<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新しいバイオリンの、モデル

ホワイトバイオリンが完成して、ニス塗りに入りましたので、次のバイオリンの製作に入ります。

今回は、ご依頼主様からのリクエストがありまして、1707年製のストラディバリ、「カテドラル」をモデルに製作することになりました。

ラザーリ師匠に習い始めた2003年以降、ストラディバリモデルとしては、1703年モデルと、最近はずっと1705年モデルを作り続けてきましたので、それ以外のストラディバリモデルのヴァイオリンを製作するのは、7年ぶりになります。

「カテドラル」、といえば、私とBSジャパンの番組でご一緒いただきました川久保さんが長年愛用されていたストラディバリということで有名ですが、今回、その楽器をモデルに製作できるということは光栄ですし、また、畏れ多いことでもありますが、昨年末からの心境の変化?もあったこの時期に新しいモデルに挑戦できるということは、やはり良い機会だと思いますので、良い楽器ができますよう、精進したいと思っております。

実際に製作するにあたり、モデルとする写真が必要なのですが、この楽器の実物大の写真が手に入らず、困っていたところに、友人のい〜ぐるさんが所有されている書籍に少し小さめの写真が載っていたことを思い出し、高画質でスキャンして送っていただきました。
ありがとうございました。
d0047461_638451.jpg

この、カテドラルですが、1707年製作ということで、いわゆる黄金期の楽器に比べて、全体に丸みを帯びていますし、ボディのセンターバウツ、いわゆる「C」の部分がとても細い楽器です。
たとえば、黄金期を代表する、「クレモネーゼ」と比較すると、5ミリほどこの部分が細いです。
上下の部分の幅は、あまり変わりませんので、プロポーション的に、変化の大きい楽器になります。
全体のシルエットとしては、ストラディバリの中でも美しい楽器として有名な、1704年製の「ベッツ」に良く似ていますので、もしかしたら、同じ型を使って製作されたのかもしれません。

さて、写真が手に入ったので、コピーする作業に入るのですが、今回は、裏板の左側の半分をコピーして、左右対称に広げる方法にしました。
もちろん、実物の楽器は、300年の間にかなりすり減って、アウトラインが変形していますので、その部分は、パーフリングのラインを参考にして、再現していきます。
こうして、モデルとして切り抜いたものが、こちらです。
d0047461_6564152.jpg

モデルをコピーするといっても、物理的なコピーはアウトラインだけですので、ずいぶんあっさりとしたものになってしまいますが、、、でも、この、アウトラインが少しずれただけで楽器の印象は大きく変わりますので、とても重要な作業になります。
ですが、アウトラインをコピーしただけでは、カテドラルの雰囲気にはなりませんので、写真を見ながら、いかにしてその雰囲気を再現するかが、製作のポイントになってきます。
d0047461_7141847.jpg

左側(緑色)が、いつも使っている、1705年のモデルです。
ラザーリ師匠から受け継いだ宝物のモデルなので、一生使い続けると思いますが、今回の、カテドラルも、ストラディバリモデルのバリエーションとして、私のレパートリーとなればと思っています。
それにしても、、並べて見ても、ほんのわずかの違いですね。

今日は、取り急ぎ、ご紹介までということで、、このへんで。。
次回は、型の製作と横板をご紹介します。

by violino45 | 2011-01-29 07:14 | 製作記 | Comments(6)

今年1台目のホワイトバイオリン

このところ、昔を振り返ったりしておりましたが、、
仕事も、少しずつ進めていました。
でも、体調も思わしくなかったこともありまして、予定を大幅に過ぎてしまっての、ホワイトの完成となりました。
これから、ニスを塗っていきます。
d0047461_7121487.jpg

