<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ビオラ40センチ

もう、桜の開花も間近、というか、、咲き始めているところもあるのでは、、、、。
クレモナも、だいぶ過ごしやすくなってきました。

2001年にクレモナに来てから、桜の季節には帰国していませんので、日本の桜並木を見なくなって8年目になります。
東京に住んでいたころは、自宅の前が桜並木でしたので、、4月になると、きれいな桜を見ながら駅まで通勤していたことを懐かしく思い出します。

職場の皆さんとお花見をしたことも、楽しい思い出です、、、皆さん、お元気でしょうか、、?

さて、ノスタルジーはこのくらいにして、、、

今、いろいろな都合で、何台かの楽器を並行して製作しておりまして、、そのうちの一台が、40センチのビオラです。
ラザーリ師匠は、40センチと40.5センチのビオラのモデルを持っているのですが、40.5センチの方がスタイルが良くて気に入っているということで、、40.5センチのモデルを5ミリだけ短く修正して使わせていただくことにしました。

私が修正した40センチのモデルは、ラザーリさんも気に入ったので、、今後は師匠も、40センチのビオラの場合はこのモデルを使うことになりそうです、、、、といいつつ、、ビオラを作る予定はあるのかな、、、?

内型に、横板を貼ります。。。この時点では、まだビオラのシルエットは見えてきません。
d0047461_62283.jpg

裏板は、あまり傾いていないトラ杢ですが、、深みのある良い表情をしています。
d0047461_645870.jpg

横板の形に合わせて、切り抜きます。
d0047461_68689.jpg

ここで、はじめて、楽器のシルエットが見えてきます。
つまり、5ミリ短く修正したことによる影響を、目で見て確認できたというわけです。
全体のバランスも良く、美しい楽器になりそうです。
d0047461_693865.jpg

荒削りのあと、ミニカンナでアーチを整えます。
d0047461_610399.jpg
d0047461_6105511.jpg

トラ杢が深く、欠けやすいので、、、大きく削る段階ではクシ歯のミニカンナを使います。
d0047461_6123222.jpg

タンデムなら、荒れた上り坂も苦にならない、、、はず、、、。
d0047461_6145234.jpg

by violino45 | 2009-03-18 06:16 | 製作記 | Comments(25)

アマティ、、ホワイトで完成

早いもので、3月になってしまいました。
ここのところ余裕がなく、更新が滞って失礼していたにもかかわらず、たくさんの方にご覧いただき、感謝しております。

また、アゴラ2月号の発売では、たくさんの方にJALプラザに足を運んでいただきありがとうございました。
在庫不足でご迷惑をおかけすることもありましたが、皆様にご覧いただけて私も本当に嬉しく思っております。
内容に関して、いろいろご質問いただくこともありましたので、今後、機会を見つけて、ご説明させていただく場を設けたいと思っております。

さて、製作を進めておりました、アマティモデルのバイオリンも、ホワイトで完成しております。
製作記が途中で滞ってしまい、失礼しました。

d0047461_711390.jpg

アマティらしい、柔らかく華奢でいて、、でも力強い、独特の雰囲気が出ていますでしょうか?
d0047461_7125564.jpg

こちらが、見本とした、オリジナルのアマティです。
裏板からモデルをコピーしましたので、若干シルエットが違っていますね。
d0047461_714385.jpg

アマティの雰囲気が出るように、アーチはかなり工夫しました。
d0047461_7164557.jpg

d0047461_717987.jpg

d0047461_717464.jpg

エフ、そしてコーナーの雰囲気は、柔らかく、丸く仕上げています。
d0047461_718492.jpg

d0047461_8163873.jpg
d0047461_7191838.jpg

ウズマキは、ストラドモデルよりも一回り小さく、繊細な雰囲気なのですが、、アマティらしくするのは難しく、小さいストラドのような感じになってしまいました。
d0047461_8194798.jpg

d0047461_8201314.jpg

両師匠、、いかがでしょうか?
まだまだだね、、(テニプリ風)
d0047461_823433.jpg

by violino45 | 2009-03-04 08:22 | 製作記 | Comments(22)