<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3度目のミッテンバルト

前回、最終音響審査と結果発表についてお知らせしましたが、その一週間後、楽器を引き取るために、再びミッテンバルトに行ってきました。

一ヶ月の間に、400キロの道のりを3往復、2400キロを走破したことになります。
d0047461_5163237.jpg


今回も、いろいろな出来事がありました@_@、、、。

まず、この日は展示会の最終日だったのですが、終了時間は18時の予定で、念のため何度もメールで確認していたのですが、現地に行ってみたら、15時に変更になっていました。

私達は、かなり余裕を持って出発していたので、それでもなんとか30分だけ見ることができたのですが、クレモナから来た製作家たちの多くは、まったく展示会を見ることができなかったのは本当に残念なことでした。

ドイツでの開催なので、こういう所は本来、厳密であるはずと想像していましたが、イタリア以上にアバウトな部分が多かったのは意外でしたし、残念なことでした。
d0047461_5311711.jpg


さて、気を取り直して、今回のメインである、楽器の引き取りです。
d0047461_532664.jpg

明さんのチェロは、無事に帰ってきました。
d0047461_533336.jpg

私の番が来た時、問題が発生しました。
係の人が、どれだけ探しても、私の楽器が見つからないのです(汗)。
お手上げ状態なので、私自身が会場に入れてもらい、一緒に探しましたが、見当たりません。
これは、最悪の状況になったかな?、、と思った時、係の人が、まったく別の部屋から私の楽器ケースを運んできました。
ホッとするのと同時に、さすがの私もキレかけましたが、、、そこは、笑ってコラえて^^、、、楽器の無事を確認して、受け取り完了です。
d0047461_5383559.jpg

それでもいろいろ心配なので、会場を離れる前に、最終確認です。
d0047461_5414320.jpg

今回、残念だったのは、アバウトな審査結果のデータしか貰えなかったことでした。
通常のコンクールでは、楽器の見た目の審査の点数と、音の審査の点数は分けて表示されるのですが、なぜか、今回は合計点だけが発表されたのでした。
これでは、自分の楽器がどう評価されたのか、まったく知ることができず、今後に活かすこともできません。
私にとって、コンクールに参加する意味の多くは、この部分ですので、この点については本当に残念に思いました。


さて、今回の旅の出来事の極めつけは、コンクールとは関係ないところで起きました。
クレモナを出発して400キロ、ミッテンバルトまであと10キロ程度まで近づいた時、突然、エンジンオイルの警告灯が点灯したので、とりあえず、近くのガソリンスタンドに停車して、エンジンを切って、自動車学校で習ったように、オイルの残量を確認したのですが、特に異常なしでした。

で、もう一度確認するために、エンジンをかけようとしたのですが、セルモーターが全く回らず、立ち往生してしまったのです。

一時はパニック状態でしたが、幸い、愛車はマニュアル車で、しかも、4人居るので、これは、押し掛けするしかないということになり、近くに居たオジサンのアドバイスでギアを2速に入れ、男3人が押して、私の奥さんがクラッチ操作をしたところ、見事にエンジンがかかりました。

とりあえず、オイル警告灯は気になりつつも、オイルそのものは問題無さそうなので、ミッテンバルトまでは行くことができました。

あいにく、その日は土曜日で、全ての整備工場は閉まっていて、お手上げでしたが、ホテルの人がメカニックを呼んでくれて、点検してもらったところ、やはりセルモーターの故障で、交換するしかないとのこと。
オイル警告灯は、表示のエラーだろうとの返事でした。

月曜日まで待ては、整備工場も開くのですが、それではミケにゃんが飢え死にしてしまうので、翌朝、なんとしてでもクレモナに戻る覚悟で、ホテルの駐車場で押し掛けして、途中、一度もエンジンを切ることなく、クレモナに無事戻ってきました。

ミッテンバルトに居た二日間、できるだけエンジンを切らないようにしていたのですが、さすがに限界があり、何度か押し掛けしたのですが、その時の貴重な映像がありますので、恥ずかしながら、、。
出張で来られていた、宮地楽器の山本さんと岩下さんにも押していただきました。
d0047461_6153914.jpg

展示会の会場の駐車場は広かったので、助かりました。
あ、クレモナの仲間の、坂本忍さんも押していただきましたね。
d0047461_61723.jpg

無事に始動しました。
まさかドイツでこういう経験をすることになるとは、、、やはり、アウェイの地なのでしょうか、、。
d0047461_6194083.jpg

この駐車場には、立派な菩提樹の樹がありました。
イタリア語では、Tiglio(ティリオ)と言います。
実が落ちる時に、葉っぱがヘリコプターのように回る、とてもユニークな植物です。
お釈迦様は、菩提樹の下で悟りを開いたと言いますが、、、まだまだ、私にはその道は遠いようです。
d0047461_624012.jpg


