<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宮地楽器さんのイベント、無事終わりました。

5月25日、宮地楽器さんにて、手工ヴァイオリンの魅力をご紹介するイベントに参加しました。

このイベント、お電話にてお申込みをいただいての開催でしたが、宮地楽器の子供音楽教室の生徒さん向けにも別イベントの企画がありまして、この日は、二回連続での開催となりました。

たくさんの方にご来場いただき、まことにありがとうございました。
d0047461_12465785.jpg

このような道具や材料を使って、ヴァイオリン製作の流れを説明させていただきました。
d0047461_12492018.jpg

ビデオカメラとスクリーンを使って、道具の説明などもいたしました。
d0047461_1251285.jpg

そして、私が以前から撮りためていた動画をご覧いただきながら、楽器製作のポイントを説明させていただきました。
d0047461_12573559.jpg
d0047461_1258273.jpg

司会は、宮地楽器の山本さんです。
2007年に、私の楽器を使ったコンサートを開催していただいてから、6年ぶりのイベントになるのですが、息の合ったコンビネーションで説明をすることができた気がしています。
d0047461_1375858.jpg

説明には、私が書いた絵も使いました。
本人的には、いたって真剣に描いたつもりなのですが、、なぜか、会場では笑いの渦が、、、、^^。
d0047461_13102224.jpg

いくつか、製作の実演もさせていただきました。
これは、横板を曲げているところですね。
普段と違う環境での作業は、緊張します。
d0047461_13122367.jpg

そして、渦巻きの削り作業もご覧いただきました。
ノミが滑って、、あわや大失敗、、という場面もありました。
d0047461_1313597.jpg

そして、ミニカンナを使ってのアーチ削りでは、会場のお客様に体験していただくコーナーもありました。
d0047461_131529.jpg

みなさん、意外と上手で、驚きました。
将来は、強力なライバルになるかも、、?
d0047461_13153794.jpg

ヴァイオリンづくりの説明が終わった後、私の楽器を使ってのミニコンサートがありました。
演奏は、宮地楽器ヴァイオリン講師の、佐々木梨花先生、ピアノ演奏は、同じく、越野景子先生です。
d0047461_1319459.jpg

昨年秋、トリエンナーレ・コンクールに出品したばかりの、まだまだ若い楽器でしたが、佐々木先生の力強い演奏で、すばらしい音楽が鳴り響いたひと時となりました。
d0047461_13241218.jpg

最後に、質問タイムです。
一斉に手が挙がって、びっくりでした。
d0047461_13252694.jpg

小さなお子さんから、とても鋭い質問が飛び出して、、、タジタジになりながらも、嬉しく答えさせていただきました。
d0047461_1328462.jpg

イベント終了後も、たくさんの皆様が、ミニカンナでの体験を希望されたのは嬉しいことでした。
d0047461_13293967.jpg

d0047461_13314580.jpg

こうした経験が心に残って、音楽を愛する気持ちがさらに強くなっていただければ、楽器製作者としてとても嬉しいです。
d0047461_133546100.jpg

みなさんがお帰りになって、片付けをしているところを撮られてしまいました、、、。
体力的には限界でしたが、、ヴァイオリン製作者になって良かったと、あらためて思った一日でした。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
そして、開催に向けて準備期間から大変お世話になりました宮地楽器のスタッフの皆様はじめ、関係者の皆様、すばらしい演奏を聴かせていただきました佐々木先生、越野先生に、厚く御礼申し上げます。
次回、お目にかかれます日を楽しみにしています。
d0047461_13385858.jpg

by violino45 | 2013-05-29 13:47 | 日記 | Comments(16)

展示会 無事に終了いたしました。

先週末の展示会は、好天にも恵まれ、2日間を通じて沢山のお客様にお越しいただき、無事に終了することができました。

ご来場いただきました皆様に、厚く御礼申し上げます。
d0047461_0133384.jpg

私は、時差ボケが抜けませんでしたが、楽しく過ごさせていただきました。
d0047461_0155737.jpg

最新作が展示できず、申し訳ありませんでしたが、沢山のお客様に御試奏いただき、とても勉強になる二日間でした。
d0047461_0171038.jpg

d0047461_017388.jpg

相棒の高橋明さんとも一ヶ月ぶりの再会でした。
そして、昨年の9月に、クレモナのトリエンナーレコンクールに一緒に参加した、和田さんとも再会できました。
d0047461_0185485.jpg

