<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ガルネリモデル、「イザイ」の製作

久しぶりの、製作記です。

いままで、ストラドモデル以外のバイオリンは、ガルネリ・カノン砲モデル、アマティモデル、ガリンベルティモデルなどに挑戦してきましたが、今回取り組むのは再びガルネリモデルで、「イザイ」というニックネームで呼ばれている、1740年製作の楽器です。
d0047461_6303151.jpg

イザイは、ベルギーのヴァイオリニストで、無伴奏バイオリンソナタなどの名曲を残した作曲家でもありますが、そのイザイが生前愛用していたガルネリ・デル・ジェズ製作のバイオリンが、今回のモデルになります。

以前製作したカノン砲は1742年の作品ですから、2年間の差があるわけですが、イザイはカノン砲に比べて、全体的に穏やかな印象を私は受けます。
ですが、やはりガルネリ・デル・ジェズ、、、ストラドの端正な表情と比べると、迫力がありますね。
d0047461_6475074.jpg

d0047461_652424.jpg

エフ孔も、左右でかなり印象が違いますので、コピーモデルを製作する場合、悩むところです。

カノン砲やアマティを製作した時もそうでしたが、私の場合、完全コピーを目指すのではなくて、その作品が持つ基本的なアウトラインと雰囲気を私の製作スタイルの中に取り込んで融合させるのが製作ポリシーですので、今回も、基本的なラインはオリジナルからトレースしますが、左右対称なデザインに修正する予定です。

まず、原寸大のポスターの、裏板のラインをトレースして、薄板モデルを製作します。
この薄板モデルがすべての基本になりますので、慎重に、時間をかけて製作します。
一見、単純作業にも見えますが、この作業で、いかにオリジナルの楽器のエッセンスを自分のものにできるかで、最終的な楽器の仕上がりが大きく違ってくる、大切な作業です。
d0047461_72718.jpg

完成した薄板モデルを基準にして、内型のラインを引き、切り取ります。
この作業でも、意外と誤差が出やすく、鉛筆のラインだけを信じて作業していると、知らない間に微妙にラインがずれてきて、別の楽器のような印象になることがありますので、常に目でラインを確認して仕上げていきます。
d0047461_751626.jpg

内型の完成です。
これで、コピーモデル製作の最初の難関をくぐりぬけたことになりますが、これで本当にokだったのか、まだこの時点では答えは出ていませんので、しばらくは落ち着かない時間を過ごすわけです。
d0047461_771321.jpg

当面、製作記はこの楽器をご紹介していきます。
なかなか更新ペースは上がりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

by violino45 | 2010-03-21 07:08 | 製作記 | Comments(16)

40cmビオラ完成。

以前、ホワイトでご紹介しましたビオラが完成しましたので、写真をご紹介します。
そして、高橋明さんの試奏ビデオも久しぶりに挑戦してみました。

前回の、アマティモデルバイオリンの時は、部屋が響き過ぎていたのですが、今回は、工房の設備が良い吸音材となって、適度な響きになったと思います。

では、まず、高橋さんの演奏からお聴きください。
バイオリン用の曲ですが、タイスの瞑想曲をビオラで弾いていただきました。




楽器の写真をいくつかご紹介します。
d0047461_7204096.jpg
d0047461_7205013.jpg
d0047461_721158.jpg
d0047461_7211511.jpg
d0047461_7212943.jpg
d0047461_7214028.jpg
d0047461_7215176.jpg


ご覧いただき、ありがとうございました。
また新しい楽器が完成しましたら、できるだけ動画でもご紹介したいと思っておりますが、すべての楽器のご紹介は難しい状況です。

次は、ぜひ高橋さんの新作楽器をご紹介したいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

by violino45 | 2010-03-11 07:16 | 製作記 | Comments(8)