一度だけ、製作途中をご紹介した、裏板です。
d0047461_7134569.jpg

表板は、少し年輪が強い材料を使いました。
d0047461_7145510.jpg

エフは、どんな表情でしょうか? 心境の変化が出ているような、そうでないような、、。
d0047461_715255.jpg

d0047461_7161946.jpg

d0047461_7164034.jpg

コーナーの部分は、今までよりもさらに少しだけ丸みを帯びているかもしれません。
d0047461_7174572.jpg

d0047461_718492.jpg

ウズマキは、少しワイルド系に戻った気がしています。
ほんの少しですが、、。
d0047461_7194434.jpg

d0047461_720173.jpg

d0047461_7202292.jpg

峰くん系のノリノリ天使も祝福してくれています。(たぶん)
d0047461_7221015.jpg

by violino45 | 2011-01-25 07:22 | 製作記 | Comments(10)

いろいろ、更新中、、。

新しい年になりましたので、ブログも模様替えしてみました。

猫の顔のアップなので、、あまり変わった感じはしないですが、、。

少し幅が広くなったので、いままでよりも大きめの写真を載せられるようになりました、、
(アラが目立つ、、?)

ブログは、たいした更新ではないのですが、、本体のホームページのほうを、現在、大引っ越し中です。
「菊田ヴァイオリン工房ホームページは」、2005年にオープンしましてから、大変ご愛顧をいただいてきましたが、もともとコンピューターは得意ではないことに加え、サイト作成ソフトが私には本格的過ぎて使いこなせないことも手伝って更新が滞っておりましたところに、、年末にコンピュータが自爆しまして、新しいハードを買い求めたら、その本格的なソフトは使えなくなってしまいました。

なので、これを機会に、本格的なソフトを使わずに操作できるホームページに移転しようと思い立ちました。

とりあえず、練習も含めて作成したサイトが、こちらです
まだまだ、簡易的な雰囲気が漂っていますが、これから少しずつ内容を膨らませていければと考えております。

リンクなど、まだ工事中の部分が多く、相互リンクさせていただいている方にはご迷惑をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。

サイトの完成度が十分になりましたら、相互リンクさせていただいている方にはあらためてご挨拶させていただきます。

ただ、当面、古いホームページの方も残しておりますので、こちらの方も引き続きよろしくお願いいたします。

ちなみに、新しいハードは、10年ぶりのMACです。
この話題は、またあらためて、、、。

では、今後とも拙ブログと拙ホームページをよろしくお願いいたします。

菊田 浩

by violino45 | 2011-01-18 08:55 | お知らせ | Comments(8)

たまには昔の、、、

早いもので、1月も半ばになってしまいましたが、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。

製作記はなかなか更新できませんが、もう少ししたら新しいネタとともに再開させていただこうと思っております。

今日は、タイトルの通り、少し昔の仕事のことを書いてみたいと思います。

唐突な展開ではありますが、、今まで、あえて避けてきたというわけではないのですが、前職を退職して、クレモナに来てからというもの、あまりにも前だけを見続けて走り過ぎてきた気もして、ここに来て少し精神的な余裕が無くなっている自分に気がついたということもあり、、少し昔の自分を振り返ることで、新しい発想も生まれてくることもあるかと思ったのです。

こう考えるきっかけとなったのは、実は、11月の弦楽器フェアの直後に、以前の職場を10年ぶりに訪ねることになったことがあります。

高橋明さんのブログではすでにご紹介いただいていますが、弦楽器フェアに参加していたイタリア人製作家3人を東京見物に案内したのですが、私の以前の仕事場を見てみたいというリクエストにお答えして、以前の同僚のご厚意で、見学させていただくことになりました。
写真は、建物前での記念写真です。
まさか、自分がこの場所でイタリア人と記念写真をとることになるとは、10年前には考えてもいなかったことでした。
d0047461_5483251.jpg

建物の中は、10年前とほとんど変わっていませんでしたが、、
入り口のセキュリティがものすごく厳しくなったことと、いたるところに大きな水槽のような喫煙所ができていたことが、時代の流れを感じました。

