<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

追悼、ドック・ワトソン氏

普段、このブログでは、自分の趣味のことはあまり書かないのですが、、、

ですが、40年近く敬愛してきましたアーティストの訃報を耳にしまして、やはり、自分の人生の節目としても書いておくべきと思い、アップしました。

ですので、今回の記事は、少々マニアックな、また個人的な内容となりますことを、あらかじめお伝えしておきます。

d0047461_582278.jpg


ドック・ワトソン氏(享年89歳、2012年5月29日没)を一言で紹介すると、アメリカのトラディショナルなフォークミュージックを卓越したギタープレイ、そして温かいボーカルで紹介し続けたシンガー、ギタリストです。

生まれつきの盲目だったドック氏は、11歳の時に、父親が手作りしてくれたバンジョーがきっかけで音楽に没頭するようになりました。

2年後に初めてギターを演奏した時には、すぐに完璧に弾きこなし、周りを驚かせたそうです。

その後、様々な音楽の影響を受けながらも、一貫して、89歳で亡くなる直前まで、トラディショナルなアメリカ音楽を紹介するスタイルを貫いた、アメリカの人間国宝のような人物です。

d0047461_5264397.jpg


ものすごく簡単に紹介してしまいましたが、、とてもブログで紹介しきれるような人物ではありませんので、、、すみません。。
書くべきことは、100倍あるのですが、、、。

私がドック氏の音楽に出会ったのは、中学生の頃でした。
小学6年生の時、担任のM先生の影響でギターを始めて、その頃は日本のフォークソングなどを演奏していましたが、中学になった頃、FMラジオから流れてきた音楽に耳が釘付けになりまして、、、すぐに録音して、何度も何度も聴いたものですが、いったいどんな弾き方をしているのかすら想像もできないような、自分にとって新しい音楽との出会いでした。

いわゆる、速弾きスタイルのギターだったわけですが、ドック・ワトソンのギターのすごいところは、ただ速いだけではなく、一つ一つの音が生きていて、魂がこもっていると感じたことでした。

まさに、「一音入魂」という言葉がふさわしい演奏に夢中になった私は、寝ても覚めても、、毎日のようにそのギタープレイをコピーしたものでした。

私の拙い文章では、ドック氏の凄さは伝わりませんので、少し動画でご紹介したいと思います。
これは、1991年に録画された、ドック氏自身による教則ビデオの映像なのですが、
ドック氏の代表曲である「ブラック・マウンテン・ラグ」が演奏されています。
私が初めてラジオで聴いたのもこの曲でしたが、、1970年代の当時、こんなビデオが存在したら、狂喜乱舞だったでしょうね、、、。

動画は、ドック氏による曲の説明から始まりますが、この、語りの声がなんとも言えず良いんですよね、、、。(すみません、完全にマニアトークに入ってます)
氏のライブアルバムでは、語りの部分も重要な音楽の要素でした。

曲は4コーラス構成で、転調後の2コーラス目は相棒のジャック・ローレンス氏のソロになっています。
ジャック氏も超優秀なギタリストですが、聴き比べると、ドック氏のギターの音の強さ、太さが分かっていただけるのではないかと思います。



次に、ドック氏のヴォーカルの魅力ということで、これも代表曲である「ディープ・リヴァー・ブルース」です。

ギターは、フィンガーピッキング・スタイルで演奏されています。
これも、ドック・ワトソンを語る上で欠かせない奏法です。
声の暖かみと渋みが、なんとも言えない魅力ですが、さらに、この卓越したグルーヴ感こそが、ドック氏の真骨頂だと思います。



さて、実は、ドック氏の息子さんのマール・ワトソン氏も優秀なギタリストで、70年代から80年代にかけて、親子でのステージ活動をされていました。
77年の来日公演には、私も友人たちと聴きに行って、サインもいただいてきました。
マール氏は、ドック氏の奥様とともに文字どおり、「目」となって手厚くサポートされていたのが印象的でした。
d0047461_11431014.jpg


ですが、1985年、マール氏はトラクターの事故のために亡くなってしまいます。

その悲劇を乗り越えたドック氏は、1988年から、息子さんの名前にちなんだ音楽祭「マール・ワトソン・フェスティバル」を開催して、昨年まで、ご自身も元気な姿で参加されていました。
このフェスティバルは、カントリーミュージック界の最大の祭典として、超一流のミュージシャンが勢揃いすることで有名です。

私も、ぜひ一度は観客として参加したいと思い、毎年、その時期が来ると悩んでいたのですが、、仕事の慌ただしさに負けて、実行に移すことはできませんでした。
そのことが、やはり後悔の念として残っています。
数年前に、ネットでチケットの予約まではしたことがあったのですが、、、、。

