<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無事?放送終わりました。 (製作記、追加しました)

放送が無事に終了しました。
大変お騒がせしましたが、おかげさまで良い番組に仕上がっていたようです。

私がこの番組を見ることができるのは、後日、DVDが届いてからになりますが、ご覧いただいたご感想を、お気軽にコメントいただければ幸いです。

d0047461_15162457.jpg

川久保賜紀さんの公式HPはこちらです。
http://www.japanarts.co.jp/html/JA_artists/violin_viola/kawakubo_1115/pro.html

製作は、豆カンナで、アーチを削っています。
番組にも登場した(たぶん)豆カンナと同じものです。
この段階で、ほぼアーチは仕上がりますが、でも、まだいろいろと悩んで修正します。
d0047461_1628498.jpg

d0047461_16303672.jpg

仕上げは、スクレーパーです。
表面を滑らかに仕上げながら、微妙にカーブも修正していきます。
d0047461_16343114.jpg

仕上がりました。
このあと、裏側を削って厚みを出しますので、アーチはもう修正ができません。
ですので、納得がいくまで、丁寧に仕上げることが大切になってきます。
d0047461_16363251.jpg

by violino45 | 2008-07-26 08:31 | お知らせ | Comments(50)

テレビ番組のお知らせ 第3弾 と製作記

あと2日で放送となりましたが、25日(金)の日本経済新聞(夕刊)にて、この番組が紹介されるそうです。
川久保さんのインタビューが掲載されますので、ぜひご覧ください。

d0047461_15162457.jpg

放送は、BSジャパン(BSデジタル放送)で、7月26日の土曜日、夜9時~10時55分の予定です。

BSジャパンさんのHPで、詳しい番組のお知らせがご覧いただけます。
http://www.bs-j.co.jp/violin/

宮地楽器さんのHPでも、ご紹介いただいています。
http://strings.miyajimusic.jp/

川久保賜紀さんの公式HPはこちらです。
http://www.japanarts.co.jp/html/JA_artists/violin_viola/kawakubo_1115/pro.html

製作は、パーフリングです。
専用のカッターで、2本の線を引きます。(これ、毎回、腱鞘炎になりそうです)
d0047461_6375525.jpg

カッターの線をガイドに、幅1ミリ強、深さ2ミリの溝を彫ります。
道具は、1ミリ幅の、小さい平ノミです。
d0047461_639369.jpg

コーナー部分は、綺麗に入れるのが難しいです。
とりあえず、、、ここで休憩、、、。
d0047461_6405930.jpg

by violino45 | 2008-07-24 06:50 | お知らせ | Comments(8)

テレビ番組のお知らせ、第2弾。 と製作記。

 追記: BS JAPAN さんのHPで、詳しい番組のお知らせがご覧いただけます。
            
http://www.bs-j.co.jp/violin/

d0047461_15162457.jpg

放送は、BSジャパン(BSデジタル放送)で、7月26日の土曜日、夜9時~10時55分の予定です。

ストラディバリの時代から続くバイオリン製作の伝統、そして現代のクレモナの製作家たちの情熱を描いた2時間番組で、出演はバイオリニストの川久保賜紀さんです。

最近まで10年以上ストラディバリを演奏してきた川久保さんが、その忘れられない音色を求めて訪れたクレモナの地で見つけた「大切なもの」とは、、、、?


さて何でしょう?^^

ぜひ番組でお確かめくださいませ。


川久保さんは、2002年のチャイコフスキーコンクールで最高位(1位なしの2位)を獲得されていまして、ジャンルは違いますが、同じコンクールの舞台で戦った、同志です。

その川久保さんをクレモナの街にご案内する中で、私も、自分の楽器製作への思いを再確認するきっかけになりました。

川久保さんは、演奏家として、そして一人の人間として、とても魅力的な方でしたので、ぜひ、たくさんの方にこの番組をご覧いただければ嬉しいです。

私は、いつもどおり画面上で固まっていますが、、、、、。

もちろん、天野さん、高橋明さんのお二人も登場します。

4月に参加しましたチェコでのバイオリン製作コンクール(ウズマキ製作)の様子も紹介されると思いますので、お楽しみに、、、。


BSジャパンの公式HPはこちらです。
http://www.bs-j.co.jp/index.html

宮地楽器さんのHPでも、ご紹介いただいています。
http://strings.miyajimusic.jp/

川久保賜紀さんの公式HPはこちらです。
http://www.japanarts.co.jp/html/JA_artists/violin_viola/kawakubo_1115/pro.html

