<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

弦楽器フェアでお待ちしています。 +製作記

慌ただしい更新で失礼しております。
今週末に開催されます「弦楽器フェア 2011」に参加させていただくため、明日には帰国いたします。

期間は、11月4日(金)~6日(日)の3日間、10時~18時の開催です。
場所は、科学技術館 (東京都千代田区北の丸公園2-1) 地下鉄の九段下もしくは竹橋が最寄り駅です。

2007年から、宮地楽器さんのブースにて、高橋さん、天野さんとともに展示をさせていただいてきましたが、今年は、5回目という区切りの年になりました。

今回、お気軽に手にとってお試しいただけるように、今まで以上に展示楽器の台数を増やしました。
(計14台、内ビオラ3台)
全ての楽器はご自由に試奏していただけますので、ぜひ、この機会に私達の楽器を弾いていただき、忌憚のないご意見をいただければ幸いです。

また、今回、宮地楽器さんのブースでは、初めての試みとして、プロの演奏家がお客様のリクエストにお応えしながら展示楽器の試奏を代行するサービスを行います。

楽器の練習を始めたばかりで、ご自身では音色の違いを実感できないという方はもちろん、楽器から離れた場所で客観的に音色の違いを較べたいというお客様にも、ぜひご利用いただければと思っております。

宮地楽器さんのHPにて、フェアに関する紹介をされていますので、こちらもぜひご覧ください。
http://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/

私達3人は、3日間とも、フルタイムで宮地楽器さんのブースにて待機しておりますので、フェアにお越しになられましたら、ぜひお気軽にお声をかけていただければ嬉しいです。
会場にてお目にかかれますことを心より楽しみにしております。


さて、私の展示楽器は、以前お知らせいたしました、スロバキアでのコンクールの参加楽器を2台と、製作中だった42センチビオラと1枚板のバイオリン、そして、少し古くなりますが、2005年製のバイオリンと2006年製のビオラの、計6台になります。

今回、42センチビオラと一枚板のバイオリンの写真を撮影しましたので、ご紹介いたします。
まずは、ビオラです。
d0047461_882721.jpg
d0047461_89547.jpg
d0047461_892446.jpg
d0047461_893899.jpg
d0047461_810761.jpg
d0047461_8102455.jpg
d0047461_8112574.jpg
d0047461_8113835.jpg


そして、バイオリンです。
d0047461_8121220.jpg
d0047461_8122986.jpg
d0047461_8124284.jpg
d0047461_8125677.jpg
d0047461_8131523.jpg
d0047461_8133070.jpg
d0047461_8141166.jpg
d0047461_8142766.jpg


さて、弦楽器フェアの楽器も完成したところで、、
次のバイオリンの製作を開始しております。

今回は、いつものストラディバリモデルですが、ご依頼主様からのご要望もありまして、少し細めの虎杢の材料を使っております。
以前製作しましたアマティモデルの時に使った裏板と、同じ丸太から製材した材料だと思われます。
まずは、ハギ合わせをした裏板にカンナをかけます。
d0047461_81919100.jpg

内型にブロックを貼り付け、横板を曲げていきます。
d0047461_8203264.jpg

d0047461_821392.jpg

完成した横板です。
d0047461_8212711.jpg

横板の形をもとに、裏板にバイオリンの形をデザインします。
d0047461_822765.jpg
d0047461_8222462.jpg

このデザインを元に、切り抜いて、バイオリンの形にしていきます。
d0047461_8231731.jpg

ここまでで、とりあえず製作記はお休みです。
続きは、日本から戻ってきた後になると思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、、まだまだ続きます。
モンドムジカにて、私が毎年、購入しようかどうか散々迷って、今年も結局購入できなかった猫メトロノームをご記憶でしょうか?
こちらです。
d0047461_826065.jpg

