<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コンクール、帰国、そしてイベント参加のお知らせ

↓下記の記事の内容についての補足です(4月28日、15時現在)
5月19日(土)の、宮地楽器小金井店でのイベント(こちらをご参照ください)は、おかげさまで電話予約を多数いただきまして、17時からのリサイタルはすでに定員を超えてしまいました。

そこで、急遽、14時からも同じイベントを開催することになり、ただいま、その予約を受付中とのことですが、90名様の定員中、すでに半分くらいは埋まっているそうです。

お早めにお電話でご予約いただければ幸いです。

もし定員オーバーとなった場合も、キャンセル待ちとして受付できるようです。

電話予約: 宮地楽器小金井店 042-385-5585



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご無沙汰しております、菊田です。

気が付いたら4月も終わりですね、ブログの色も少し変えてみました。

更新が滞ってしまったことの言い訳をさせていただくと、、、。

実は、今年も二つのバイオリン製作コンクールに参加するのですが、楽器の提出時期が重なってしまったため、その追い込みのため余裕が無くなっていました。

その2つのコンクールとは、昨年、5位に入賞しました「スロバキア」でのコンクールと、もう一つはモスクワで開かれる「チャイコフスキー・コンクール」です。

4年に一回開かれるチャイコフスキー・コンクールは、演奏家のコンクールとして特に有名ですが、弦楽器製作コンクールとしても重要な位置づけをなされています。

スロバキアでの結果は5月初旬、チャイコフスキーは6月初旬に結果が発表されますので、良い結果でしたら(^^)、ブログ上で発表しますね。
何事もなかったような雰囲気でしたら、(;_;)だったとご理解ください、、、。

いずれにしても、優勝はもちろん、上位入賞も一筋縄ではいかないハイレベルなコンクールですので、昨年同様、自分の楽器の良い点、悪い点を見直して改善するための良い機会と思っています。

それはさておき、、、

今年も昨年同様、5月に帰国いたします。
5月の26日(土)と27日(日)に池袋の自由学園明日館で開かれる、日本ヴァイオリン製作研究会の作品展示会(ヴァイオリン2台と、ビオラを展示します。後日、また詳しくご紹介します)に参加するためですが、今年はその1週間前の5月の19日(土)に宮地楽器さんで開かれるイベントにも参加いたします。

そのイベントを私の口から説明するのは、とてもハズカシイので、宮地楽器さんの紹介ページでご覧ください。↓

5月19日のイベントの説明。

、、、、という感じです。
この内容は、4月28日発売のサラサーテ誌上の、宮地楽器さんの広告でもご覧いただけます。

ご覧いただけたように、無料のイベントなのですが、ご入場いただくには、お手数ですが、お電話でご予約いただく必要がありますので、この場を借りてご紹介させていただきました。

素晴らしい演奏家の皆様の演奏で、私の楽器を使ってのリサイタルを開催していただけるというのは、製作者としてはこれ以上の幸せは無いと思っています。

当日は、曲の間に、スライド写真をご覧頂ながら、楽器製作のエピソードや、クレモナでの暮らし、私の「過去」など、楽しい(、、かどうかはわかりませんが、、、、トークは苦手デス、、)コーナーも用意されていますし、これを機会に会場で直接お話もできればとても嬉しいと思いますので、ぜひご来場をご検討いただければ幸いです。

ちなみに、このリサイタルで演奏されるバイオリンのうちの一本は、スロバキアの製作コンクールへの参加作品の予定です。
その他に、ビオラ1本と、別のバイオリン1本が演奏されます。


では、この辺で。
長文、失礼いたしました。

by violino45 | 2007-04-27 03:01 | 日記 | Comments(13)

アーチの荒削り、丸ノミ

初期の荒削りには、カーブの深い丸ノミを使います。
d0047461_14303087.jpg

日本で売っている丸ノミとは形が違いますが、力を入れてアーチを削り出す作業にはこの形がマッチしていると思います。
d0047461_14344451.jpg

刃の裏側は、こんな感じです。
中央がザラザラしているのは、グラインダーで削った跡です。
d0047461_14404754.jpg

グラインダーで削ってから砥石で研ぐことにより、刃先を効率良く鋭く研ぐことができます。
でも、こうやって研ぐのは、西洋丸ノミだけです。
西洋丸ノミは、日本の丸ノミと違って、「全身、鋼鉄」なので、砥石だけで研ぐのはとても難しいからです。
(マニアックな話ですみませんデス)

上手く研げたときは、切り口がスパッとキレイですが、、、今回は、少しギザギザ、、かも。
d0047461_14425212.jpg

おまけで、少しリアルな、作業風景です。
d0047461_14445348.jpg

by violino45 | 2007-04-08 14:56 | 製作記 | Comments(18)