<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新作と、作業中のヴァイオリン

気がつけば、一月も後半になってしまいました。
クレモナの寒い冬のように、ブログも凍結したままですが、、ご訪問いただける皆様には厚く感謝申し上げます。

先日、ヴァイオリンが一台完成しまして、無事にお客様にお届けできましたので、ご紹介します。
昨年10月のコンクールが終わってから製作を始めた楽器です。
d0047461_8261131.jpg

見た目は、大きな変化はないと思いますが、音作りの点で、コンクール前後の経験をふまえて、若干の修正を加えています。(いつも悩むところではあるのですが)
d0047461_8263080.jpg

エフの表情は、どうでしょうか、、。
d0047461_72244.jpg
d0047461_722213.jpg

ウズマキは、少し変化があるかもしれません。(ワイルド系?)
d0047461_725828.jpg
d0047461_7252285.jpg

さて、昨年末から製作している楽器も、ダイジェストになってしまいますが、製作過程をご紹介します。
横板の貼り付けです。
Primaと書いてあるのは、このモデル(1705年ストラディバリ)の型の一号機という意味です。
その後、製作が重なってしまうことが多くなり、現在は、3号機までありますが、微妙に形が違っています。
でも、それぞれに良い個性があるので、三つとも、気に入って使っています。
d0047461_7313846.jpg

d0047461_73202.jpg

切り抜いた裏板と表板です。
今回の裏板は、少し変化のある虎杢です。
d0047461_734176.jpg

荒削りで骨格を作って、、、
d0047461_7353724.jpg

ミニカンナで肉付けをして、、、
d0047461_736945.jpg

スクレーパーでスキンケア、、というイメージでしょうか。
d0047461_7375028.jpg

厚み出しの、ノミでの荒削りは、筋肉と神経を両方使うので、疲れる作業です。
d0047461_7402332.jpg

ボディを閉じる前、、、内部を見渡せるのはこれが最後です。
次に開けられるのは、何十年後?、、もしかしたら数年後、、、?それは悲しいですね。
d0047461_7432251.jpg

ラベルの数字、、私の通算製作台数です。(フラットマンドリンも含みます)
75というのは、多いような、少ないような、、
とりあえず、目標は100ですね。
d0047461_7461766.jpg

by violino45 | 2013-01-22 07:49 | 製作記 | Comments(8)

今年もよろしくお願いいたします。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も、変わらぬ気持ちで、一台ずつ、良い楽器を目指して製作していきたいと思っております。

ブログの更新が滞っているにもかかわらず、ご訪問いただける皆様にはいつも感謝しております。
今後ともよろしくお願いいたします。
d0047461_20432313.jpg

昨年の年明けに宣言?しましたとおり、前年の最後に製作した楽器のウズマキを賀状のデザインにしております。
今回のウズマキは、昨年の弦楽器フェアで、ガラスケースの中で展示させていただきました楽器のものになります。

一年前のウズマキとは、やはり、微妙に違っているような気がします。
特に意識的に変えているわけではないのですが、その時の精神状態などに影響を受けやすい部分なのだと、あらためて感じます。

ウズマキのデザインの賀状は、今年で3年目になります。
来年以降もお届けできるよう、元気に新年を迎えたいものです。

では、皆様にとって2013年が素晴らしい年となりますことを、心からお祈りいたします。
寒さが厳しい日が続きますが、お風邪などにはお気をつけてお過ごしください。

by violino45 | 2013-01-01 00:00 | 日記 | Comments(8)