10年ぶりの職場を歩いていると、当時のいろいろな思いがよみがえってきて、、胸が痛くなるのを感じました。

そして、当時、かなり頻繁に音楽録音をしたスタジオに入ると、もうだめでした。
同行したイタリア人には申し訳なかったですが、一人、別世界に入ってしまいました。。
d0047461_6302168.jpg

d0047461_630466.jpg

辛かったことや楽しかったことの記憶が、一気に押し寄せてきて、、ウルウルしてしまって、、恥ずかしかったです。
自分でも、ここまでとは思っていなかったので、、意外ではありましたが、、やはり、録音エンジニアとして仕事をしていた時間というのは、私にとって大きな存在で、それは消えることはないということをあらためて実感しました。

写真は、ミクサーの前に座らせてもらった時のものです。
現役時代は、100本以上のボリュームスライドが目の前に並んでいても、平気で触っていたものですが、、、このときは、恐れ多くてまったく手を触れることもできませんでした。
d0047461_6131865.jpg


こんな出来事がありまして、、少し心境の変化といいますか、、今まで前職のことはまったく書かずにいたこのブログですが、今後は少しずつご紹介していこうかと思うようになりました。
主に懺悔話が多くなりそうな予感ですが、、、。

とりあえず、写真を1枚、、。
これは、別のスタジオですが、おそらく、室内楽を録音しているときのスナップです。
まだ、ミクサーも古い時代のものですね。
私自身は、たぶん、30代前半の頃だと思います。
もちろん、バイオリン製作を始めるずっと前で、、、音楽録音にすべてを注いでいたころです。
でも、こうして、バイオリンなどの楽器の良い音を聴き続けたことは、やはり今の仕事の助けになっているのは確かだと思います。
d0047461_6222215.jpg

とりあえず、第一回はこのあたりで、、、。

今後も、思いついた時にランダムにご紹介したいと思っています。。
失礼いたしました。

製作記も少しだけ。。
現在製作中の裏板です。
スタンダードな、2枚板です。
天使も、Sオケ峰君状態で、ごきげん?です、、
d0047461_62547100.jpg

by violino45 | 2011-01-12 06:32 | 日記 | Comments(10)

今年もよろしくお願いいたします。

d0047461_01231100.jpg

皆様、あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
ブログの方はなかなか更新もままならない状況ですが、たくさんの方に定期的にご覧いただき、まことにありがとうございます。
今年も、少しずつではありますが、更新を続けさせていただこうと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

昨年までのオールスター・キャラクターによる賀状は、少々限界を超えてしまった気がしていましたので、、、今年は、シンプルな賀状にさせていただきました。
昨年、最後に製作したウズマキのショットです。

さて、今年最初に聴いた音楽は、バッハの「ゴールドベルグ変奏曲」でした。
演奏は、グレン・グールドさん、1955年の録音です。

この曲、最初に聴いたのは20歳ころの気がするのですが、その時に強烈な印象を受けて以降、何かの節目の時には必ず聴いてきたような気がします。

グレン・グールドさんの演奏には、他にも1981年の録音版もあって、愛好家の間でも好みが分かれているようですが、私が最初に聴いたのは実は81年版の方でした。

その力強い響きに圧倒されて以降、精神的に落ち込んだ時などに聴くと、立ち直る助けになってくれたCDでありましたし、もし無人島に1枚だけ持って行けるCDという問いがあったら、迷わずにこのCDを選ぶという時期が長く続きました。

当時は、1955年版の方も好きではありましたが、少しあっさりした感じが物足りなくて、81年版の方を聴くことが圧倒的に多かったのですが、、最近、なぜか好みが少し変わってきて、55年版の方を聴くことが増えたのは、自分でも不思議な気がしています。

でも、81年版の方ももちろん大好きですし、これからもこの2枚のCDは、私の精神安定剤としていつでも傍らに存在していくことと思います。

年始早々、ピアノの話題になってしまいました。。
これも、心境の変化の現れでしょうか、、。

by violino45 | 2011-01-02 00:44 | 日記 | Comments(8)