また来年、会えるまでのお楽しみ、、、と、思っていたのですが、、、
なぜか、突然、私の目の前に現れました!
d0047461_827671.jpg

実は、毎年、私が迷うだけ迷って結局は購入できないことを知ったラザーリ師匠が、見かねて?、フィアンセさんと相談して、プレゼントしてくれたのでした。。
というのも、今年は、このメトロノームを売っているお店が、ラザーリさんのブースの目の前にあったので、私が悩んでいる様子もしっかり見られていたのでした、、、(恥ずかしい、、)。

このメトロノーム、、蝶ネクタイの部分が左右に揺れるような感じで、カワイイです。
動いているところを初めて見て、感動です。
模様が、なんとなく、シマにゃんに似ているかも、、。
d0047461_8364160.jpg

というわけで、さっそく、シマにゃんにもご対面です。
見慣れない物体に、ビビリながらも興味津々です。
d0047461_8381047.jpg
d0047461_8384360.jpg

どうやら、ネクタイの部分よりも、下の重りの部分が気になるようです。
d0047461_8393588.jpg

おっと、腰が引けながらも、猫パンチ、、、危ない危ない、壊れる前に、取り上げです。
d0047461_8405465.jpg

つまらないにゃ。。。。
d0047461_8412840.jpg

長文におつきあい、ありがとうございました。
では、弦楽器フェアの会場にてお待ち申し上げております。
シマにゃんは、またお留守番です。
また忘れられるかな~。。

by violino45 | 2011-10-31 08:42 | お知らせ | Comments(13)

スロバキア・コンクールの楽器の録音

先日、スロバキアでのバイオリン製作コンクールのご報告をいたしましたが、コンクールから戻ってきた楽器を録音しましたので、ご紹介させていただきます。

演奏は、いつものとおり、高橋明さんです。
曲目は、パガニーニの「カンタービレ」の冒頭部分です。

今回は、高画質バージョンでアップしました。
通常は360pで再生されますが、高速度回線をお使いの方は、ぜひ、1080pでのフルスクリーンモードでもお試しください。
明君の表情が、よく分かりますよ~^^。

最初は、私の、11位になったバイオリンです。


次に、私の、7位になったバイオリンです。


そして、高橋さんの、4位になったバイオリンです。


最後に、高橋さんの、2位、シルバーメダルを受賞したバイオリンです。


いかがでしょうか? 微妙な音色の違いをお楽しみいただけましたでしょうか?

今回ご紹介した4本のうち、私の11位と7位のバイオリン、そして、高橋さんの2位のバイオリンを、11月4日からの弦楽器フェアで展示させていただきます。

ご自由に試奏していただけますので、ぜひ実物の楽器で音色の違いを試していただければ嬉しいです。

さて、おまけ動画というわけではないですが、、、、、

高橋さんの2位のバイオリンは、表板にとても美しい蝶杢(ハーゼ)が入っていますので、それを動画で撮影してみました。
音楽は、もちろん、このバイオリンでの高橋さんの演奏です。



今回、録音風景を少し写真に撮りましたので、ご紹介しますね。

まずは、録音したバイオリンたち、左から、明君の2位、4位、菊田の11位、7位の楽器の順番です。
d0047461_839059.jpg

こんな感じで、録音しています。
d0047461_840351.jpg

簡易な機材ですが、マイクの位置などには気をつけて、できるだけ楽器の特徴が出るように録音しています。
d0047461_8425753.jpg

さて、これは本当のおまけ動画です。。
こんな感じで、楽しく録音しています。。


明君、ごめんね~。
d0047461_8455433.jpg

by violino45 | 2011-10-26 08:46 | 動画 | Comments(5)

ホワイトで、バイオリンとビオラ。。

いつもながら、製作記が定期的にアップできずに失礼しております。

最後は駆け足になってしまいましたが、バイオリンと42センチビオラのホワイト状態の写真をご紹介いたします。

まずは、バイオリンです。
スロバキアのコンクールの楽器と同じストラディバリモデルですが、少し、雰囲気を変えて製作した部分があります。
ほんのわずかな違いですが、、
d0047461_5271859.jpg

