<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ウズマキ、あれこれ。

ウズマキ、スクロール、いろいろ言い方がありますが、イタリア語では、「テスタ」とか「キョッチョラ」とかの言い方があります。

「テスタ」は、頭という意味です。
車の名前の、テスタロッサは、赤い頭という意味ですね。
エンジンの上部が、赤く塗られているのが名前の由来だそうです。

「キヨッチョラ」は、そのまま、カタツムリ、ですね。
ちなみに、@も、キヨッチョラと言います。

さて、ウズマキの胴体の部分は、のこぎりで切り出した後、ミニかんなで整えます。
このミニかんなは、アーチを削るものと違って、底が平らになっています。
この、胴体の部分も、バイオリンの造形を美しくする大切な場所ですので、慎重に仕上げます。
d0047461_632593.jpg

ウズマキの、一周目を削っている途中です。
d0047461_643460.jpg

一周目が仕上がったら、のこぎりで、2周目を切っていきます。
ここでしくじったら、、最初からやり直しですので、少し緊張します。
d0047461_664389.jpg

ノミで、形を整えていきます。
d0047461_673877.jpg

このあたりの作業は、いったん音作りから解放されて、造形に集中できますので、楽しい時間ではありますが、逆に、デザイン的なセンスを問われますので、別なプレッシャーもかかってきます。
音楽を奏でる道具である楽器を製作しているのですが、でも、こうした音に関係ない部分も、まったく同じこだわりを持って取り組んでいるのが、バイオリン製作者ではあります。
この部分だけで、コンクールの審査をするくらいですからね。
とりあえず完成したウズマキです。
d0047461_6152795.jpg

ウズマキの完成と前後して、ネックの、親指が当たる部分を作ります。
d0047461_6163684.jpg

ノミでざっくりと削ってから、、
d0047461_6172298.jpg

小刀やヤスリで仕上げていきます。
d0047461_6181613.jpg

この部分は、音には影響しませんが、指が当たる部分ですので、とてもデリケートな感覚で仕上げますし、見た目も美しくというのがやはり大切です。
d0047461_6202644.jpg

後ろから見た造形は、ストラドモデルならストラドらしく見えるように仕上げますが、これが、また難しく、丸くなりすぎたり、扁平になったりと、、まだまだ師匠のように仕上げるには修行が必要だと感じています。
d0047461_6234233.jpg

そして、ウズマキの背中を彫り込んでいきます。
ウズマキは、作業の後半になるほど危険な作業が増えてきます。
ここではみ出したら、、今までの作業がすべて水の泡ですので、少し余白を多めに取って削り、ヤスリなどで仕上げていくことになります。
d0047461_627423.jpg

シマにゃんが、いきなり作業台の上にジャンプしてきたのにはビックリしました。
いままで、バイオリンや私の仕事にはまったく興味が無いように見えていたのですが、何をコソコソとしているのか、気になったのでしょうね。
でも、何もおもしろい物がないと分かると、すぐに降りて行ってしまいました。
d0047461_6291147.jpg

でも、3月に保護した時は、ジャンプどころか箱の中からも出られないくらいでしたので、ここまで回復したのは本当に嬉しいことです。
こちらは、先日、爪を研いでボロボロになった発泡スチロールに、紙を貼ってシマにゃん用のベッドにしたものです。
最初は不満だったようですが、丸くなって寝るにはちょうど良いようです。
d0047461_6335612.jpg

でも、ソファで寝るのがやっぱり一番のようです。。
では、おやすみにゃさい。
d0047461_6345649.jpg

by violino45 | 2011-07-27 06:35 | 製作記 | Comments(12)

