<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アゴラ(JALグループ機内誌)のおしらせ

JAL国際線のファーストクラス機内誌、「アゴラ (Agora) 2月号」にて、私をご紹介いただけることになりました。
d0047461_4401431.jpg

記事は、「われら地球人」という、世界で活躍している日本人を紹介するコーナーです。
その193回目として私を取材いただいたわけですが、、、とても光栄に感じるとともに、いままで紹介されてきた歴代の皆様のことを思うと、畏れ多い気もいたします。

この雑誌、とても写真が綺麗なのですが、今回、取材を受けて、その理由が分かりました。
撮影されたのは、世界で活躍されているベテラン写真家さん(熊瀬川 紀さん)で、しかも、この「われら地球人」のコーナーでは、画質にこだわって、フィルム撮影にこだわっているとのことでした。
なので、取材の間中、常にフィルムカメラのシャッター音と巻き上げ音が聞こえてきて、、、気分はモデルさんです、、、。(たぶん、一生に一度の経験です)

そして、取材は、数々の作品に定評がある画家でもあるジャーナリスト、長谷川満さんにしていただきました。
長谷川さんは、民放テレビ局のディレクターを経験されていることから、私とも相通じる点も多かったですし、今回も、とても絵画的な、美しい文章で私の人生を伝えていただきました。

見開きで8ページ、大きな写真でご紹介いただいております。
お恥ずかしいですが、、、たくさんの方にご覧いただければ嬉しいです。


ただ、、、、

この雑誌、、冒頭で書きましたように、、、JAL国際線「ファーストクラス」の機内誌なのです。。
もちろん、私もいまだに搭乗した経験はありませんです、、、。

この雑誌をご覧いただくための方法は、以下の3つです。。。

①2月中に、JAL国際線、ファーストクラスにご搭乗いただく、、、、、(もれなくゲットです)。

②1月中に、JALカードの「CLUB-A会員」にご入会いただく、、、(年会費、10500円ですが、毎月、Agoraや、年末にはJALカレンダーが送付されます)

③2月中に、「JALプラザ」にてご購入いただく、、、、。(定価420円です。)
ですが、、東京・有楽町、もしくは大阪・梅田のJALプラザ、2店舗でのみの販売になります。

一般の書店では、販売されません。。。
申し訳ございませんです。。

東京、もしくは大阪にお住まいの方は、もしJALプラザにお立ち寄りの際は、ご覧いただければ幸いです。

アゴラの紹介サイトは、こちらです

JALプラザ(有楽町)の案内は、こちらです、。
JALプラザ(梅田)の場所は、こちらです、。

JALカード「CLUB-A」のご案内は、こちらです。



さて、アマティモデルの製作は、アーチの荒削り、そしてアウトラインに進んでいます。
d0047461_4211481.jpg

アマティモデルの特徴は、一言で言うと、「全体に丸い」となります。
後期ストラドは、全体に角ばった印象で、その迫力を表現するのが難しいですが、ニコロ・アマティは対照的に、丸く、可愛らしく仕上げなければアマティの雰囲気が出ませんので、また別の難しさがあります。
ヤスリで、コーナー部分を丁寧に仕上げます。
d0047461_4245392.jpg

アウトラインが仕上がりました。
つい、今までの感覚で、無意識にストラド的なラインに修正しようとする自分と闘いながら、なんとか仕上がりました。
d0047461_4265572.jpg

特に、センター部分は、後期ストラドとは雰囲気が違うので、難しいです。
d0047461_4281981.jpg

by violino45 | 2009-01-16 04:33 | お知らせ | Comments(18)

バイオリンの盗難

新年早々、物騒なタイトルですみません。。。

私のバイオリンのことではないのですが、、、、。

実は、私の友人の製作家、岩井孝夫さん製作のバイオリン(2008年製)が、盗難にあいました。

盗難といいましても、お店から盗まれたのではなく、レンタル貸出をした相手の連絡先が偽りだったということで、、、一か月以上経過しても楽器が戻って来ず、連絡も取れない状況だそうです。

詳しい顛末、そして楽器の特徴は、下記の岩井さんのHPに書かれておりますので、ごらんいただければ幸いです。
http://www.d1.dion.ne.jp/~luccio/tonanviolin.html

この楽器を、楽器店、もしくはネット上などで見かけられた場合、お手数ですが岩井さんにご一報をいただければ幸いです。
岩井さんの連絡先は、こちらです。
http://www.d1.dion.ne.jp/~luccio/annai.html