さて、前回の記事で、最終音響審査についてご紹介しましたが、ご興味をお持ちの方も多いと思い、動画でご紹介させていただきます。
冒頭~チェロ、1分15秒~ビオラ、そして、5分9秒~ヴァイオリン、です。
抜粋していますが、実際は、各楽器、20分程度の審査でした。(フレーズを変えての繰り返し)



いろいろなご感想を持たれたことと思います。

コンクールによって、独自のスタイルで審査されることには異論を挟む余地はありませんが、個人的な感想を申し上げると、やはり、歴史のあるコンクールの最終音響審査ですから、一曲を通して演奏して、楽器の総合的な能力を判断できるような方法を選択して欲しいと思うのです。

動画にあったような、短いフレーズを弾いて比較する方法は、楽器の性能を測るという意味で、一次審査くらいでは有効だと思うのですが、最終審査では、もう少し高い次元の、「音楽の表現力」を競う場であって欲しいと、私は思っています。

写真は、昨年秋の、スロバキアでのコンクール、そして、2006年の、ヴィアエニアフスキーコンクールでの、最終音響審査の様子です。
どちらも、ヴァイオリン協奏曲が演奏されています。
私の中での、コンクールの最終審査というのは、やはりこういうものを期待してしまうのです。
d0047461_6512122.jpg

d0047461_6513967.jpg


いろいろあったコンクールでしたが、それとは違う部分で、同時代に生きた製作家同士がコンクールで競い合い、お互いに心の中に何かが残っていけば、やはりそれは意義深いことであったのだと思います。
お互いにライバルであり、競争相手でもあるわけですが、でも、もっと深い部分で通じ合い、絆が深まっていくのは、やはり良いものだと、今回、あらためて感じました。
d0047461_7161227.jpg

長文にお付き合い、ありがとうございました。
コンクールの話題は、次回が最後です。

by violino45 | 2014-06-28 07:54 | 日記 | Comments(8)

ミッテンバルト・コンクールのご報告(長文です)

ミッテンバルトでの弦楽器製作コンクールが終了しましたので、ご報告させていただきます。

結果は、高橋明さんがビオラ部門で4位、メダルには届きませんでしたが、素晴らしい成績でした。
また、明さんのチェロ部門では11位、ヴァイオリン部門では17位と、総合的にも良い結果となりました。

一緒に参加した百瀬さんは、ビオラ部門で12位、ヴァイオリン部門で20位と、大健闘だったと思います。

私は、ヴァイオリン一台での参加でしたが、22位という成績でした。
実は、詳しくは後述しますが、予想ではずっと低い順位を想定していましたので、100台くらいの参加ヴァイオリンの中でのこの成績には、満足していますし、正直なところ、ホッとしています。

では、この週末、私と高橋さんが体験したコンクールの顛末記を、少し長くなりますが、写真を交えてご紹介させていただきます。

金曜日の夜、明さんに電話がかかってきまして、ビオラがファイナルに残っていて、翌朝11時からの最終音響審査にて演奏されるとのことでした。

もちろん、最終審査に間に合うためには、電車では無理がある状況で、ここで明さんを連れていかねば男がすたるというわけで、、(すでに以前からすたってますが)、運転手を買って出たというわけです。
というか、ミッテンバルトでの音響審査がどのようなものか、凄く興味がありましたので、自分の勉強のためという部分も大きいです。

ですが、運転が上手い私の奥さんは仕事で来られず、、、、百瀬君は外せない用事?があるとかで来ず、(裏切り者!)、結局、私と明さんの2人での長距離ドライブとなったのでした。(心細い)

翌朝、5時に出発して5時間、道中ではヴァイオリン談義に花を咲かせつつ、(時々、ダークサイドな話題で盛り上がりつつ、、、)、無事に到着したのは、ここ、ミッテンバルトのヴァイオリン製作学校でした。
d0047461_526343.jpg

この建物の中で、最終音響審査が行われました。
d0047461_5263660.jpg


楽しみにして来た音響審査でしたが、いろいろな意味で衝撃的な時間でした。
d0047461_5273769.jpg

まず、ついたてが無く、楽器が見える音響審査でした。
実は、そういうコンクールも珍しくはないのですが、それでも、楽器ナンバーは入れ替えて、できるだけ審査員には分からないような工夫をするのが普通ですが、今回は、審査員全員、どの楽器が弾かれているのか完全に把握しているようでした。