展示作品による試奏コンサートも、年々、内容が充実してきて、コンサートを目当てにご来場される方も多いようでした。
d0047461_021589.jpg

d0047461_0214149.jpg

フランク・ロイド・ライト設計の雰囲気のある建物での展示楽器の弾き比べは、少し緊張感も漂って、、なかなか聴きごたえのあるリサイタルですね。
私の楽器では、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の2楽章を演奏いただきましたが、音色を十分に引き出しつつ、情感を込めて演奏していただき、とても感動しました。
d0047461_030315.jpg

来年以降も、可能な限り参加させていただきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

by violino45 | 2013-05-22 00:33 | 日記 | Comments(8)

今週末 池袋の展示会でお待ちしています

前回お伝えいたしました、5月25日の宮地楽器さんでのイベントには、多くの皆様にお電話でのご予約をいただき、おかげさまで満席となりました。
あらためて感謝申し上げます。
当日、皆様にお会いできますことを、今から楽しみにしております。

また、お電話をいただけたにもかかわらず、すでに満席となっていてご予約できなかった方もいらっしゃると伺っております。
まことに申し訳ありませんでした。

今週末には、池袋の展示会に参加いたしますので、会場にてお目にかかれれば嬉しいです。
以下、あらためてご紹介させていただきます。

日本バイオリン製作研究会 
第11回作品展示会 


日本でアマチュア製作者として活動していた頃からお世話になっている団体の展示会で、2年ぶりの参加になります。
今回は、高橋明君と共に参加いたします。

http://www.vsj-japan.com/index_Page361.htm

■5月18日(土)、19日(日) 10:00~17:00
 自由学園明日館講堂(入場無料)
 JR池袋駅メトロポリタン出口より徒歩5分

■バイオリン、ビオラ、チェロなど約60台
 会員が心を込めて製作した手工弦楽器を展示します
 作品は自由に手にとって、試奏していただくことができます

■展示作品によるミニコンサート
 5月18日 11:00~ ビオラ 当会会員による試奏
       13:00~ バイオリン三澤裕美子(Vn) 大背戸亜紀子(Pf)
 5月19日 11:00~ チェロ 三森未來子(Vc) 船橋泉乃(Pf)
       13:00~ バイオリン星野美葉(Vn) 金沢恵理子(Pf)
私、菊田のヴァイオリンは、19日の13時から、2番目の演奏順で試奏される予定です。

今回、都合により最新作のバイオリンを出品することはできないのですが、昨年、トリエンナーレ・コンクールに出品したバイオリンや、1年前に「笑ってコラえて」にて千住真理子さんに演奏していただいたバイオリンなどを展示させていただく予定ですので、この機会に、ぜひ私の楽器を御試奏いただければ嬉しいです。

会場にてお目にかかれますことを、心より楽しみにしております。

さて、以前、ホームズベアとともにホワイトの状態でご紹介いたしました楽器が完成しておりますので、ご紹介いたします。
今回は、私自身の手による撮影になります。。

d0047461_0212594.jpg

裏板は、少し細めで、真っ直ぐな虎杢の材料を選びました。
d0047461_0224971.jpg

d0047461_02326100.jpg

エフは、繊細な中にも芯のある表情を目指したのですが、、どうでしょうか?
d0047461_0252248.jpg

d0047461_0254324.jpg

ウズマキは、今までとは少し違ったアプローチもしたのですが、多分、私にだけ分かる違いぐらいかもしれません、、。
d0047461_0272877.jpg

d0047461_0274929.jpg

d0047461_0281056.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。

日本は暑いですね!
皆様、熱中症にはご注意ください。

by violino45 | 2013-05-15 00:37 | お知らせ | Comments(8)