マニアックな話題にお付き合いいただき、ありがとうございました。

最後に、私のギターを紹介したいと思います。

ドック氏は、デビュー当時はマーティン社のギターを使っていたのですが、70年代に入ったころに、JW.ギャラガー&サンというギターに出会い、とても気に入って使い続けたことで、ギャラガーギターはドック氏のトレードマークとなりました。
(↑の動画のギターは、、残念ながらギャラガーではありませんです)
d0047461_8251391.jpg


特に、70年代中盤にドック氏とのコラボレーションで生まれた「ドック・ワトソンモデル」は、ドックワトソンファンには憧れのギターでした。

当然、私も欲しかったのですが、来日された70年代当時は高校生でしたし、そもそも、ほとんど日本には輸入もされていないギターでしたので、楽器店で見ることもなかった、まぼろしのギターでした。

時が過ぎ、、、NHKでの仕事も20年が過ぎるころ、私の友人の製作家(&ギター仲間)である大久保さんから突然電話がかかってきて、、「渋谷の楽器店にギャラガーがありますよ~」との知らせでした。
すぐに飛んでいったところ(仕事はどうした?)、そこには、夢にまで見た「ドック・ワトソンモデル」が、、、。

その場で即決でした。。

早速持ち帰って弾いてみると、、、、、
中学~高校の当時、どれだけ真剣にコピーしても、ドック氏のレコードの音にはほど遠い感じだったのですが、、ギターが本物になっただけで、かなりドック氏の音に近づいた気がしたのはビックリでした。
演奏は、、まだまだ、ほど遠いんですけどね。。

その後、クレモナへの留学が迫っていたのですが、最初に買ったこのギャラガーの感動が忘れられず、日本中の楽器屋さんからギャラガーギターを探し出して、あと2台、ドックワトソンモデルを購入してしまいました。
大久保さんには、大雪の中、水戸の楽器屋さんまで一緒に行ったり、、いつもギター探しにはお付き合いいただきましたね。。。ありがとうございました。

苦労して手に入れたギャラガーギターですが、一台は、クレモナにも持ってきています。宝物です。
d0047461_6423889.jpg


今回、私の人生の中で大きな位置を占めていたアーティストの訃報を聞いて、やはり悲しみは大きいのですが、でも、この40年間聴かせていただいた、かけがえのない音楽に感謝しつつ、笑顔で送り出したい気持ちです。

きっと、今ごろは、天国で息子さんと再会して、素敵なセッションをしていることと思います。
d0047461_823448.jpg

by violino45 | 2012-05-31 08:33 | 日記 | Comments(16)

ラザーリ師匠、ご結婚おめでとう!

昨日、5月19日は、ラザーリ師匠の結婚式でした♥

挙式前の、新郎新婦です。
d0047461_12572683.jpg

新婦は、伊東 渚(みぎわ)さんです。
5年ほど前からラザーリさんの工房で弟子として修行されていたのですが、、
いつしか、愛が芽生え、、(以下省略)、、^^。。。というストーリーでございました。。。
d0047461_1323664.jpg

伊東さんは、私の「妹弟子」にあたるわけですが、その仕事ぶりは真摯かつ熱心で、弟子入りして数年でコンクールに入賞するなど、その実力は各方面で認められている、将来が楽しみな製作家です。
d0047461_1382631.jpg

私の「兄弟子」のメンタ君も、奥さんとともに祝福です。嬉しそうですね。
d0047461_1394924.jpg

さて、挙式は、地元の市庁舎(コムーネ)で行われました。
ストラディバリの時代の、貴族の館だったそうで、、とても立派な建物です。
d0047461_13113548.jpg

式場へ、、、緊張の、後ろ姿ですね。
d0047461_13491861.jpg

いよいよですね、、お二人の心境はいかに?
d0047461_1350448.jpg

地元の市長さんが、式の進行を務めます。
d0047461_13521510.jpg

和やかな、良い雰囲気のお二人です。
d0047461_13531964.jpg

こんな感じで、式の進行を皆で見守ります。
d0047461_13542762.jpg

「相手を伴侶として認めるか?」という問いの場面には、やはり、真剣な表情になりますね。
d0047461_13553240.jpg

指輪の交換です。
d0047461_1357626.jpg

幸せそうですね。
d0047461_13573769.jpg

和やかに、時間が過ぎていきます。
d0047461_15462057.jpg

それぞれが、証明書に署名をします。
d0047461_1402065.jpg
d0047461_1405589.jpg

すべて、滞りなく終了です。
d0047461_141267.jpg

挙式前は、緊張して上った階段ですが、今は、落ちついて、手を取り合って、、
夫婦としての、第一歩ですね。
d0047461_145094.jpg

外に出たら、皆が待ってます。
d0047461_1454342.jpg

はい、お約束の、、これですね。。
d0047461_1462415.jpg

むちゃくちゃになっても、手は離さない。。師匠、偉い!
d0047461_1483512.jpg

最高の笑顔ですね。。
d0047461_14103340.jpg

お幸せに!
d0047461_14113062.jpg

by violino45 | 2012-05-20 14:21 | 日記 | Comments(28)