そして、最終審査にもかかわらず、ピアノ伴奏が無く、無伴奏での演奏だったことも、ビックリしました。
ヴィエニアフスキー・コンクールのように、フルオーケストラバックでコンチェルト、というのは難しくても、やはり、何かしらの伴奏をバックに演奏するのでないと、真の意味での楽器の実力を測るのは難しいのではないかと感じました。

多くの国際コンクールでは、一次審査では無伴奏で音色を見極め、二次審査がピアノ伴奏、そして最終審査が、オーケストラまたはピアノ伴奏という形で、これでもかというくらい楽器の限界を試されるのが普通です。
d0047461_5365942.jpg

そして、さらに驚いたのですが、最初、演奏者が出て来て、楽器をワンフレーズずつ15秒くらい順番に弾いていったのですが、それは、リハーサルというか、調弦を含めてのテストだと思っていたら、すでに審査が始まっていたという事実でした。

つまり、5台ファイナルの楽器があるとすると、15秒くらい弾いては持ち替えてを5台繰り返し、また別のフレーズで15秒くらいを5台通して、という繰り返しを延々、20分くらい行うという形式でした。
d0047461_5415095.jpg

こういう形式は、私のような客観的な立場であれば、楽器の違いを勉強することもできて有意義なのですが、自分の楽器を審査されている立場の明さんとしては、やはり落ち着かない時間だったのではないかと想像します。

私の私見ですが、仲間内での勉強会ならともかく、コンクールでの音の審査では、こうして弾き比べて音の違いを確認するのは、正確さに欠けると思っています。
比較して相対的に判断するのではなく、一台ずつ、一曲をしっかりと演奏して、その音色の特徴を絶対的に評価しなければ、楽器としての真の実力は見えてこないと思います。

それは難しいことですが、歴史のあるコンクールですので、説得力のある審査風景で圧倒して欲しかったというのが正直な気持ちでした。
d0047461_5481840.jpg

珍しく、コンクール批判のような内容になってしまい、失礼しました。

さて、こうした音響審査を見ていて、ファイナルに残った楽器の多くは、私が目指している楽器とは方向性が違うことを実感しました。

つまり、音色的には、最初からオールド的に熟成した響きを持った楽器が揃っていましたし、見た目も、少しアンティーク仕上げ的な、落ちついた、艶消し風の仕上げが好まれているようでした。
d0047461_653147.jpg


もちろん、コンクールによって傾向が変わることは普通にあることですし、逆風の中、あえて挑むことで勉強にもなりますので、私としてはコンクールへの参加意義が深まるのは良いことなのです。
また、逆風が吹いていたとしても、普遍的な意味での良い楽器を作ってさえいれば、最低でも半分くらいの位置には入るものなのです。(今回は、50位くらいがそのラインでしたが、10年前から、コンクールは毎回、そのくらいの気持ちで参加しています)

ですが、今回は、最終審査を見る限り、その逆風の強さは想像以上でしたので、予選落ちの可能性もあるかなと思いつつ、結果発表を待っていたというわけなのでした。

一休み、、

写真は、宿泊したホテルからの風景です。
ミッテンバルト(森の中?)という地名がピッタリきます、山に囲まれた美しい町並みでした。
d0047461_6343288.jpg

思い返せば、4年前のコンクールの時も、明さんはヴァイオリン部門で4位でした。
この地でのヴァイオリンの神様、マティアス・クロッツ先生も、なかなか手厳しいですね。
d0047461_6355858.jpg


そして気を取り直して到着した、展示会場です。
2人とも、疲労の色が漂ってますね。
d0047461_6371211.jpg

4位になった明さんのビオラです。
d0047461_6384914.jpg

いつもながら、丁寧かつ温かみのある、素晴らしい仕上げのビオラでした。
d0047461_63758100.jpg

こちらは、12位になった百瀬さんのビオラです。
まだ迷っている部分が見えますが、良い仕上がりの楽器でした。
大阪の展示会でも、奏者の方に選ばれてステージで試奏されてましたね。
d0047461_641141.jpg

こちらは、2012年のトリエンナーレでも最年少でのファイナリストとして表彰されていた、松上さんのビオラです。
今回、9位という好成績でしたが、独自の雰囲気を持ちながら、完成度の高いまとまりを持っていて、これからがさらに楽しみです。
d0047461_6521164.jpg

