<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大久保さんの展示会のお知らせ。

4月7日の日曜日、私の友人のバイオリン製作家、大久保 治さんが展示会を開催しますので、お知らせいたします。

と言っても、大久保さんの個展というわけではなく、大久保さんが運営しているバイオリン製作教室の生徒さん達が完成させた力作のバイオリンを25台、一堂に展示するという企画です。

大久保さん本人の作品も7台展示されるそうで、分数楽器もあるそうです。

以下、ご本人のブログの告知文をそのままご紹介いたします。

2013年 4月7日(日曜)
午後2時~4時
ルネ小平 レセプションホール(地下) 入場無料

西武新宿線「小平駅」南口下車徒歩2分 (駅前に立ちますと真正面に見えています)

当製作教室にて完成した生徒さんのヴァイオリンを20~25本展示予定。
私 大久保治製作の楽器(分数楽器含む)も7本展示予定。
ほとんどの楽器が演奏出来ます。

2時間しかありませんが、これらの楽器を使ったプロヴァイオリニストによる
ミニコンサート(ピアノ伴奏つき)が後半にございます。
どうぞ散歩がてらお寄りください。



2時間限定とのことですので、お時間等、ご注意くださいませ。

私自身、以前、大久保ヴァイオリン製作教室の生徒さん達の作品試奏会に参加させていただく機会があったのですが、作品の完成度の高さには驚きました。
試奏会には、私のバイオリンも飛び入りで参加したのですが、鳴りの良いバイオリンばかりで、負けそうでした。

今回の展示会では、プロの演奏者による試奏コンサートもあるそうで、きっと、良い楽器の音色を楽しんでいただけると思います。

また、バイオリン製作にご興味がある方、一度作ってみたいと思っていらっしゃる方は、ぜひこの機会に大久保さんや生徒さん達とお話をされてみてはいかがでしょうか?
皆さん、優しい良い方ばかりなので、きっと、親切にいろいろ教えてくれると思いますよ。


以下、ちょっと思い出話です。

思えば、大久保さんと出会ってから17年が過ぎようとしています。
当時、35歳だった私は、バイオリン製作を志したものの、何から始めれば良いのか見当もつかず、途方に暮れていました。

で、とりあえず、職場に一番近いバイオリンショップ、マリオルッチに行ったのですが、その時に出迎えてくれたのが、大久保さんと、当時の店長だった松原さんでした。
このお二人が、その後の私の人生にとって、とても大きな存在になることは、その時は想像もしていませんでした。(松原さんについては、別の機会にまた詳しくご紹介しますね)

当時の私は、バイオリンを触ったこともなかったので、バイオリンショップというものに入るのも初めてでしたし、弦楽器の世界というのはものすごく敷居の高いイメージを持っていたのですが、出迎えてくれたお二人は、とてもフレンドリーな雰囲気で、いきなり、「バイオリン製作を始めたい!」と言い出した私に対して、優しくいろいろと教えてくれたのでした。

思えば、偶然、予備知識が無い状態で飛び込んだお店が、弦楽器業界でも飛び抜けてフレンドリーなお店で、しかも、出迎えてくれたお二人が、穏やかで素晴らしい人間性を持った方だったということが、弦楽器製作を志したばかりの私にとって、最高に幸運なことだったのだと思います。

また、大久保さんは私より3歳年上ですが、当時、都内のバイオリン製作学校を卒業して数年というところで、お店で修理の仕事をしながらバイオリン製作の勉強を続けているとのことで、私にとって理想的な先輩として、いろいろなことを教わることができたのは、NHKの仕事をしながらバイオリン製作の勉強をしていた私にはとてもありがたい状況でした。

そしてなによりも、その飾らない真摯な人柄、真っ直ぐな心に触れたことで、バイオリン製作をする上で一番大切なものは何かを学ぶことができたのが、いまでも私にとって大切な宝物になっています。

その後、イタリアに渡るまでの5年間は、大久保さんが私の家の近くに引っ越してこられたこともあり、しょっちゅうお宅にお邪魔しては、いろいろなことを語り合ったものでした。

大久保さんも、マリオルッチから独立して、製作家としての道を模索していた頃ですし(まだ製作教室は開いていませんでした)、私も、このままNHKで仕事をしながら製作を勉強していくのか、辞めて独立するのか、ほんとうにこの道で生きて行けるのか? 漠然とした不安をかかえながらも、でも、あきらめなければ、なんとかなるのではないかと、夜中までお茶を飲みながら語りあったものでした(二人ともお酒が飲めないので)。

