<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フェアー後の活動 その1 小学校訪問

弦楽器フェアの後は、宮地楽器さんにお邪魔したり、都内をいろいろ動き回っておりましたが、そんな中、ミラノの日本人学校で知り合った神永先生からのお誘いがあり、小学校にお邪魔してきました。

今回お邪魔したのは、足立区立 千寿常東小学校です。
5年生の音楽の授業に参加させていただき、バイオリン製作のことなど、いろいろお話させていただきました。
写真で、少しご紹介しますね。
d0047461_16143999.jpg

人前で話をするのは、ほんとうに苦手ですので、支離滅裂な説明になりましたが(汗)、皆さん、真剣に聞いてくれて、ほんとうに感謝です。。
d0047461_15302834.jpg

慣れないホワイトボードでの説明も、却って意味不明になったので、途中で止めました@_@。
d0047461_1532129.jpg

製作途中の楽器での説明が、いちばん分かりやすいですね。。(リアル製作記?)
d0047461_153595.jpg

でも、体験していただくのが一番、、ということで、ミニカンナでのアーチの体験コーナーとなりました。
みなさん、意外と上手いのでビックリです。
この中から、将来のライバルが出現するかも?
d0047461_15384627.jpg

せっかくなので、私のバイオリンの音も聴いていただきましょうということで、演奏家の方にも来ていただきました。
萩原園香さんです。
演奏家、そしてバイオリン講師としても活躍されています。
d0047461_15413293.jpg

慣れない私のバイオリンでの演奏で申し訳なかったですが、でも、すばらしい演奏に、みなさん集中して聴いていました。
d0047461_15442591.jpg

最後に、質問コーナーです。
いろいろな鋭い質問が次々と飛び出して、、、かなりシドロモドロではありましたが、なんとかお答えすることができた気がします。
一緒に写っているのは、今回、私を誘っていただいた神永先生です。
d0047461_15544927.jpg

小学5年生というと、まだまだ元気一杯で、無邪気な子供らしさを感じる年頃ですが(みなさん、かわいかったです)、一方で、人生について、生き方について、という話題にも真摯に耳を傾ける姿も印象的でした。

バイオリン製作について、そして私の生き方について、拙い話ではありましたが、少しでも子供たちの胸に残って、将来について考えるきっかけになってくれれば嬉しいです。
またいつか、どこかでお会いしましょうね。
d0047461_16132865.jpg

こちらの、千寿常東小学校のHPでも、別の写真がご覧いただけます。
http://www.adachi.ne.jp/users/adjoto/album2011.html

by violino45 | 2011-11-14 16:00 | 日記 | Comments(9)

弦楽器フェア。 ありがとうございました。

今年も、無事に弦楽器フェアが終了しました。

ご来場いただきましたお客様、まことにありがとうございました。
残念ながらお会いできなかった皆様、ぜひ次回お目にかかれることを願っております。

ちなみに、明日と明後日、12日と13日、「冬のボーナスフェア」を開催中の宮地楽器さんにお邪魔する予定です。
製作コンクールで11位をいただいた新作バイオリンも持参いたしますので、もしご興味がございましたら、ご来店いただければ幸いです。

では、写真にて、宮地楽器さんのブースの様子を少々ご紹介させていただきます。

今年は、展示する楽器の数を増やして、より試奏していただきやすくしました。
d0047461_0433350.jpg

私は、42センチビオラ(右)をはじめ、6台の楽器を展示いたしました。
d0047461_0455252.jpg

おかげさまで、私たちのブースには、3日間、たくさんのお客様にお越しいただきました。
d0047461_0474130.jpg

d0047461_1135439.jpg

今回、プロの演奏者が試奏の代行を行うサービスも実施しましたが、たくさんのお客様にご利用いただきました。
楽器の音色を比較しやすいと、評判でした。
d0047461_05044100.jpg

私自身、たくさんのお客様に楽器を弾いていただき、貴重なご意見を伺うことができました。

弦楽器フェアなどの展示会は、楽器製作コンクールとともに、私にとって、かけがえのない勉強ができる場と考えて、毎年参加させていただいています。

今年も、お客様から貴重なコメントをたくさんいただけましたし、さらに、無言で去っていかれるお客様の様子からも、たくさんの貴重なメッセージをいただいた気がしています。

そんな中から、今の自分に足りないもの、もっと勉強すべきものを見つけ出すきっかけをいただいた3日間だったと感じています。

クレモナに戻って製作を再開するまでにはまだ日がありますが、次に製作をする楽器へのイメージが明確に固まってきましたので、はやくそれを実行に移したい衝動に駆られています。
d0047461_04801.jpg

来年も、会場にてお目にかかれることを、スタッフ一同、お待ちしております。
ありがとうございました。

d0047461_1131599.jpg

by violino45 | 2011-11-11 01:19 | 日記 | Comments(9)