ちなみに、こちらが、ビオラ部門で優勝した、Marcus Klimke さんの楽器です。
独特の雰囲気のある、重厚な魅力を感じる楽器でした。
d0047461_6551074.jpg

さて、私のヴァイオリンはこちらです。
長旅で疲れた顔で、すみません。
いつも、コンクールの報告は、こんな顔ですね。
d0047461_6562832.jpg

ヴァイオリンは、元気に迎えてくれたので、安心しました。
「頑張ったよ!」って、初めてのお使いから帰ってきた子供のような表情にも見えました。
d0047461_6594970.jpg

d0047461_7393.jpg

d0047461_701859.jpg

この吊り下げ方、、、新作楽器の扱いを知っている人なら絶対にしないと思うのですが、、、。
d0047461_713425.jpg

やはり、「もう帰りたい」と言っているようにも見えますね、、。
d0047461_722164.jpg

こちらは、17位、明さんのヴァイオリンです。
d0047461_74438.jpg

そして、20位、百瀬さんのヴァイオリンです。 
皆さん、それぞれ個性がありますね。
d0047461_745166.jpg

そして、優勝したのは、Marcus Klimke さんのヴァイオリン、二部門制覇です。
d0047461_76249.jpg

切れ味鋭く、精密さだけではなく、温かみもあって、情緒も感じさせる仕上がりで、優勝楽器にふさわしい風格を感じます。
d0047461_785932.jpg

そして、11位になった、明さんのチェロです。
d0047461_71064.jpg

明さんも、予選落ちを覚悟していたそうですが、立派な成績でしたし、見栄えのする美しいチェロでした。
d0047461_7113753.jpg

さて、チェロ部門には、ゴールドメダルはありませんでした。
これも、コンクールには良くあることなのですが、不思議なのは、銅メダルも与えられなかったことです。
理由は、シルバーメダルの楽器との差が大きく、メダルに値しない楽器だからということでした。
この判断には、さすがに各方面から批判的な意見が出ていましたが、私もそう思いました。
d0047461_7234180.jpg

ちなみに、ビオラ部門でも、同じ理由で3位の製作者に銅メダルは授与されませんでした。
通常、ゴールドメダルは、コンクールの権威の象徴ですので、あえて授与しないことは多いですし、それは理解できるのですが、、、、銅メダルを与えないことにどんな意味があるのか、不思議な感覚です。
d0047461_7343513.jpg

実は、この、チェロ部門とビオラ部門で、3位以内に入っていたのにメダルを貰えなかったのは同一人物で、私の知り合いですが、表彰式で目を真っ赤にして憤慨していました。
コンクールの権威の維持のために厳しくするのは良いことかもしれませんが、こういうことで、優秀な参加者が離れていくとしたら、コンクールの未来は決して明るくないと思うのですが、難しいところですね。
d0047461_7374345.jpg

今回、クレモナから、そして日本からも若手日本人が多く参加しました。
そのうち何人かは、10位以内、もしくは10位台に入る活躍をされたのは嬉しいことでした。

また、順位的には振るわず、40~50位くらいに留まった人も居ましたが、前述しましたとおり、この厳しい条件のコンクールで、半分以内の成績に残ったということは、普遍的な意味で良い楽器だったと言えると思いますので、順位に一喜一憂するのも良いですが、さらに良い楽器を作れるように頑張って欲しいと思いました。
d0047461_7443589.jpg

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
私のブログには珍しく、少し過激な文章も出てしまいましたが、疑問に思ったことは事実ですし、心に留めておくとともに、何か記録に残しておくべきかと思い、書いてみました。

私自身、この長く厳しいコンクールを終えた今、やはり、貴重な経験となりましたし、刺激も受け、また、次の楽器へのヒントもたくさん得ることができた、有意義な時間を過ごすことができました。

さらに良い楽器を製作できるよう、精進していきたいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

最後に、全てを終えて燃え尽きてたたずむ明さん、本当にお疲れ様でした。
同じ工房で働く同僚として、誇りに思ってます。
d0047461_7482893.jpg

by violino45 | 2014-06-17 08:38 | 日記 | Comments(18)

ミッテンバルトの製作コンクール

5月 の日本滞在中は、国際フォーラムでの講演会、大阪での展示会、松山でのリサイタルと、ハードでしたが、皆様にお目にかかれて、嬉しく、楽しい時間を過ごさせていただきました。
あらためて、感謝申し上げます。

日本では、少し体調を崩したこともあり、クレモナに戻ったら少しゆっくりしたいところでしたが、そうも言ってられない状況にありました。

タイトルに書きましたとおり、ミッテンバルトの製作コンクールが迫っておりまして、クレモナに戻って5日後にはミッテンバルトまで楽器を届けにいかなければならなかったのです。

