<   2006年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アーチの荒削り

d0047461_171494.jpg

バイオリンの形に切り出した後は、丸ノミで全体を荒削りして整えます。
この段階では、まだまだ余分な肉をざくざく削り取るだけですので、あまり考えずにひたすら肉体労働です。
でも、以前も書きましたが、この荒っぽい削りの中でも、バイオリンのアーチは常に意識していて、自然な隆起を描くようにしないと、後の作業に悪影響を与えますので、荒い作業なのですが実はデリケートです。
d0047461_17192433.jpg

この段階で、木材のいろいろな欠点、節や虫食い、染み、などが出てくることが多いので、ひたすら祈り続けます。
もし、虫食いの穴が出てきたら、この時点でこの材料はサヨウナラです。

d0047461_17255469.jpg

表板をノミで削った瞬間、材料の特性を感じ取ることができます。
ノミに微妙に伝わる手ごたえ、音などで、質の高い材料かどうか、最終的に判断します。
もちろん、選んだ時点で、楽器用材として合格という判断はしていますので、それ以上の微妙なクオリティの話ですが。
良い表板は、削った部分が微妙に透明感があって、キラキラと光ります。
良い音が出そうな予感に、気持ちが高揚する瞬間でもあります。
d0047461_17323615.jpg

by violino45 | 2006-10-30 17:37 | 製作記 | Comments(4)

裏板の切り出し

d0047461_15404414.jpg

今回の楽器の裏板は、1枚板です。
はぎ合わせる必要がありませんので、いきなり、カンナがけからスタートです。

カンナをかけると、トラ杢が綺麗に浮かび上がってきます。
全面、きれいなトラ杢というのは、これが見納めですね。

平面が出たら、横板をガイドにして、裏板の形をデザインします。
d0047461_15564957.jpg

実は、この横板、裏板の材料から製材したので、裏板と横板は同じ模様です。
でも、裏板の材料によっては、他の横板を探したほうがきれいな場合もあるので、見極めは微妙です。
d0047461_15561763.jpg

あ、今日は、オチはありませんデス。

by violino45 | 2006-10-28 16:00 | 製作記 | Comments(12)

ライニング

d0047461_14531548.jpg

ライニングを曲げて、横板に貼り付けます。
厚さ2ミリ、高さ8ミリの板です。

横板は、厚さが1ミリぐらいしかないので、表板や裏板を貼り付ける「のりしろ」が必要です。
ライニングによって、「のりしろ」は3mm程度になって、十分な接着強度が得られるわけです。
もちろん、横板を補強するという重要な役割も忘れてはいけませんが、、、。

私は、表板と同じ材質の、もみの木を使っていますが、柳や、カエデ、ポプラ、ブナなどを使う人もいます。

ライニングの材質によって音がどの程度変化するかは、いろいろな説がありますが、一般的に、重く硬い材質を使うほど、横板の振動が抑えられて、落ち着いた音になると言われています。

でも、大事なのは、すき間無く接着することです。

しっかり曲がっていれば、どんなクランプを使っても隙間無く接着できるのですが、さらに密着度を上げたいので、私は万力タイプのミニクランプを使っています。
d0047461_1519116.jpg

いつ見ても、痛々しい映像ですね、、、、。
d0047461_15225014.jpg

「先生、、、これなに?」
「これはな、クランプと言って、オペで使う鉗子のようなものだ。」
「アッチョンブリケ」

by violino45 | 2006-10-26 15:27 | 製作記 | Comments(4)

横板の高さ

貼り付けた横板は、ブロックからはみ出していますので、カンナで削って高さを揃えます。
d0047461_3475610.jpg

この作業、単純に見えますが、綺麗に高さを揃えるのは難しいです。
エンド部分とネック部分では1mmの高さの差がありますので、徐々に下がっていくように削ります。
この、徐々に下がっていく度合いをコントロールして、表板や裏板に微妙にテンションをかけて音色を改善させる技もありますが、私は素直にまっすぐにしています。
d0047461_3481020.jpg
このカンナ、もう10年使っていますが、手に馴染んでます。
もう一つ、同じ形で値段が数倍高い高級品も購入したのですが、こちらの方が微妙に手に馴染むので、こちらばかり使っています。

