<   2007年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

せばさん、来訪

拙ブログにも時々コメントをいただいている、さすらいの新婚フィドラー、せばすちゃんさんがクレモナに来訪されました。
d0047461_1793380.jpg

ボローニャでの重要な仕事を終えられた後の、つかの間の休息をご一緒させていただきました。
旧市庁舎でのストラディバリの展示や、ストラディバリ博物館など、数少ない観光スポットを見学された後、工房へお越しいただき、私のバイオリンを試奏していただきました。
もちろん、アイリッシュの曲でしたが、「気持ちよく響く」と、ありがたい言葉をいただきました(^^)。
d0047461_1719241.jpg

そして、お約束のアイリッシュフィドルのレッスンタイムです。
2本の指だけで弾ける曲の指導から始まり、ボーイングでのアクセントの付け方など、親切に教えていただきました。
これで、次回の帰国時には、リベンジを果たせる~かも、、(たぶん)。
待っててください、ゆっくりセッションの皆様、、、、、(たぶん)。
d0047461_1725483.jpg

その後は、高橋明氏も駆けつけてくれて、楽しくティータイムを過ごしました。
せばすちゃんさんの本業のお話はとても貴重で興味深く、有意義な時間となりました。
なにより、その明るくて気さくなお人柄、魅力的な方でした。
d0047461_17464177.jpg

最後は3人で記念写真。
最後までさわやかな笑顔を残して、せばすちゃんさんは新妻の待つ日本へと飛び立っていきました~。
日本で、再会できることを楽しみにしています。
d0047461_17524369.jpg

by violino45 | 2007-06-25 17:59 | 日記 | Comments(23)

受賞バイオリン画像と、HPアドレス変更のお知らせ

私のサイト、菊田ヴァイオリン工房ホームページ内の、「作品紹介」に、今回の受賞バイオリンの画像をアップしました、重いですが、ご覧いただければ幸いです。

d0047461_17571299.jpg

さらに、お知らせですが、菊田ヴァイオリン工房ホームページは、下記アドレスに移転いたしました。
当面の間、旧アドレスでもご覧いただけると思いますが、お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いいたします。

また、リンクしていただいているサイト様には大変お手数をおかけいたしますが、アドレスの変更をよろしくお願いいたします。

旧アドレス
http://www.webalice.it/violino45/

新アドレス
http://www.violino45.net/

以上、よろしくお願い申し上げます。

菊田ヴァイオリン工房

by violino45 | 2007-06-19 19:48 | 日記 | Comments(16)

クレモナから

たくさんのコメントを、本当にありがとうございました。
コンクールの結果はもちろん嬉しいのですが、コメントや、メールで温かいお言葉をいただけることが、何よりも嬉しいこの数日間でした。
お返事が遅くなったこと、この場を借りてお詫びいたします。

クレモナに着いて丸一日、少し落ち着きました。

時差ボケはあいかわらずで、午後になると頭の中がクルクルと回り始めます(@_@)。

コンクールの実感もそこそこに、日本を飛び出してきてしまったのですが、イタリアに着いても、まったくいつもと変わらない生活が始まりました。

というのも、手元にまだ表彰状もメダルも記念品も、何もありませんので、すご~く実感に乏しいわけですね。

そんな中、高橋明さんや、上位に入賞した人たちと一緒に、モスクワに入賞楽器の展示会を見に行こうという話も持ち上がっているのですが、現地は今、演奏コンクールの真っ最中で、おそらく、年間での人口密度が一番高い時期ですので、ホテルの予約はとても困難なようですし、ビザの発給も予定通りに進むかどうか、まったく見通しが立たない状況で、なかなか実現困難な雰囲気が漂っています。

コンクールに参加すること自体が、とても困難な大会でしたが、終わった後も、なかなか手ごわいデス、、、、モスクワ、、、。

また、随時ご報告させていただきます。

by violino45 | 2007-06-17 19:53 | 日記 | Comments(12)

クレモナに出発します

やっと、荷物の準備が終わりました。(AM2:50)
あと3時間程で、めざましテレビが始まりますが、ほぼ同時に空港に向けて出発いたします。

↓コンクールの記事に、本当にたくさんの皆様から温かいコメントをいただき、感激しております。
すぐにお返事をさせていただきたいのですが、すでに意識モウロウですので、また落ち着いてから書かせていただきます。
おそらく、成田で時間がありますので、その時に、、、、。

成田でがんばって書いていたのですが、時間切れになりました。
今から飛行機に乗ります。
皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで最高の日本滞在となりました。
では、またクレモナで。
ありがとうございました。

by violino45 | 2007-06-15 02:56 | 日記 | Comments(22)

速報、チャイコフスキーコンクール(随時、更新します)

文末に、優勝したバイオリンの写真を追加しました。

緊急連絡です。
明日(15日)の朝、フジテレビ系列、「めざましテレビ」で、今回の受賞をご紹介いただけることになりました。
またしても、私のつたないインタビューが全国放送されてしまいます(;_;)。
ごめんなさい~。
放送は、朝6時10分ごろからの予定です。
朝早くて、さらにごめんなさい~。


モスクワで開催中のチャイコフスキー国際コンクール。

ヴァイオリン製作部門に出品していたことは、以前の記事でご紹介済みでしたが、今日、公式結果が発表されましたので、ご報告します。

私のヴァイオリンが「1位」ゴールドメダルを受賞いたしました。

自分自身、最難関のひとつといわれるこのコンクールで優勝できるなどということは、夢にも思っていませんでしたので、まだ実感が湧きませんが、とても光栄で、嬉しいです。
応援していただいた皆様、本当にありがとうございました。