裏板は、端正な一枚板です。
派手な雰囲気ではありませんが、落ち着いた、良い虎杢だと思います。
d0047461_5285889.jpg

では、各部をご覧ください。
d0047461_5294964.jpg
d0047461_530539.jpg
d0047461_5302530.jpg
d0047461_5304470.jpg
d0047461_531366.jpg
d0047461_5312681.jpg
d0047461_5315139.jpg
d0047461_532914.jpg


続いて、42センチビオラです。
大きくゆったりとした雰囲気と、繊細な部分を併せ持った、良いモデルだと思います。
d0047461_5343088.jpg

すみません、ホワイトで撮影するのを忘れていて、下塗りを塗り始めたところで気がついて撮影しましたので、少し色がついてます。
この色は、下塗りの、さらに準備段階その1というところで、まあ、「秘伝のたれ」といったところです。
d0047461_5365455.jpg

では、各部をご覧ください。
d0047461_539037.jpg
d0047461_5393667.jpg
d0047461_5395471.jpg
d0047461_540195.jpg
d0047461_5403755.jpg
d0047461_5405974.jpg
d0047461_5411619.jpg
d0047461_5413856.jpg


シマにゃんは、その後、抗生物質の投与が続いてますが、今のところ、状態は落ち着いているようです。
来週、病院で検査しますが、良くなっていることを祈りたいです。
最近、クレモナも寒くなったので、温かいところで寝ていることが多い、シマにゃんです。
前回の丸とは逆巻きですね~。。
d0047461_5494684.jpg

by violino45 | 2011-10-22 05:49 | 製作記 | Comments(2)

ひさびさの製作記、、

モンドムジカの後、急激に気温が低下したこともありまして、みごとに風邪をひいてしまいまして、絶不調の数日を過ごしております。

これくらいで風邪をひいてしまうのは、やはり、日頃の鍛錬が足りないせいですね。。

長らく間が空いてしまいましたが、製作記を更新させていただきます。
最近、ビオラ&バイオリンで1セットのような製作記になっておりましたが、、今回も、そんな感じです。

ビオラは、エフを開けました。
初めての42センチビオラなので、エフも初めてのモデルになるのですが、どうしても、今までのバイオリンと同じような印象になるように自動修正してしまうようです。
でも、多少は違う雰囲気にはなっていると思います。
d0047461_655558.jpg

さて、ウズマキの作業です。
ウズマキのモデルは、41センチのものをそのまま使います。
ネックの長さは、5ミリほど長くなります。
d0047461_6575912.jpg

モデル通りに切り出したところで、正確に中心線を書いて、左右対称になるようにデザインしていきます。
d0047461_6591345.jpg

d0047461_744969.jpg

のこぎりで切り出した後、ミニカンナでペグボックスの形を整えます。
d0047461_701627.jpg

1週目のウズマキが終わったところです。
d0047461_705320.jpg

2週目をのこぎりでおおまかに切り出します。
d0047461_714116.jpg

とりあえず、ウズマキの完成です。(飛ばしすぎですね、、すみません)
d0047461_73145.jpg

後頭部を削り出します。
d0047461_735112.jpg

あごの下も、ノミで削り出します。
この作業、「耳をすませば」で、セイジ君がバイオリンを作る場面でやっていた作業ですね。
セイジ君は、簡単そうに削っていますが、、、実際は、あんなに軽くは削れないのです、、、。
d0047461_76338.jpg

さて、バイオリンですが、ネックをボディに仕込んだ後の、ボタン部分についてご紹介します。
ネックを仕込んだ直後は、こうなっています。
d0047461_775086.jpg

まずは、おおまかに、ノミで削っていきます。
d0047461_783632.jpg

そして、ナイフを使って、ヒール部分とネック部分をつなげていきます。
この作業、バイオリン製作の中で、怪我をしやすい作業部門の上位に入ると思います。
d0047461_7103286.jpg