道具との出会いというのも不思議なものですね。
楽器製作を始めたときに、とりあえずホームセンターで適当にそろえたヤスリや平のみが、今では無くてはならない道具になっています。
それ以上の道具を探して、専門店で高い値段で購入しても、結局は古い道具の方が使い勝手が良かったりするのです。
その道具を紛失したら、、、と思うととても不安になります。
でも、もちろんそれだけではなくて、ものすごく高い道具を思い切って購入したおかげで、その後の作業がすごく快適になったこともたくさんあります。
いずれにしても、道具は値段ではなくて、フィーリングというか、いかに手に馴染むかが大切な気がします。
d0047461_3482695.jpg

ここまで来ると、自分で立つようになります。
横板は、楽器になった後も表舞台には立ちませんが、構造的にとても大切な部分です。
横板を軽んじる者は、横板に泣く?

by violino45 | 2006-10-25 03:56 | 製作記 | Comments(4)

次作バイオリン 横板

d0047461_15421763.jpg

ひさしぶりの製作記です。
内型に、横板を貼り付けていきます。
まずは、センター部分(C、と呼んでいます)を貼り付けてから、サイド部分と上下のブロックを削ります。
d0047461_15444957.jpg

ベンディングアイロンで型にピッタリと合わせて曲げます。

この時点で横板がゆがんでいたり、垂直がずれていると、表板や裏板のシルエットもゆがんでしまうので、慎重に作業します。
でも、トラ杢がきれいな材料ほど、綺麗に曲げるのは大変なんです。
今回の横板も、曲がったことが大嫌いな、頑固者でした。(大汗)

d0047461_15503743.jpg

突然、すみません。
以前から、当ブログにて話題になっていた、某nobaraさんご推奨の二○加煎餅です。
た、確かに、エフ孔に似てるかも、、、、、。
この上目遣い、、、一度見たら忘れられなくなりそうです。

実は、今まで実物を見たことがなかったのですが、今回のモンドムジカにいらっしゃった福岡からのお客様に、リクエストして持ってきていただいたのでした~。(ひどい奴)
ありがとうございました。
d0047461_15571186.jpg

なかなか、濃いパッケージですよね。
で、裏側が、これです。
d0047461_160977.jpg

徐々に目に焼きついてきましたか?
極めつけは、これ。
d0047461_1604392.jpg

お面です。
子供は喜ぶでしょうね。
でも、パッケージの顔と、お面の顔は、微妙に表情が違っているのです。
芸が細かいですね~。
で、包装紙の裏面には、面白い企画が、、、。
d0047461_1623693.jpg

博多の方言集です。
う~ん、知っている言葉もあるけれど、、、、分からない言葉も多いですね。

これからの、私の楽器のエフに、どのような影響を及ぼすのでしょうか、、、この上目遣い、、、。

あ、とても美味しくいただきましたよ、、、念のため、、。

by violino45 | 2006-10-18 16:08 | 製作記 | Comments(18)

モンドムジカ2006

モンドは「世界」、ムジカは「音楽」です。
弦楽器だけの見本市としては最大規模で、文字通り、世界中から弦楽器と、それを求める人たちが集まります。
今年は3年に一度の製作コンクール「トリエンナーレ」が重なったので、来場者も特に多かったと思います。
d0047461_15422841.jpg

会場は年々広くなって、歩いて回るだけで足が棒のようになってしまいます。
いろいろ工夫を凝らしたブースを眺めるだけでも楽しく、弦楽器愛好家にはたまらない空間になっています。
d0047461_15471329.jpg
d0047461_15473276.jpg

材料屋さんも多数出品していて、ここぞとばかりに製作者は材料を選んでいます。
私も、きれいなトラ杢に目がくらんで?2枚、購入してしまいました。
でも、冷静な判断力がない状態で選ぶのは、少々危険で、あとで後悔することが多いです。
d0047461_15563620.jpg
d0047461_15565288.jpg