エフ、、バスバー、そして、シマにゃん

前回の更新から日が空いてしまいました。
クレモナにも、本格的な夏が来ましたようで、時差ボケがなかなか治らないうちに、夏バテになってしまいました。

例年ですと、そろそろ室内型エアコン(通称、ペンギン君)を稼働させる時期ではあるのですが、今年は、まだ扇風機だけでしのいでおります。

といいますのも、今年はエアコン未経験のシマにゃんが居ますので、急激に冷やすのは良くない気がしているのと、なにより、経済的な理由、そして、日本の皆様が節電で大変な思いをされているのに、これぐらいの暑さでエアコンを使うのは申し訳ない気がすることもあり、今年は、できるだけ扇風機だけで過ごそうかと思っております。

でも、シマにゃんも、かなり暑そうですし、私自身も、ダウンして製作ができなくなってしまっては意味が無いですので、限界が来たら、ペンギン君のお世話になるとは思っております。

さて、お祝いコメントもいただいておりましたが、今週は、私の誕生日でありました。

1961年生まれですので、ちょうど、50になる計算ですね。

区切りというか、やはり、特別な感じがする数字ではありますので、、いろいろ思うこともありましたが、この年齢まで無事に生きてこられたという幸運に、感謝したいという気持ちが大きいです。

若年の頃(いつごろ?)は、50才くらいの人はとても落ち着いて見えて、すべての物事に対して、確固たる自信を持って向き合っているように見えたものですが、いざ、自分がその年齢になってみると、そういうイメージとはほど遠くて、20代のころの自分と精神的にはほとんど変わっていないような気がしているのは、気のせいでしょうか?

いろいろ思い悩み、自分の行動には自信が無くて、ああすれば良かったと、後から後悔したり、くよくよ考えたり、反省したり、こういうことの繰り返しの50年だった気がしています。

でも、最近になって変わってきたと思うことは、そういう、反省したり、くよくよしている自分を否定せず、ありのままに受け入れられるようになってきた気がしています。

人が人として成長していくためには、反省したり思い悩んでいくことが不可欠だと思うのですが、若い頃は、なぜかそういう自分をネガティブに感じて、自分を変えていこうという気持ちもあったような記憶があります。

でも、ある頃から、後悔や反省する気持ちを、前進するエネルギーに変えていくことが、自然にできるようになってきた気がしています。(いつもそうではありませんが)

とはいえ、まだまだ、人間的に成長しなければいけないと思うことが山積みというか、、、生きている限り修行は続くのだと思いますが、でも、そう感じることが楽しく思えるというのは、とても幸せなことなのだと思っています。

惑い続けた40代が終わり、天命を知るにはほど遠い50才ではありますが、これからも、自分が信じた道を歩き続けていきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


夏バテの中ですが、製作は少しずつ続けております。
表板は、アーチと厚み出し、そしてエフも完成しております。
d0047461_527579.jpg

50代最初のエフ、、、心境の変化は現れていますでしょうか?
d0047461_5274222.jpg

エフの両側の部分は、少し彫り込みます。
まず、丸ノミで掘ってから、スクレーパーなどで仕上げていきます。
d0047461_528744.jpg

d0047461_5284398.jpg

この部分のアーチが、エフを開けることによって変化するということについて、私は明確な理由を知りませんが、ストラディバリスタイルの楽器を製作する場合、とても重要なポイントになってきます。
たしかに、ここを彫り込むことで、アーチとエフが溶け込んで、しっくりときます。
d0047461_5291522.jpg

バスバーを貼り付けて、削っていきます。
楽器の音に、ものすごく影響を与える大切な部分なのですが、楽器の音を聞きながら作業できないというジレンマに苦しむ仕事ではあります。
d0047461_5294819.jpg

魂柱や駒は、簡単に交換できますが、バスバーは、、、、新作の場合、よほどのことが無い限り交換はしませんので、、、良い音が出るように、祈りながら削っております。
d0047461_530834.jpg

さて、夏バテ気味のシマにゃんですが、元気です。
電動工具を入れてあった箱の中の、発泡スチロールがお気に入りです。
爪の感触が良いにゃ。
d0047461_5312823.jpg

d0047461_5331474.jpg

なんか、白い物がいっぱい出てきたにゃ。
d0047461_534497.jpg

なんか、変だにゃ。
d0047461_5352364.jpg

このあと、このまま家の中を歩き回り、、、大変なことになりました@_@。

by violino45 | 2011-07-16 05:35 | 製作記 | Comments(13)

天敵?