さらに嬉しいことに、「2位」シルバーメダルを同じクレモナでの仲間であり、ライバルでもある高橋明さんが受賞しました。
そして、「4位」には、先月のスロバキアでのコンクールの覇者、天野年員さんが入りました。

文字通り、僅差での結果だったわけですが、今回は、私に幸運の女神が少しだけ微笑んでくれたのだと思います。
お二人とも、普段から情報交換をしたり、完成した楽器を批評し合う仲間であり、また、手強いライバルでもあるので、このような世界の大舞台で、同時に高い評価をいただいたことは、何よりも嬉しいことです。

さらにさらに、高槻で工房を開いていらっしゃる、岩井孝夫さんが、「6位入賞」そして「最優秀音響賞」を受賞されました。
個人的にも友人で、尊敬している岩井さんの受賞も、とても嬉しい知らせでした。


ロシアの大作曲家「チャイコフスキー」の名前を冠したこのコンクールに参加することは、製作家を志した頃からの夢でした。

実は、今回、参加を決めて楽器を送り出したものの、税関処理の都合で楽器が戻ってきてしまうトラブルがあり、一旦は参加をあきらめかけたという経緯もあり、無事に楽器が届いてコンクールに参加できたというだけで満足していたのですが、まさか自分の楽器が一位になるということは想像していませんでしたので、喜びもひとしおです。

ところで、今回受賞したバイオリンは、お客様のご了承をいただいて、コンクールに出品させていただきました。
その方の名前は申し上げられませんが、製作中はお客様にとって最良のバイオリンになるように、心を込めて作りました。

そのバイオリンが優勝して、コンクールの規定に従って事務局に納めることになるわけですが、とても名誉な反面、肝心のお客様の手元に届かないというのは、製作者としては少々寂しい気持ちもあります。
でも、また新たな気持ちで、お客様のために新しい楽器を製作することができるわけですから、それはそれで、さらに素敵なことだと思っています。

これからも、一台一台、変わらない気持ちで良い楽器を作り続けていきたいです。
もちろん、現状にとどまるという意味ではなく、技術的にも、精神的にも、さらなる高みを目指して精進していければと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

尚、ネットニュースとして、こちらのHPで速報としてご紹介いただいています。
毎日新聞ニュース
共同通信ニュース
d0047461_2445828.jpg
d0047461_2451477.jpg

d0047461_2454148.jpg

d0047461_2455788.jpg

d0047461_246713.jpg

by violino45 | 2007-06-13 21:15 | 日記 | Comments(70)

まだ、名古屋にいます

菊田です。
予定では、6日にはクレモナに戻るつもりだったのですが、名古屋に来た直後にダウンしてしまったので、少し体調を取り戻すとともに、いろいろ健康診断も受ける良い機会なので、帰国を来週に延ばしました。

15日に、出発の予定です。
その分、製作の仕事も遅れてしまうので、つらい部分もあるのですが、やはり、体調が不完全だと製作に悪影響が出てしまいますので、一旦、仕切り直しさせていただこうかと思いました。
楽器の完成をお待ちいただいているお客様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解よろしくお願いいたします。

風邪そのものは、少し長引きましたが、かなり良くなったのでご安心ください。

今は、名古屋フーズで栄養を補給中の日々ですが、クレモナに戻った時の落差が大きいので、徐々に「欧米」モードに体を慣らしていかなければと思っています。

これは、名古屋人には欠かせないお菓子、その名も「なごやん」です。
博多の「に○か煎餅」、広島の「もみじ饅頭」、仙台の「笹かまぼこ」(違うか、、)に負けずとも劣らない、名古屋人の心の拠りどころ、デス。
d0047461_23231765.jpg

背景には、なぜか、某たにつちさんブログで話題になっていた「エコバッグ」が!
お裾分け、、、貴重な物をありがとうございました~。

by violino45 | 2007-06-07 23:38 | 日記 | Comments(23)

日本バイオリン製作研究会 作品展示会

大変遅くなりましたが、5月26日と27日に開催されました、第5回、日本バイオリン製作研究会 作品展示会のご報告をさせていただきます。

池袋の、自由学園明日館講堂で開催される展示会も、今年で5回目ということで、年々、ご来場いただける方も増えているようです。
今回は、2日間で700人近いお客様にお越しいただき、まことにありがとうございました。

会場は、国の重要文化財に指定されている趣のある講堂です。
皆様、自由に試奏されて、和やかな雰囲気です。
d0047461_23205193.jpg

午後1時から3時までは、プロの演奏家を招いての、試奏リサイタルでした。
年に一度、自分の楽器がステージ上でどう響くのか、確認できる貴重な機会ですし、他の楽器との比較検討も、良い勉強になります。
d0047461_2331246.jpg

私の試奏楽器は、先日の宮地楽器さんでのイベントで演奏された最新作でしたが、演奏者さんによる音の違いをすごく実感できる、貴重な経験となりました。
もちろん、ホールによる響きの違いも大きかったですが。
d0047461_23362275.jpg

このころはまだ元気そうに見えますね、、、、。
でも、すでに魔の手が、、、、、、。
d0047461_23382688.jpg

私の楽器を目当てにご来場いただいた方もたくさんいらっしゃいました。
製作者として、お客様と直接お話して、いろいろなご意見を伺うことが何よりも勉強になりますし、一番の喜びでもあります。
あらためて、感謝申し上げます。
d0047461_23462316.jpg

時間帯によっては、せっかくお越しいただいたのに十分にお話もできず、また、失礼な応対もあったかもしれません。
この場を借りまして、お詫び申し上げます。

また、来年以降も参加させていただくつもりですので、ぜひ会場でお目にかかれれば幸いです。
ありがとうございました。

by violino45 | 2007-06-02 23:55 | 日記 | Comments(8)