この会場の中に、何千本バイオリンがあるのか想像も付きませんが、すべてを見ることはいずれにしても不可能です。
中にはストラディバリのような億単位の楽器もありますし、数万円単位の楽器ももちろん売買されています。
一見、古い名器のように見えても、アンティーク仕上げの新作だったりします。
半日も居ると、冷静に客観的に楽器を見る目が衰えてくるのが自分でも分かります。
この状況の中で、高価な楽器を売買するディーラーの方たちは本当に大変だと思いました。
d0047461_1617272.jpg

d0047461_15583897.jpg

これで、トリエンナーレとモンドムジカ、クレモナの2大イベントが無事に終わりました。
今週からは、いつもの静かな田舎町、、クレモナに戻ります。

この期間、特別展示会として、アマティファミリーの名器の展示会がありました。
クレモナ派の創始者アンドレア・アマティーから、その孫でストラディバリの師匠であるニコロ・アマティーまで、普段はめったに見ることができない美しい楽器ばかりが十数台、、、一度に見ることができて大満足です。
特に、ウズマキの美しさといったら、、、、、、。
これからの製作楽器に大いに影響を受けそうです。

by violino45 | 2006-10-13 16:17 | 日記 | Comments(24)

トリエンナーレ・コンクール

こんにちは。

今日から、ブログを再開させていただきます。
休止中も、たくさんのコメントをいただきまして、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。

お休みしている間に、クレモナではいろいろな事がありまして、まずはそのご報告から。

「トリエンナーレ」という、弦楽器製作コンクールがありました。
3年に一回開かれるこのコンクールも、今回で11回目となり、参加台数もバイオリンからコントラバスまでトータルで384台と、世界最大規模のコンクールとなりました。

私は事情があり、参加しませんでしたが、世界中から製作者が集い、大いに盛り上がりました。

私が一位となったヴィエニアフスキーコンクールでは、最終審査はオーケストラ伴奏で行われましたが、トリエンナーレではピアノ伴奏のみの審査です。
白いスクリーンでステージが隠されて、審査員からはどの楽器が演奏されているか分からないようになっていて、公平な審査が行われました。
d0047461_14304093.jpg

でも、観客からは少しだけ見えるんですけれどね。
d0047461_14305333.jpg

音を聴いていると、どれも良い音に聴こえてしまい、楽器の音の審査というのは難しいものだということを再認識しました。
演奏者の技量、弓の選択、演奏曲目、演奏順、審査員の心理状態、、そのほかいろいろと細かい条件が複雑に絡み合って、順位が微妙に(もしくは大きく)変動することは十分に考えられるわけです。

今回は、順位決定のさいにすごくもめたそうです。
で、チェロ部門では「フランチェスコ・トト」さんというクレモナ在住のイタリア人マエストロが優勝したのですが、他の3部門(バイオリン、ビオラ、コントラバス)では一位はなく、二位が最高位でした。
この結果に対するいろいろな批評、意見は、この数日、いたるところで聞かれましたが、批判的な意見が多かったように思います。

表彰式は、ポンキエッリ劇場というオペラ劇場で行われました。
d0047461_14591151.jpg

d0047461_14593497.jpg

結果が思わしくなかったので、いまひとつ盛り上がりには欠けましたが、地元のトトさんが優勝した時は、ひときわ大きな拍手が送られていました。

嬉しいニュースとしては、クレモナ在住の日本人マエストロ、松下敏幸さんがビオラ部門で2位、すなわち最高位を受賞されました。
優勝を僅差で逃したのは残念でしたが、同じ日本人として、本当に嬉しいニュースでした。
心よりお祝い申し上げます。
d0047461_15245671.jpg


一次予選を通った楽器は、すべて展示されました。
コンクール用に丹念に製作された楽器ですので、どの楽器からも独特のオーラを感じます。
d0047461_15124913.jpg
d0047461_1513076.jpg

流派やスタイルが違う400台近い楽器を、短期間で審査して順位付けするのは本当に大変な作業だったと想像してしまいます。
審査員の皆様、お疲れさまでした。

さて、クレモナでは時期を同じくして、弦楽器の見本市「モンドムジカ」が開催されました。
そのご報告は、後日あらためて、、、。

長文、ご覧いただきありがとうございました。

by violino45 | 2006-10-11 15:25 | 日記 | Comments(12)