といいつつ、実際のところは、バイオリンの話よりも、共通の趣味のアコースティック・ギターのこととか、猫ちゃんのこととか、楽しい話で時間を忘れていたことの方が多い気がします。
当時の写真です。(大久保さんのブログから拝借しました)
大久保さんご夫妻と、私達夫婦と、この4人で過ごした時間は、今でもかけがえのない想い出になっています。
d0047461_721163.jpg

2001年に私がイタリアに留学してからは、文字どおり遠距離なお付き合いになりましたが、でも、その関係はまったく変わることなく現在に続いています。
年に1~2回の帰国の時には、かならず工房にお邪魔していますし、お茶の水のギターショップを巡るツアーは、どれだけ忙しくても欠かせない大切な儀式?になっています。
d0047461_7293896.jpg

↓この写真は、昨年の11月のものですが、私が持っているバイオリンは、私が大久保さんにお願いして製作していただいた、「ガルネリ・デル・ジェズ」モデルです。
以前から、大久保さんが製作するアンティーク仕上げのバイオリンの雰囲気が好きで、いつかは欲しいなと思っていたのですが、数年前に思い切ってお願いしたのでした。
期待通りに良い雰囲気の楽器で、音も良くて気に入っています。
d0047461_7335693.jpg

大久保さんのブログにて、この楽器の写真が紹介されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kingupuuu/23854604.html


とりとめもなく、失礼しました。
7日の展示会は、私自身、なんとしてでも行きたいところでしたが、帰国予定が合わず、断念しました。
お時間がありましたら、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

2年前の弦楽器フェアでの、大久保さんと、松原さんとの3ショットです。
この3人での写真は、あまり撮影する機会がない貴重な写真ですが、私にとって、二人の恩人とご一緒できるのはとても光栄なことなのです。
d0047461_7423627.jpg

↑背後に、もう一人の恩人である、あの人が写ってますね。
また機会を見つけて、詳しくご紹介しますね。

長くなりましたが、、今日は復活祭なので、、オマケ写真を。
イタリアでは、復活祭にはこのハトの形をしたケーキ(コロンバ)が欠かせません。
d0047461_844267.jpg

今年も、お世話になっている方から、いただきました。
大きいアーモンドがちりばめられています。
d0047461_852681.jpg

紅茶とともに、いただきます。。
d0047461_85592.jpg

by violino45 | 2013-03-31 08:35 | お知らせ | Comments(11)

ウズマキの後頭部と、少しビックリな画像

日本は桜の季節のようですね。
クレモナはまだ冬のように寒いです、、、。
日本の桜を見なくなって12年が過ぎてしまいました。

さて、タイトルにもありますように、ウズマキの作業です。
d0047461_626397.jpg

ウズマキを削り終わったら、後頭部から正面にかけて溝を彫り込んでいきます。
d0047461_6301447.jpg

まず、ノミで溝を二つずつ掘ります。
ラザーリ師匠は、いきなり一つの溝を掘っていきますが、私は怖いのでこのようにしています。
いずれにしても、少しでもはみ出したら、完成したウズマキを破棄することになりますので、慎重に作業します。
d0047461_6303914.jpg

二つの溝をつなげて、一つの溝にしていきます。
d0047461_6312174.jpg

頭頂部のあたりは、幅が狭いので、さらに怖い作業です。
d0047461_632668.jpg

ノミの後は、スクレーパーやヤスリ、サンドペーパーなどを使ってなめらかにしていきます。
この時点では、まだ最終仕上げをしていませんが、一応の完成です。
d0047461_6332383.jpg





さて、タイトルにもありましたが、少しビックリな画像をアップしますので、、、↓ 特に、虫系がお嫌いな方は、見ないほうが良いかもしれませんです。。













実は、先日、工房に来客があったときに、相棒の高橋さんとともに掃除をしていたのですが、その時に、暖房の陰でうずくまっていたのが、彼、スコーピオン君です。
さすがに、日本ではまず見ることのない生物ですので、、ビックリしました。。
d0047461_637317.jpg