楽器が完成していれば、特に焦る必要はなかったのですが、その楽器は、日本帰国直前にニスを塗り終えたまま放置していましたので、その5日間で、ニスの磨き、部品の組み付け、そして音の最終調整をしなければならない状況でした。

こう書きますと、突貫工事で仕上げたように感じられますが、私の場合、コンクールに限らず、どの楽器も、だいたいこのような感じで仕上げて納品しておりますので、今回が特に急いで仕上げたという感覚は無いのですが、何か突発的な事が起きた場合(ミケが楽器に猫キックするとか)、時間が足りなくなるのでそういう意味では緊迫感のある5日間でした。

思えば、ヴィエニアフスキーやチャイコフスキーの時も、こんな感じで仕上げた記憶がありますが、意外と、時間が足りない状況の方が、音の調整などで迷いが出ないので、良い結果になるのかもしれません。

そんなこんなで、楽器も無事に仕上がり、4年前の時と同じメンバー、高橋明さん、百瀬さんとともにミッテンバルトに行ってまいりました。
もちろん、運転の相棒は、昨年もスロバキア強行軍にて爆走した、私の奥さんです。
ミッテンバルトは、片道400キロなので、スロバキアの3分の1、楽勝コースではありますが、慎重に安全運転で行ってきました。

ミッテンバルトは、山のふもとに広がる小さな町で、天気が良いと、こんな素晴らしい景色を見ることができます。
d0047461_2324078.jpg

これから楽器提出ですが、妙に緊張感に欠ける3人組です。
d0047461_448882.jpg

今回、高橋明さんは、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロでの参加です。
最後の確認に余念がありません。
d0047461_2353364.jpg

百瀬君は、ヴァイオリンとヴィオラでの参加です。
d0047461_238420.jpg

私は、今回はヴァイオリン一台だけの参加です。

こうして提出した後、実は、コンクールの審査が始まるまでに二週間以上の時間があります。
コンクールによって条件は異なりますが、ミッテンバルトの二週間という待ち時間は、最長かもしれません。

二週間放置されるわけではないと思いますが、それでも、気候の変化などで楽器の状態は変わりますので、そのあたりを予想して、最終的にどう楽器を仕上げるのかというテクニックも、コンクールで良い成績を出すためには必要になってくるわけです。

このあたりのことも含めて、自分にできることを全て楽器に込めて楽器を提出した時点で、私の中ではコンクールは終わりです。
結果は楽しみに待ちたいですが、その結果から得られる一番重要なものは、さらに良い楽器を作るためのデータ、経験だと思っています。
もちろん、コンクールで良い成績が出れば嬉しいですが、それは一時的なものなので、一喜一憂することは、芯がブレることになります。
本当に嬉しいのは、製作した楽器をお客様に喜んでいただけることですので、コンクールも、そのための修行(苦行?)の一部として、これからも、参加していければと思っております。

さて、提出も無事に終わり、観光するかと思えば、やはり製作家の血が騒ぎ、材料屋さんへ。
d0047461_247289.jpg

数年後の楽器に使う材料のために、先行投資、、、、悩ましい時間です。
d0047461_2512748.jpg

d0047461_2514465.jpg

少し市内散策です。
町のどこからでも、山が見えて、平地のクレモナとは違う雰囲気が新鮮です。
d0047461_2523223.jpg

ショーウインドウには、やはりヴァイオリンの町らしく、楽器のディスプレイが。
d0047461_2533149.jpg

4年前にも気になった彫刻に再会しました。
d0047461_2542622.jpg

ミッテンバルトの弦楽器製作の象徴、マティアス・クロッツ先生の銅像です。
d0047461_4491025.jpg

マティアス・クロッツ先生は、ストラディバリとほぼ同じ時期に活躍した名人で、イタリアで修行したと言われています。
d0047461_314913.jpg

町で咲いていた、ピンク色のウニのような綺麗な花、、ギガンジュームというそうですね。
左奥に見える明さんが、渋い、、、。(裕次郎?)
d0047461_332163.jpg

コンクールの結果は、今週末には発表されると思います。
またご報告させていただきますね。

最後に、町のお土産屋さんにあった、謎の動物の民芸品。
妙に惹かれて、連れて帰りたくなりましたが、、身長が50センチ以上あったので、、やめておきました。。
d0047461_3172055.jpg

by violino45 | 2014-06-09 04:59 | 日記 | Comments(8)