猫ブログ

さて、昨年から、日本に行くたびに、シマにゃんから忘れられてしまってますが、、、でも、今回は比較的短期間でしたので、たぶん大丈夫だと思ったのですが、、、。

おそるおそる声をかけてみると、、、。
d0047461_5164154.jpg

「あんた、だれにゃ?」、、、やっぱり、、;_;。
d0047461_5173157.jpg

「ま、いいにゃ。」、、、、、逃げていかなかっただけでも、、進歩かもです。
d0047461_5185672.jpg

気がつくと、ミケにゃんがこっちを見つめています。 君は大丈夫かな?
d0047461_5194241.jpg

「この人、誰かにゃ?」、、、、だめだこりゃ~;_;。
d0047461_5205787.jpg

by violino45 | 2012-05-19 05:22 | 日記 | Comments(11)

クレモナに戻りました。

先日、クレモナに戻って参りました。
日本でお目にかかることができました皆様に、あらためて感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

さて、この数日、脱力感を感じております。
旅行の疲れと時差ボケはもちろんあるのですが、帰国早々、陳昌鉉さんの訃報が飛び込んできたからです。
享年82歳でした。

一年前の大阪の展示会には参加されて、大変お元気そうなご様子でしたので、今年もお目にかかれるのを楽しみにしていたのですが、今年の展示会は欠席されていまして、心配していたのですが、まさか、その一ヶ月後に訃報を受け取ることになるとは、信じられない気持ちです。

昨年の展示会では、ご自身の楽器を弾かれたお客様に熱心に質問を繰り返していらっしゃったのがとても印象に残っていまして、80歳を超えて、情熱が衰えるどころか、さらに良い楽器を作るための熱意を燃やしておられる様子が伺えて、身が引き締まる思いでした。

伺うところによりますと、亡くなる直前まで、良い楽器を作ることへの夢を語っていらっしゃったとのことでした。

偉大なる先輩を見送るのは辛い気持ちですが、その崇高な精神を見習って良い楽器を目指して精進していくことが、一生を楽器製作に捧げた陳さんへの供養になるのだと思い、製作に励んでいきたいと思っております。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

明日から、通常のブログに戻ります。

by violino45 | 2012-05-18 05:40 | 日記 | Comments(14)

大阪での展示会のご報告

大阪の展示会は無事に終了いたしました。
ご来場いただきました皆様に、あらためて感謝申し上げます。
おかげさまで、たのしい2日間を過ごさせていただきました。

大阪での展示会の様子を、少しだけ写真でご紹介いたします。
会場は、大阪市中央公民館、内装がとても美しい、雰囲気のある建物です。
d0047461_1155162.jpg

今年で4回目を迎えた展示会ですが、昨年以上に沢山のお客様にご来場いただきました。
d0047461_1165233.jpg

私自身、帰国して2日目での展示会で、、まだ時差ぼけが抜けなくて、、十分にご対応できない場面も多かったかと思いますが、温かいお客様のおかげで、無事に2日間を過ごすことができました。
あらためて御礼を申し上げます。
d0047461_1193564.jpg

今回展示したバイオリン2台です。
左側が、先日の番組にて千住さんに弾いていただいたバイオリン、右側は、昨年、コンクールにて11位になったバイオリンです。
演奏されるお客様によって、お好みがそれぞれで、、あらためて、バイオリンの音というのは奥が深いものだと再確認した2日間でした。
d0047461_1215852.jpg

会場には、笹野光昭さんの弓をはじめ、日本人作家のすばらしい作品が並んでいました。
d0047461_1271546.jpg

一日に数回、ヴァイオリンのリサイタルもありまして、美しい音色に癒されました。
d0047461_1282616.jpg
d0047461_1284898.jpg

来年も、4月の20日と21日に展示会が開催されますので、ぜひお越し下さいませ。
d0047461_1312470.jpg

by violino45 | 2012-05-03 01:31 | お知らせ | Comments(21)