ですが、、その大きさは、、、、1ユーロコインと同じくらいです。
d0047461_7393526.jpg

でも、小さくても、ギリシャ神話に登場するほどのサソリ、、、迫力がありますね。
d0047461_7425171.jpg


さて、雰囲気を変えて、、
ベランダにはよくハトがやって来るのですが、ミケにゃんが居ても平気なようです。
d0047461_7444710.jpg

相手にされずに、ご立腹の様子です。
d0047461_7452299.jpg

by violino45 | 2013-03-27 07:51 | 製作記 | Comments(15)

製作記その後と、柱時計。

気がつけば3月も半ば、春が少しずつ近づいていますね。
クレモナも、10度を超える日が多くなり、だいぶ過ごしやすくなってきました。

さて、前回、アーチの完成までご紹介しましたバイオリンですが、表板の厚み出し、バスバーの作業になっております。

バスバーを貼り付けた後、高さ、厚み、そしてカーブの仕方など決めていきます。
d0047461_5555585.jpg

表板の材質にマッチしたバスバーの材料を選ぶのも難しいですが、それを最適な形に削っていくのも、毎回悩むところです。
d0047461_66389.jpg

バスバーが概ね完成したところで、表板の状態を見ながら、厚みの最終調整をしていきます。
表板に合わせてバスバーを仕上げた後に、また表板を修正することは、基準が無くなってしまうような気がしますが、バスバーを貼り付けたことで初めて表板の性質がわかる部分もあるので、こうして、少しずつ、にじり寄っていくことになります。
d0047461_695531.jpg

厚みが仕上がったら、箱を閉じます。
毎回、心の中の自分の声と会話する瞬間です。(ホントに閉じていいの?)
d0047461_6114353.jpg

箱を閉じた後で、エフの横の部分を削って、アーチの最終仕上げになります。
まず、ノミで削り込みます。
d0047461_613988.jpg

ノミで、おおまかに形を仕上げていきます。
エフを切ることで、なぜかアーチのバランスが崩れてしまうことを補正するための作業なのですが、なぜこうなってしまうのか、、、私は論理的には説明できません。
ですが、ここを削り取ることで、やはりバイオリンは美しくなると思いますので、感覚を頼りに仕上げていきます。
d0047461_6164755.jpg

最後に、スクレーパーで仕上げます。
箱を閉じてから作業する理由は、やはり、立体的にどの程度掘り下げるのかを楽器全体のバランスを見ながら感じる必要があるからです。
実際、箱になってからはいろいろな部分が違って見えてきます。
d0047461_6185526.jpg

さて、この数ヶ月間、休暇をとっていなかったことに少し危機感を感じて、先日、久しぶりにアンティーク市(パルマ)に行ってきました。
そこでの戦利品が、タイトルにもありますように、柱時計です。
見た瞬間、とても惹かれるものがあって、、連れて帰ってきてしまいました。
d0047461_6214822.jpg

柱時計に詳しい方は、この形を見て、アメリカのイングラハム社の通称「四つ丸時計」かと思われるかもしれませんが、これは、メーカー不詳のコピーモデルです。
イギリスからの出展者から買いましたので、もしかしたら、イギリス製かもしれません。
オリジナルの「四つ丸時計」には見られない、月桂冠の彫刻が味わいがあって、良い雰囲気です。
d0047461_6274197.jpg

もう一つ気に入ったのは、短針の、ハートの形です(スペード?)。
d0047461_629613.jpg

もちろん、ゼンマイを巻いて、動かします。
柱時計のゼンマイを巻いたのは、何年(何十年)ぶりでしょうか?
d0047461_6302361.jpg

ゆったりと左右に動く振り子を見ながら、いわゆる「チック・タック」という音を聴いていると、デジタルに慣れた生活の中で失いつつあるものをひとつ、なんとなく思い出せるような気がします。
d0047461_634144.jpg

一日に数分遅れますが、そういうものをネガティブに感じないのが、アナログの良さなのかもしれません。
少しずつ、振り子を調整していくのも、楽しみのひとつです。
d0047461_732556.jpg

ひとつ困るのは、時報のゴングの音が大きくて、夜中に近所迷惑になることでしょうか、、。
ゴングを止めてしまうのはもったいないので、ハンマーの部分を調整して、音を小さくしようと画策中です。

by violino45 | 2013-03-13 07:43 | 製作記 | Comments(19)