製作は、アウトラインの仕上げです。
d0047461_6342443.jpg

コーナー部分は、楽器がエレガントなシルエットになるかどうかの分かれ道ですので、念入りに仕上げます。
d0047461_6365598.jpg

無事に仕上がりました。
この部分は、これから先、修正ができませんので、バイオリンのシルエットはこれで決まりです。
製作初期の、大きな山場ではあります。
d0047461_6404565.jpg

by violino45 | 2008-07-17 16:00 | お知らせ | Comments(8)

またウィーンから

以前ご紹介しました、ウィーン在住の沼波さんから、またホテルザッハのお菓子をいただきました。
前回と同じ?と思ったら、、。
d0047461_18124617.jpg

トライアングルでした^^。
d0047461_18132618.jpg

開けると、こんな感じ、、。
d0047461_1814573.jpg

ホテルザッハ、おしゃれですね~。
d0047461_1816184.jpg

濃厚な味のチョコレートケーキ、、、紅茶に合いました。
d0047461_1817144.jpg


さて、製作のほうは、バイオリンの形に切り抜いて、、、。
d0047461_1818915.jpg

丸ノミで荒削りです。
この作業、、、夏場はつらいです。
でも、チョコレートケーキでため込んだエネルギーを、放出しないと、、、、メタボ、、、。
d0047461_18201148.jpg

by violino45 | 2008-07-07 18:21 | 製作記 | Comments(10)

テレビ番組のお知らせ 第一報

バイオリンの聖地クレモナへ
~ストラディヴァリウスに魅せられた日本人たち~
旅人:バイオリニスト 川久保賜紀さん


放送は、BSジャパン(BSデジタル放送)で、7月26日の土曜日、夜9時~11時の予定です。

ストラディバリの時代から続く、クレモナでのバイオリン製作の伝統、そして現代の製作家たちの情熱を描いた2時間番組で、出演はバイオリニストの川久保賜紀さんです。

私も、川久保さんのご案内役として、画面に頻繁に登場する予定です(たぶん^^)。

もちろん、天野さん、高橋明さんのお二人も登場します。

4月に私も参加しましたチェコでのバイオリン製作コンクールの様子も紹介されると思います。

放送がBSジャパンということで、BSデジタル放送が受信可能なチューナーが必要ですが、川久保さんのファンの方はもちろん、バイオリンがお好きな方にはきっと楽しんでいただける番組になると思いますので、ぜひご覧いただければ嬉しいです。

私自身、今回、初めて川久保さんとお会いしたのですが、とても素敵な方で、すぐに大ファンになってしまいました。

皆様も、川久保さんとご一緒に、映像でクレモナの街を体験していただければ幸いです。

その川久保さん、普段はドイツ在住ですが、7月は日本でリサイタルを開かれるようですね。
スケジュールは、川久保さんの公式HPでご覧いただけます。

では、取り急ぎ、、、、。
このお知らせは、随時、更新させていただく予定です。

by violino45 | 2008-07-03 15:14 | お知らせ | Comments(6)

新しい、ヴァイオリン

大変ご無沙汰してしまいました。

4月~5月のコンクール参加と、その直後の日本帰国で、いろいろな意味でエネルギーを放出してしまいまして、しばらく充電が必要でした。
ブログの停滞中もお越しいただいた皆様、まことにありがとうございました。

でも、体のほうは元気ですので、(たぶん)、ご安心くださいませ^^。


というわけで、新しいバイオリンの製作も開始しております。
いつもながら、内型に横板を貼り付ける作業は緊張しますが、気持ちが引き締まります。
d0047461_1435415.jpg

この横板、、、、曲ったことが嫌いな性分のようで、、、きれいに曲げるのは大変でしたが、なんとかなだめて、納まっていただきました。
d0047461_14383995.jpg

無事にすべての横板を貼り終えました。
ここまで来ると、バイオリンの形が見えてくるのでホッと一息です。
d0047461_14403822.jpg

横板がゆがんでいると、バイオリン全体のシルエットが美しく仕上がらないので、大切な作業です。
d0047461_14431487.jpg

裏板の平面出しです。
いつもながら、トラ杢がキラリと光る瞬間は癒されますね。
どう削ったらどんな音に響くのか、、、木材との対話が始まる瞬間です。
d0047461_1449898.jpg

これからも、少しずつですが、製作記のほうも更新していきたいと思っておりますので、またお気軽に遊びに来ていただければ嬉しいです。

by violino45 | 2008-07-02 14:53 | 製作記 | Comments(8)