5月は、二つのイベントに参加します。

タイトルに書きましたとおり、5月の後半に、以下の二つのイベントに参加するために帰国します。


日本バイオリン製作研究会 
第11回作品展示会 
(5月18日~19日)

http://www.vsj-japan.com/index_Page361.htm

宮地楽器小金井店 オープン30周年記念イベント
「手工ヴァイオリンの魅力」
(5月25日)

http://strings.miyajimusic.jp/sale/event.php

以下、それぞれご説明いたします。




①日本バイオリン製作研究会 
第11回作品展示会 


日本でアマチュア製作者として活動していた頃からお世話になっている会の展示会で、2年ぶりの参加になります。
今回は、高橋明君と共に参加いたします。

http://www.vsj-japan.com/index_Page361.htm

■5月18日(土)、19日(日) 10:00~17:00
 自由学園明日館講堂(入場無料)
 JR池袋駅メトロポリタン出口より徒歩5分

■バイオリン、ビオラ、チェロなど約60台
 会員が心を込めて製作した手工弦楽器を展示します
 作品は自由に手にとって、試奏していただくことができます

■展示作品によるミニコンサート
 5月18日 11:00~ ビオラ 当会会員による試奏
        13:00~ バイオリン三澤裕美子(Vn) 大背戸亜紀子(Pf)
 5月19日 11:00~ チェロ 三森未來子(Vc) 船橋泉乃(Pf)
        13:00~ バイオリン星野美葉(Vn) 金沢恵理子(Pf)

私、菊田のヴァイオリンは、19日の13時から、2番目の演奏順で試奏される予定です。


②宮地楽器小金井店 オープン30周年記念イベント
「手工ヴァイオリンの魅力」

5月25日(土) 17時~18時30分(要電話予約)
会場:宮地楽器小金井店内ホール
こちらで詳しい内容をご覧いただけます。
http://strings.miyajimusic.jp/sale/event.php
d0047461_15392149.jpg

宮地楽器さんは95年以上の歴史のある会社ですが、小金井店ショールームがオープンして今年で30周年とのことで、それを記念して5月18日から26日まで、「30周年記念、弦楽器フェア」が開催されます。
詳細はこちら

その記念イベントの一つとして、5月25日(土)に、「手工ヴァイオリンの魅力」と題して、弦楽器製作について、実演や映像を交えてご紹介することになりました。

イベントの中では、ヴァイオリニストの佐々木梨花さんのミニコンサートも企画されていまして、私のヴァイオリンの音色もお楽しみいただけます。

お時間がございましたら、ぜひお越しいただければ幸いですが、
ご来場には「電話でのご予約」が必要ですので、ご注意ください。

お申し込みの受付開始は、5月11日(土)10時からとなっております。
電話番号は、 042-385-5585 です。

私としては、ご自由にお立ち寄りいただける形にしたいところでしたが、会場の大きさに限界があり、当日になって入場できないなどのご迷惑をおかけする恐れがあるため、予約制とさせていただきました。
御理解いただければ幸いです。


二つのイベントにて、皆様にお目にかかれますことを、心より楽しみにしております。


さて、製作記も凍結しておりましたが、次のバイオリンを少しだけご紹介します。
まず、パーフリングを入れる前の、荒削りです。
文字どおりの荒削りですが、全体の形を整えながら削ることで基礎固めをする、大切な作業です。
この段階でバランスが崩れてしまうと、最後までその影響を引きずる危険もあるのです。
d0047461_7414770.jpg

そして、こちらは、パーフリングを入れた後の、一段進んだ形での荒削りです。
この時点では、完成寸法まで数ミリのところまで削りますので、慎重になりますが、でも、自分の感覚を信じて勢いを付けて削らないと、余計な肉が残ってしまい、後のミニカンナの作業が大変になります。
d0047461_843375.jpg

荒削りが上手くいった時は、ミニカンナの作業がとてもやりやすく、アーチも上手くまとまります。
このあたりの連携が上手くいくかどうかで、トータルの作業時間が大幅に違ってくるのですが、、まだまだ上手くいかないことも多いです。(削り過ぎは、やはり怖いですので)
d0047461_7484424.jpg

d0047461_749264.jpg

表板も、上手く作業ができている時は、内側から空気で押されているような感覚が維持できるのですが、少しバランスが崩れてくると、空気が抜けたボールのように、力の無いアーチになりますので、要注意です。
d0047461_752043.jpg

そして、スクレーパーで仕上げます。
d0047461_7545483.jpg

基本的には、アーチは目の感覚を頼りに仕上げますが、一本だけ、最外周に等高線を引くことで、基準ができるので、バランスが取りやすくなることが多いです。
d0047461_7571777.jpg

仕上がったアーチです。
そのままの形で生まれてきたような、自然な膨らみが理想ですが、なかなか難しいです。。
d0047461_7581040.jpg


by violino45 | 2013-05-03 08:11 | お知らせ | Comments(8)