<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニス塗り経過と、カテドラル、横板製作

ニス塗りも少し進んで、前回に比べて色が濃くなってきました。
d0047461_724625.jpg

この頃になると、色ムラを取る作業、「リタッチ」が必要になってきます。

アルコールニスは、絵の具やペンキと違って透明の液体(アルコール)に色が付いたものですので、例えば、完成までに30回塗り重ねたとして、1回目のニスは最後まで消えることはなくて、常に見えています。

なので、もし、ある時点である場所に、濃い色が付いてしまうと、それが最後までムラとして見えるわけです。

ムラになる理由は様々ですが、毎回、ハケに均一にニスを含ませることが難しいことと、バイオリンは複雑な曲面でできていますので、場所によって、ハケに加わる力を一定にすることが難しいことが主な原因だと思います。

塗りやすい場所はどんどん色が付いて濃くなりますし、ハケがスムースに動きづらい場所は、塗っているつもりでも、色がなかなか乗らずに白いままだったりします。

このムラを取るには、一つは、濃い部分のニスを根気よくはがす方法もありますが、多くの場合、色の薄い場所にニスを塗って、濃い部分に合わせていく作業が一般的です。

この作業では、いきなり濃い色のニスで塗りつぶすようにしてしまうと、さらにムラがひどくなって、収拾がつかなくなることがありますので、あまり濃くないニスを少しずつ重ねていきますが、アルコールニスは下の面を溶かしますので、しつこく2度塗りすると、逆にニスが溶けてしまって、一気にその部分が白くなったりします。
適度なリタッチ作業では、一度リタッチしてもほとんど何も変わらないのですが、そこをグッと我慢して、根気よく時間をかけて作業していくことが、リタッチを成功させる唯一の方法だと思います。

この辺りの説明は、なかなか一般的には分かりづらいと思いますが、一度でもアルコールニスを塗ったことがある方でしたら、実感されることだと思います。

こうして、ニスはリタッチをしながら、少しずつ色が濃くなっていくわけですが、あまりにも機械的にムラを無くしてしまうと、完成した楽器は平面的で、奥行きの感じない仕上がりになってしまうことがありますので、ニス塗りはなかなか奥が深くて難しいです。

たとえば、風景画を描く時に、晴れた空だからと、空色の絵の具を使って一色で塗りつぶしてしまったら、まったく奥行きの無い絵になってしまいますが、それと同じことかもしれません。

色の濃さや、色合い、そのほかいろいろな要素が微妙に揺らぐことで、暖かみのあるニスの楽器になると思います。
ただ、揺らぎと、ムラ、その違いはどのあたりにあるのか、、、非常に難しい問題ですし、単なる、色の濃さのばらつきとは違う、ある意味芸術的なセンスも必要だと思いますし、木材の加工以上に、製作者の性格や人間性のようなものが出てしまう部分のような気もしています。

私が、ラザーリ師匠の楽器に魅せられて、クレモナまで来てしまったのも、やはり、彼のニスの仕上げを勉強したいという理由が大きかったです。

長々とニスについて書きましたが、ニスは、美観だけではなくて、音や、耐久性、他にも沢山の要素を追求しなければいけませんので、書き始めると、ブログではとても足りないというところが正直なところです。
でも、本を書けるほどの知識も経験も無いので、、、とりあえず、時々、思いついたことを書いていこうと思っています。

さて、カテドラルですが、横板の貼付けです。
前回貼付けたブロック材を、横板の形に削ります。
d0047461_742087.jpg

ベンディングアイロンで、横板を曲げます。
手前に黒く見えているのが、アイロンです。
触ると、熱いです、、というか、やけどをします。。
d0047461_7433159.jpg

当て木をあてて、クランプで締め付けます。
このあたりの方法は、流派によっていろいろあるようです。
d0047461_745165.jpg

センター部分が、完成です。
d0047461_7455097.jpg

その後で、上下部分のブロックを削り、横板を曲げて貼付けて、横板の完成です。
あ、何か居ますね。
d0047461_747442.jpg

天使、、ですが、なぜかバンジョーを弾いていますね。
さらに、ノリノリです。
d0047461_7475713.jpg

おまけ画像は、こちらです。
子供の頃、実家の隣が駄菓子屋だったので、お小遣いをもらうと、すぐに何かを買いに行っていましたが、、定番は、これでした。
d0047461_7501961.jpg

実はこれ、友人のバイオリン製作家、大久保さんから先日、駄菓子屋さんグッズを大量に送っていただいたのですが、、その中の一つです。
全てが懐かしいものでしたが、この、クッピーラムネは、やはり、昭和中期世代にとっては、前田のクラッカーとともに、思い出の品ではないでしょうか?(もしかして、名古屋地区限定?)

by violino45 | 2011-02-20 07:55 | 製作記 | Comments(14)

カテドラル 型の製作

前回は、薄板モデル製作までをご紹介しました。

その、モデルを使って、内型を作ります。

まず、板に半身のアウトラインを描きます。
d0047461_648725.jpg

千枚通しを使って、深く描きます。
d0047461_6484410.jpg

そして、左右対称になるように、反対側を描きます。
d0047461_649411.jpg

これで、はじめて、バイオリンの全体像を見ることができました。
d0047461_6505814.jpg

内型は、このアウトラインから、横板の厚みと、横板からのはみ出し部分を引き算した大きさになりますので、計算上は3.5ミリぐらい小さくなるのですが、誤差などを考えて、4ミリ小さくすることが多いです。
ケガキコンパスで、4ミリ内側に線を引いていきます。
d0047461_6541296.jpg

コーナーブロックや、上下のブロックを貼付ける部分を描いて、デザインの終了です。
d0047461_6562187.jpg

線の通りに切り取り、正確に直角を出して、内型の完成です。
写真は、すでにブロックを貼付けたところです。
ふたたび、バイオリンの姿はどこかに行ってしまいました、、、。
d0047461_6584571.jpg

先日ホワイトで完成したバイオリンは、現在ニスぬり中ですが、まだまだ色は薄いです。
でも、これからニスを塗り重ねていくと、急に濃くなる瞬間があるので、そのあたりの見極めが難しいところです。
d0047461_75759.jpg

by violino45 | 2011-02-07 07:06 | 製作記 | Comments(12)