<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ミッテンバルトに行ってきました。(かなりの長文です、、)

コンクールも無事に?終わりまして、楽器を引き取るためにミッテンバルトに行ってきました。
コンクールの会場は、山がきれいに見える絶好の場所でした。
d0047461_1442461.jpg

まずは、3人で記念撮影です。
d0047461_14432793.jpg

展示は、ガラスケースの中にしっかりと楽器が納められていて、安全ではありますが、トリエンナーレのように手にとって楽器を見ることができず、また、ガラスに光が反射して、あまり良く見えない状況でした。
d0047461_14454951.jpg

d0047461_14463592.jpg

チェロも、たくさん展示されていました。
d0047461_14471313.jpg

弓の製作コンクールも同時に行われました。
d0047461_144912.jpg

こちらが、1位無しの最上位を獲得したバイオリンです。
私や、クレモナの仲間が目指すスタイルとは違う方向性の楽器でしたが、精密に作られた、良い楽器でした。
音が聴けなかったのが、残念です。
d0047461_14514567.jpg

こちらが、私の楽器です。(無事で良かった、、、)
提出から一ヶ月間、、どんな気持ちで過ごしたのでしょうか、、、、物言わぬ彼。。
d0047461_14534874.jpg

とりあえず、、記念撮影です。
400キロの道のりを運転した直後なので、、疲れてますね。
d0047461_1455190.jpg

こちらは、4位になった高橋明さんの楽器です。
d0047461_1551374.jpg

そして、9位に入った、百瀬さんの楽器はこちら。
d0047461_15531599.jpg

あれ、、こんなところで材料を選んでいる人たちが、、、。
はい、会場内に、臨時で木材販売所ができていまして、、気持ちはすでにそちらのほうに、、。
d0047461_1457926.jpg

展示会も終わり、楽器も無事に受け取れたので、少し町を見学です。
ショーウィンドウには、チロル地方の民族衣装?などが売られていました。
d0047461_14592650.jpg

こちらは、巨匠、ヨーゼフ・カントゥーシャさんのご自宅兼工房です。
d0047461_151865.jpg

看板もオシャレですね。
d0047461_1513396.jpg

壁には、禁断の果実ならぬ、禁断のバイオリンを手にしてしまう瞬間のアダムとイブが、、、、。
d0047461_1525169.jpg

このオシャレな看板は、楽器博物館です。
d0047461_1544689.jpg

d0047461_155536.jpg

良き時代の、工房が再現されていて、雰囲気がありますね。
d0047461_156715.jpg

普段、名前を聞くことの少ない製作家の作品を見られるのは、貴重な体験です。
d0047461_1572790.jpg

当時の道具などもそのまま展示されていて、勉強になります。
d0047461_1583469.jpg
d0047461_159123.jpg

これは、ヤコブ・シュタイナーのバイオリンです。
この楽器を見るだけでも、ミッテンバルトに来た価値があると思える、繊細で美しい楽器でした。
d0047461_15125871.jpg

ウズマキも、きれいです。
d0047461_15132949.jpg

そして、こちらは、ミッテンバルトのバイオリン製作の歴史を作った偉大な製作家、マティアス・クロッツのバイオリンです。
d0047461_15163181.jpg

ウズマキも、迫力があってすばらしいです。
d0047461_15171312.jpg

ほかには、こんな、ラブリーな楽器や、、、
d0047461_15445757.jpg

悲しげな表情のウズマキの楽器も展示されていました、、
d0047461_15185416.jpg

さて、、天気も良いので、、ロープウェイに乗ることにしました。
d0047461_15195549.jpg

明君は、高いところは苦手なようです。。(私もですが)
d0047461_15205325.jpg

10分後、いよいよ到着です。
ミッテンバルトの街並みが、小さく見えます。
d0047461_1522247.jpg

ほぼ山頂、、岩山に囲まれて、最高の景色です。
d0047461_15231237.jpg

明君は、これ以上先には行けないようです。。
d0047461_15235878.jpg

私も、ここまでが限界です。。
ミッテンバルトという地名(森の中?)という意味がよく分かる景色でした。
d0047461_15254058.jpg

見上げると、まだ山頂には距離がありますが、これ以上は、登山の装備でないと危険なようです。
中央に見える黒い人影は、仲間の百瀬君です。チャレンジャーです。
d0047461_15273464.jpg

思えば、昨年のトリエンナーレの時も、自転車で山に登りましたし、、コンクール参加と山登りには何か縁があるのかもしれません。
確かに、こうして大自然に身を置いていると、点数や順位で一喜一憂している自分たちが、とても小さな存在ということにあらためて気がつく瞬間ではありますね。
と同時に、、こんな急斜面にロープウエイを作ってしまう、人間のすごさも実感したひと時ではありました。
d0047461_15322128.jpg

下界におりると、また煩悩がよみがえります。
さっそく、材料屋さんへ、、、。
気持ちは、すでに次のバイオリンへと向かっている3人でした。
d0047461_15345072.jpg

少しだけ、今回の参加バイオリンの画像をご紹介します。
詳しくは、またあらためて、、動画とご一緒に紹介する予定です。
長文にお付き合いいただき、まことにありがとうございました。。
d0047461_15362015.jpg

d0047461_15365366.jpg
d0047461_15371250.jpg
d0047461_1537287.jpg

by violino45 | 2010-06-20 15:38 | 日記 | Comments(16)