのビオラ(現品、41センチ)は、宮地楽器で開催中のビオラフェア(7/19~8/3)にて展示販売中です。

また今回録音はできませんでしたが、宮地楽器のビオラフェアではコンクールで9位となりました松上一平さんのビオラ(現品、40.8センチ)も、展示販売中です。

試奏会を終えて、参加者は皆、それぞれの感想を持ったことと思います。
コンクールでは、結果が出てしまえば終わりという印象もあります。
ですが、こうして、お互いの楽器を真剣に試聴することで、何か「杭」のようなものが胸に刺さり、次の楽器に活かしていくことが、やはり大切なことだと思います。

今回のコンクール、そして試奏会では、あらためて、若手の製作家たちが実力を付けてきているなと感じました。
普段、こうした試奏会では、一台くらいは、音量に不満があったり、バランスが悪かったりする楽器が存在するものですが、今回は皆無でした。
それが、全員30位以内というアベレージの高さにつながっていると思います。
国際コンクールで優勝するためには、さらにそこから一段階突き抜ける物が必要になりますが、近い将来、誰かがそれを実現してくれることと思っています。
ぜひ、宮地楽器さんにて、彼らの楽器を試していただければ幸いです。

さて、長くなりますが、今回の私のヴァイオリンを、写真にてご紹介いたします。
完成した楽器と、ホワイトの状態、ご覧いただければ幸いです。

d0047461_15323156.jpg

裏板は、少し細かいトラ杢の材料です。
d0047461_15331553.jpg

エフです。
d0047461_15334487.jpg

裏板のコーナー部分です。
d0047461_15341650.jpg

ウズマキです。
d0047461_15351081.jpg

d0047461_15352610.jpg

d0047461_15355759.jpg

斜め45度です。
d0047461_1537650.jpg
d0047461_15372693.jpg


次に、ホワイトヴァイオリンです。
d0047461_15381239.jpg

d0047461_15383293.jpg

d0047461_15391653.jpg
d0047461_15394392.jpg
d0047461_15401252.jpg
d0047461_15403192.jpg
d0047461_15405266.jpg
d0047461_15412987.jpg
d0047461_15414739.jpg
d0047461_1542416.jpg
d0047461_15422194.jpg

長文ご覧いただき、ありがとうございました。
コンクール関連の記事は、これで終わりです。
これからも、少しずつ更新していきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

by violino45 | 2014-07-19 15:49 | 動画 | Comments(9)

53

52から53へと、また数字が一つ増えました。

この一年は、さらに短く感じましたが、どの瞬間も、1人ではなく、直接的、間接的にかかわらず、誰かのお世話になりながら過ごしてきたことを実感しています。

思えば、バイオリン製作を始めて18年になりますが、常に刺激的で前向きな毎日(綱渡りとも言います^^)を送ってこられたのも、家族・親戚はもちろんですが、同僚でライバルの高橋明さん、ラザーリ師匠をはじめクレモナのマエストロ、クレモナの仲間たち、宮地楽器はじめ仕事やイベントでお世話になっている皆様、日本で活動しているライバルの皆様、そして、私の楽器のお客様、展示会などのイベントで出会った皆様、そしてブログの読者の皆様、すべての皆様のおかげと感謝しています。

誕生日は、この一年間で出会ったりお世話になった皆様のお顔を、1人1人思い出す日にします。

そして、今年から、誕生日=シマにゃんの命日になりました。
これも、誕生日をもっと大切な日にしなさいという、シマにゃんからのメッセージだったのかもしれないと思います。
まだまだ悲しみは癒えませんが、最後まで健気だったシマにゃんのためにも、強く生きていきたいと思います。

ミッテンバルトの山は、4年前とは違った印象に見えました。
私の人生が今、何合目なのかは分かりませんが、常に頂上を目指して、一歩ずつ登っていきたいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2014年 7月12日 
菊田 浩 
d0047461_2185389.jpg

by violino45 | 2014-07-12 02:21 | 日記 | Comments(6)