同じ楽器製作者として、なんとも心痛む事件ですが、早期解決を祈っております。

2ヶ月間、心血を注いで完成した楽器は、製品ではありますが、やはり身を削って誕生させた分身だと思います。
金銭的損害も大きいですが、やはり、路頭に迷ってしまった楽器の行く末を思うと、こういうことはあってはならないと思います。

当事者の方が、この記事をご覧になったら、、速やかにご返却いただければと思います。


さて、暗い話ばかりでは良くないので、、、
次のバイオリンは、ニコロ・アマティモデルで製作します。

ニコロ・アマティ(1596~1684)は、バイオリンの形を完成させた一人とされるアンドレア・アマティ(1525~1611)の孫にあたり、ストラディバリの師匠でもあります。
その、柔らかく繊細なラインは、後期ストラディバリの力強さとは違った美しさがあります。

私が、日本で製作修行していた時代、スタイルで悩んでいた時、一度、アマティスタイルで製作することを先輩から勧められたことがあります。
曲線のやわらかい美しさ、繊細さを学ぶにはちょうど良いというアドバイスでした。
でも、その時は、その言葉が持つ真の意味を理解することができず、ストラディバリの持つ力強さを追い求め続けたまま、クレモナに渡り、今日まできてしまいました。

ニコロ・アマティという名前に、恐れのようなものを感じ、二の足を踏んでいたのかもしれません。

でも、クレモナの伝統スタイルを深く理解するためには、アマティを避けては通れないのは事実なので、ちょうど、小型の楽器をリクエストいただいたこともあり、ニコロ・アマティモデルへの挑戦となりました。

ニコロ・アマティの楽器は、たくさんの写真が存在しますので、モデルにする楽器を選ぶのは迷うところですが、日本で製作していた頃から壁に貼っていたポスターの、1666年の楽器が見慣れていて、好きな楽器なので、この写真からコピーすることにしました。
d0047461_7295540.jpg

写真をもとに、薄板のモデルを作ります。
d0047461_7313213.jpg

横板と、裏板、表板のはみ出しを計算して、薄板モデルより4mm程度小さい内型をつくります。
d0047461_7332973.jpg

大きさの関係は、こうなります。
d0047461_7365411.jpg

内型に、横板を曲げて貼り付けます。
d0047461_73862.jpg

d0047461_7383243.jpg

裏板は、アマティモデルに良く見られるように、細かいトラ杢の材料を選んでみました。
d0047461_7403764.jpg

横板も、トラ杢が合う材料を探しました。
d0047461_7421626.jpg

これからしばらくは、アマティモデルでの製作記になります。
どんな楽器に仕上がるのか楽しみな反面、初めてのモデルはいつも怖さが半分です。

by violino45 | 2009-01-10 07:43 | お知らせ | Comments(18)

ホワイトバイオリン

皆様、良いお正月を過ごされましたでしょうか?

といいつつ、、、すでに9日、、、一年の1/40も過ぎてしまいましたね、、、。
のんびりしてはいられません、、、(根拠なしです。)

なので、というわけでもないのですが、、ホワイトバイオリンの完成です。
今回の作品も、いろいろ悩みましたが、、、それが良い方向に出ていることを信じております。
d0047461_6273086.jpg
d0047461_6275834.jpg

今回の表板は、少し広めの年輪ですね。
どんな音になるのでしょうか。
d0047461_630186.jpg

d0047461_6304181.jpg

裏板も広めの年輪、そして広めのトラ杢です。
特に理由はないのですが、、意識して使ってみました。
d0047461_6322538.jpg
d0047461_6324127.jpg

ウズマキは、ワイルド&マイルド、、、、この数年で一番変化が大きい部分かもしれません、
今年も、さらなる挑戦をしていきたいと思っています。
d0047461_6355890.jpg

d0047461_6362192.jpg

今年も、少しずつですが、製作記も更新していきたいと思いますので、お気軽に覗いていただければ嬉しいです。

by violino45 | 2009-01-09 06:37 | 製作記 | Comments(2)

今年もよろしくお願いいたします。。

新年のご挨拶が遅くなり、、失礼いたしました。

旧年中は、更新も滞っていたにもかかわらず、たくさんの皆様にお越しいただき、本当にありがとうございました。
今年も、少しずつではありますが、新しい情報をお届けできればと思っておりますので、、よろしくお願いいたします。

皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

d0047461_19513528.jpg

毎年、、混雑していきますね、、、。
写真をクリックすると、少し大きくなりますです。

by violino45 | 2009-01-02 19:53 | 日記 | Comments(16)