なんとなく最近、猫ブログのようになってしまいましたが、そろそろ、製作記に戻ろうかと思っていたところに、事件は起こりました。

最近ご近所に引っ越してきた人が、仔猫を飼うことになったのですが、その矢先、どうしてもローマに行く必要があるとかで、数日間、うちで預かることになったのです。

いまだに情緒不安定気味なシマにゃんのことを考えると、どうかな?と思ったのですが、我が家の猫おばさん(失礼)は、猫のことで困った人が居ると、すべて引き受けてしまうのでした。

この仔猫(ちびシマ)は、おそらく生後2ヶ月くらいの、遊びたい盛りで、自分の尻尾を追いかけてグルグル回ってしまうような、疲れを知らない仔猫です。
なぜか、チェロケースの上がお気に入りです。
d0047461_6383436.jpg

遊ぶだけ遊んでは、また良く寝ます。
d0047461_6392576.jpg

人間が見る限り、文句なく可愛い猫なのですが、、、シマにゃんはどういう反応をするでしょうか?
d0047461_6413068.jpg

早速、近寄ってきましたが、、、
d0047461_6424437.jpg

あまり反応は良くありません、、(やっぱり)
d0047461_6444853.jpg

ちびシマのほうは、シマにゃんのことが気になって仕方ないようで、近寄っていきます。
「おねえさん、遊んでにゃ」
d0047461_6461216.jpg

「あんた、それ以上近づいたら、痛い思いをするにゃよ」
d0047461_649764.jpg

「こ、こわいにゃ」
d0047461_6495925.jpg

「びしっ!(猫パンチ)」
「ふぎゃ@_@」

、、、、、、、、、、、、、

「こわかったにゃ」
d0047461_6521294.jpg

「10年早いにゃ」
d0047461_6544768.jpg

「でも、ちょっとかわいそうだったかにゃ(反省)」
d0047461_6554976.jpg

という調子で、3日間、常に緊迫した状況が続きまして、、、間に入った私たちが、一番疲れました。

シマにゃんは、本当のところ、どうやら、ちびシマが怖かったようです。
もしかして、もうしばらく一緒に暮らしたら、仲良くなれる日が来たのかもしれませんが、、、
残念ながら、ちびシマは帰宅していきました。


シマにゃん、、もうあの子はいないから、大丈夫だよ~。
あ、またグレてます、、。
d0047461_703059.jpg



さて、このままでは、ほんとうに猫ブログになってしまいますので、、製作記も少々。
時差ボケと戦いながら、次のバイオリンを製作しております。
今回は、いつもの、ストラドモデルです。
日本での、いろいろな経験を胸に、さらに良い楽器を目指してアーチを削っています。
d0047461_73075.jpg

d0047461_733849.jpg

アーチを削っていると、ある時点で、なかなか良い感じになってきたかな?と思う瞬間があるのですが、、それは、勘違いであることが多いです。
勢いよく削って、なんとなく良い形になったと思っても、それは、まだきちんとアーチの形を感じていないだけということが良くあります。
d0047461_7133376.jpg

そういうときは、しばらく休んで、じっくりと腰を据えて取り組んでいくと、少しずつ形が見えてきますので、本当の戦いはそれから始まるということが多いです。
でも、結果的に良いアーチに仕上がるかどうかは、また別の問題なのですけれどね。
師匠のラザーリさんがいつも言っている、「アーチはミステリーだ」という意味が、最近、良く分かるようになってきました。
d0047461_7135225.jpg

by violino45 | 2011-07-03 07:14 | 製作記 | Comments(28)