大まかに形ができあがったら、ヤスリで整えていきます。
d0047461_7114072.jpg

最後に、スクレーパーやサンドペーパーなども使って、仕上げます。
この部分、ハイポジションを演奏する時に親指が乗る大切な箇所ですので、サイズなどは厳密に仕上げますが、バイオリン製作の常として、見た目の美しさも重要なポイントになってきます。
d0047461_7143985.jpg

さて、シマにゃんもご無沙汰していますが、実は、最近、受難が続いております。
3月に保護した時には完全に塞がっていた耳ですが、その後、抗生物質やポリープの切除などでかなり回復していたのですが、全快していたわけではなくて、毎日、耳への2回ずつの投薬が日課になっていました。

夏の間は、それでも調子が良かったのですが、少し寒くなってきたら、薬では追いつかないほどに、耳の状態が悪くなってきましたので、ふたたび、獣医さんにお世話になることになりました。

獣医さんと相談した結果、全身麻酔をかけて、ポリープを取り切ったほうが良いということになり、シマにゃん、一日入院することになりました。

入院とは言っても、朝預けて、夕方引き取りに行ったのですが、まだ麻酔が完全に覚めていなくて、フラフラのシマにゃん、、、一日、心細い思いをさせてごめんね。

獣医さんによると、ほぼすべてのポリープを取ったそうですが、完全とはいかないらしく、また再発する可能性が高いとのことでした。
どうやら、この病気とは長いつきあいになりそうな感じです。
でも、悪性のものではないようなので、一安心ではありました。

これは、モンドムジカの前に、楽器の調整中のところに、飛び乗ってきたところ。
d0047461_7281842.jpg

そして、チェロケースの、一番不安定なところが、なぜかお気に入りなシマにゃん。
d0047461_7291648.jpg

工房の屋上に、いつのまにか高橋明君の食虫植物園ができているのですが、、、
その一角でネコ草を育てて、シマにゃんにプレゼントしてくれました。
d0047461_7312996.jpg

明さん、ありがとにゃ!
d0047461_732779.jpg

そして、最後に、昨日病院から戻ってきたシマにゃんです。
疲れ果てて、一日中寝ていました。
いままでで、最も丸い寝姿です。
d0047461_7334616.jpg

by violino45 | 2011-10-14 07:34 | 製作記 | Comments(14)

モンドムジカのご報告

先週末、クレモナ・モンドムジカが無事に終了いたしました。
ご報告が遅くなり、失礼しました。
疲れが一気に出まして、、、月曜日と火曜日はほとんど寝込んでおりました。
少々長くなりますが、、写真にてご紹介させていただきます。

おなじみになりました赤い絨毯の会場です。
今年は、例年より規模が小さくなった感じがしました。
d0047461_2343164.jpg

私たちのブースはほぼ昨年どおりの感じでセッティングしました。
変更点は、ショーケースからガラスを取り払ったことで、楽器が見やすくなり、手にも取りやすくなりました。
左から、アレッサンドロ・メンタ、菊田、高橋、のバイオリンです。
d0047461_23452267.jpg

私の、先日のコンクールで11位になったバイオリンです。
7位になったバイオリンは、すでにお客様に届けてしまいました。
d0047461_23473089.jpg

d0047461_23475517.jpg

この写真は2日目の私ですが、すでに、疲れてますね、、、
今回、クレモナはとても暑くて、夏のような気候で、、少し動くと汗が噴き出すような感じでした。
d0047461_091874.jpg

シルバーメダルに輝いた、高橋さんのバイオリンです。
表彰状も、一緒に展示されました。
d0047461_23492227.jpg
d0047461_23494584.jpg

こちらは、アレッサンドロ・メンタ君のバイオリンです。
コンクールでは、6位という成績でした。
d0047461_23504780.jpg

ポスターや、ポストカードも昨年通りの配置です。(芸が無い?)
d0047461_2352657.jpg
d0047461_23522132.jpg
d0047461_2352342.jpg

