<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大阪の展示会のお知らせ

お知らせが遅くなりましたが、今週末の4月20日(土)と21日(日)、大阪市中央公会堂にて、
「関西弦楽器製作家協会 第5回展示会」が開催されます。

私自身は、昨年まで二年連続で参加させていただいたのですが、今年は参加せず、5月の18日と19日に池袋で開催されます、「日本ヴァイオリン製作研究会 展示会」に参加させていただきます。

展示会の、公式サイトはこちらです。
http://www.kansai-violinmakers.jp/Topics/5th_exhibition.html
d0047461_3241465.jpg

どちらも私にとって大切な展示会ですので、両方参加できれば嬉しいのですが、一ヶ月間クレモナを離れるのは厳しい状況ですので、今年は大阪はあきらめて、二年ぶりに池袋のほうに参加することにいたしました。

あ、相棒の明君は、両方参加するのでした、、、。大丈夫か?!

関西を中心に活動する日本人製作家の作品を中心に、日本各地から、そしてクレモナからも多数の参加者が集いますので、ぜひこの機会に、日本人製作の楽器のクオリティを実感していただければ幸いです。
ラザーリ師匠の奥様も参加されますので、ぜひ作品をご覧くださいませ。

池袋の展示回は、また日が近づきましたらご紹介させていただきます。
皆様にお目にかかれますことを楽しみにしております。

さて、クレモナにもようやく春が訪れたようで、ベランダから見える桜の木も満開になりました。
d0047461_3251515.jpg

日本の桜とは少し趣が違いますが、、、でも、全力で咲いている感じが伝わってきて、元気をもらえる気がします。
d0047461_3262636.jpg

by violino45 | 2013-04-18 03:29 | お知らせ | Comments(8)

ホワイトヴァイオリンと、ホームズベア

前回、ウズマキの後頭部をご紹介したヴァイオリンが、ホワイトで完成しました。

この楽器も、こんどフルサイズに持ち替えるかわいいお嬢さんに弾いていただく予定です。
d0047461_4175599.jpg

d0047461_4194031.jpg

表板の年輪が強い材料でしたので、エフを切り抜くのが難しかったです。
d0047461_4221348.jpg
d0047461_4223074.jpg

裏板のトラ杢は、今回は真っ直ぐで、細いタイプです。
d0047461_424874.jpg
d0047461_4242834.jpg

コーナー部分の仕上げは、いつも時間がかかります。
d0047461_4253339.jpg

表と裏で計8箇所あるのですが、印象がバラバラでは楽器としての統一感が無くなりますし、かといって、全く同じでは、面白みが無い楽器になってしまいます。
そもそも、全く同じに仕上げるほどの技術は無いのですが、、、、
ストラディバリの楽器を見ると、このあたりが絶妙だと、いつも感心します。
まだまだ、修行の道は長いですね。
d0047461_4283326.jpg

ウズマキは、いつもと少しだけ違う表情かもしれません。
d0047461_543247.jpg

d0047461_5434738.jpg
d0047461_544359.jpg

さて、タイトルに書いたホームズベアですが、こちらです。
d0047461_5464158.jpg

ホームズらしく、パイプも持っています。
d0047461_550623.jpg

実は、昨年の4月、番組の放送後に、テディベア作家の神林宜子さんからブログにコメントをいただいたことがきっかけで、ホームページで作品を拝見したのですが、作品の中に、ホームズの衣装を着たベアを発見して、とても気に入ってしまいました。
うちの奥さんがホームズのファンということもあって、これはぜひ手に入れなくてはと思い、注文させていただいたというわけなのです。
d0047461_5534313.jpg

神林さんは、テディベアの製作コンクールで数多く受賞されていて、テディベア界ではとても著名な作家さんです。
ご本人のブログ「KAN'S BEAR ROOM~テディベアの部屋~」にて、作品やイベントなどの情報をご覧いただけます。
http://blog.goo.ne.jp/teddykan

10年以上前、友人の大久保さんご夫妻といっしょに、那須高原にある「テディベア・ミュージアム」に行ったのですが、その時以来、ベアには興味があったものの、なかなか、連れて帰りたいと思うようなベアには出会うことがありませんでした。
そんな中、神林さんの手によって生み出されるベアに出会い、その生き生きとした表情に惹かれたというわけです。
帽子や衣装も、とても丁寧に作られています。
d0047461_67852.jpg

そういうわけで、クレモナにつれてきてしまったホームズベアですが、ホームズと言えばヴァイオリンの名手として有名ですね。
さっそく、腕前をご披露していただきましょうか。。
d0047461_6115674.jpg

by violino45 | 2013-04-14 06:24 | 製作記 | Comments(10)

新作ヴァイオリンの完成

大久保さんの展示会には多くの方にお越しいただき、ありがとうございました。

さて、以前、ホワイトでご紹介いたしましたヴァイオリンが完成しましたので、写真にてご紹介いたします。
今回、とある理由で、プロの写真家さんに撮影をお願いしましたので、いつもの写真の感じとは違っているかと思います。

まずは、全体像から。
d0047461_22435021.jpg

d0047461_2244882.jpg

ボディのショットです。
d0047461_14274585.jpg

裏板は、少し変化のある虎杢です。
d0047461_14283041.jpg

d0047461_1429519.jpg

エフです。
d0047461_1431195.jpg

ウズマキです。 裏板のワイルドさに負けないような力強さを目指してみました。
d0047461_14333746.jpg

d0047461_14343017.jpg

斜め45度です。
写真家さんが撮影すると、少し、ワイルド系になりますね。
d0047461_14355597.jpg

右と左で、少し表情が違いますね。
d0047461_14365575.jpg

ご覧いただき、ありがとうございました。

by violino45 | 2013-04-08 14:40 | 製作記 | Comments(12)