ブースの前で、私とメンタ君の師匠のニコラ・ラザーリさんと一緒に、記念撮影です。
d0047461_003251.jpg

思えば、ラザーリ師匠に初めて声をかけたのは、このモンドムジカの会場でした。
2001年にクレモナに来てから、1年間イタリア語を勉強して、緊張しながらも勇気を出して声をかけたのですが、すばらしい師匠に習うことができて、本当に幸せなクレモナ生活でした。
師匠にはあらためて感謝しています。
今回、ラザーリ師匠の展示楽器をじっくりと見ながら、まだまだ私の目標は遙か遠いところに存在していることを実感しました。これからも、さらに精進していきたいと思います。
d0047461_055999.jpg

では、少々面白い展示もありましたので、ご紹介します。
こちらは、馬車?ではなく、チェロ車、ですね。
d0047461_0104892.jpg

八百屋さん、? と思ったら、、。
d0047461_0114355.jpg

バイオリンだけではなくて、こういう材料も売ってます。(欲しいかも)
d0047461_0122777.jpg

こちらは、超小型パイプオルガンです。
d0047461_0132783.jpg
d0047461_0134212.jpg

バイオリンの内部を見られる内視鏡カメラもありました。
d0047461_0145365.jpg

天才と呼ばれながら若くして亡くなった、バルザリーニ氏のバイオリンも展示されていました。
普段はめったに見ることができませんので、貴重な機会だったと思います。
d0047461_0173616.jpg
d0047461_017579.jpg

ガダニーニの楽器を集めた特別展示もありました。
こういう催しも、モンドムジカならではですね。
d0047461_0191021.jpg

かと思えば、、、こんな大安売りの楽器が積まれていたり、、、
修理の勉強用に購入される方が多いと思いますが、元気になってまた音楽を奏でて欲しいものです。
d0047461_0202558.jpg

こういう変わった楽器も見られるのも、モンドムジカの魅力です。
これは、コルネットバイオリンですね。
d0047461_0211461.jpg

こんな弓もありました。
d0047461_0214983.jpg

実物大の弓写真を載せた巨大な書籍や、、
d0047461_023717.jpg

こちらは、なんと、実物大のチェロの書籍です。。
持ち運びは、無理ですね。。
d0047461_024634.jpg

今年も、たくさんの楽器用材料のお店が出店していました。
d0047461_0244420.jpg

会場内では、いたるところで、材料を選んでいる若者たちの姿を見かけます。
良い材料を選ぶことも、大切な製作技術の一つですので、失敗を繰り返しながら学んでいきます。
私もかなりの授業料を払ってきましたし、誰もが通る道ではありますね。
d0047461_0271147.jpg

私が親交のある代官山音楽院の卒業生たちも、ヨーロッパに留学して、製作者への(イバラの)道を歩みつつあります。
がんばっている姿を見ると、心から応援したいと思います。
d0047461_0312377.jpg

ブースに戻ると、アレッサンドロ・メンタ君の奥様と、今年生まれたばかりのお嬢さんが来ていました。
d0047461_033089.jpg

お父さんの作ったバイオリンに、興味津々のようです。
将来は、製作家になるのでしょうか?
d0047461_034454.jpg

さて、毎年恒例になりました、ネコのメトロノームですが、今年も出会うことができました。
今年は、ゲットする気で見に行ったりしたのですが、そういうときに限ってお店の人が忙しかったりして、タイミングが合わず、結局、連れて帰ることは出来ませんでした。
やはり、モンドムジカの会場で出会うだけという運命なのかもしれませんね~。
また来年、会いましょうね。。
d0047461_0373613.jpg

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。
今回は、長くなりましたので、シマにゃんはお休みです。
いよいよ10月になりましたね。
季節の変わり目、お風邪などにはお気をつけてお過ごしくださいませ。
d0047461_0395775.jpg

by violino45 | 2011-10-05 00:40 | 日記 | Comments(10)