カテゴリ:クレモナ散策( 2 )

クレモナの風景 2月

クレモナの風景の、写真でのご紹介、2回目となります。
今回は、町の中心部ではなくて、少し裏通りを散策してみました。

枚数が無駄に多いですが、、ご容赦くださいませ^^

自宅を出てすぐの通り(Corso Vacchelli)の風景です、一方通行なので、自転車用のレーンが用意されています。

d0047461_07005894.jpg


商店が多い通りで、ちょっと洒落たショーウィンドーも多いです。

d0047461_07142569.jpg


10ユーロ、、誰が買うのでしょうか?

d0047461_07011781.jpg


落ちついた感じの路地です、サン・ミケーレ教会に続く坂道です。

d0047461_07065733.jpg


歴史を感じるバルコニーが多いです。

d0047461_07013963.jpg


自転車道を振り返ると、こんな感じです。
突き当たりの、教会の塔が印象的です。

d0047461_07015463.jpg


交差点に来ると、自転車用の信号機もあります。

d0047461_07020751.jpg


なんだか良く分からない建物の雰囲気も、イタリアらしいです。

d0047461_07071511.jpg



交差点を右に折れて歩いていくと、真冬らしい風景となります。

d0047461_07022000.jpg


赤煉瓦に、赤い車、これもイタリアらしい雰囲気です。

d0047461_07031065.jpg


また右に折れると、自宅から見て裏通りの、ボノメッリ通りとなります。

d0047461_07025028.jpg


自宅前の通りと違い、商店は無くて、住宅街となります。
突き当たりに、ドゥオーモ(大聖堂)が見えます。

d0047461_07032050.jpg



良く分からない標識ですが、おそらく、子供が遊んでいるので注意!、という意味だと思います。

d0047461_07033600.jpg


街中には、なかなかの頻度でゴミ箱が置いてあります。

d0047461_07041382.jpg


このボノメッリ通りにも、雰囲気のあるバルコニーが多いです。

d0047461_07043402.jpg



イタリア中で、もっとも目にする標識はこれではないかと、、、。
Passo Carrabile、、、「車庫の出口なので駐車禁止です」、という表示なのですが、語源的には、「馬車の通り道」という意味なのが、イタリア的です。
たしかに、馬車が通れるくらい背の高い扉が多いです。

d0047461_07035369.jpg


ドアの飾りも、年季が入っていて美しいです。

d0047461_07072801.jpg


お洒落な窓の装飾、微妙に違うデザインなのが面白いです。

d0047461_07042322.jpg


バイオリン工房の窓でしょうか、、内型が見えます。

d0047461_07044467.jpg


先ほどと同じ標識ですが、斜線で消されているということは、ここからは子供の遊び場ではないという指示でしょうか。。

d0047461_07045880.jpg


ボノメッリ通りの出口です。

d0047461_07051780.jpg


通りを抜けると、大聖堂の裏側になります。

d0047461_07094202.jpg


大聖堂前の、石畳の道、よい雰囲気です。

d0047461_07055043.jpg


足元を見ると、こんな感じです。

d0047461_07060544.jpg


SALDIは、バーゲンセールの意味です。
この季節、ブランド物なども、かなり安く買えるので狙い目ですが、、、

d0047461_07063186.jpg



帽子、、色合いに惹かれますが、、たぶん似合わないですね~。

d0047461_07075200.jpg


大聖堂裏から見た大通り、via XX Settembre (9月20日通り)です。

この通りの突き当たりが、自宅のある通り(Corso Vacchelli) の入り口です。
最初の方の写真で見えていた、教会の塔を反対側から見ています。

d0047461_07080603.jpg


カメラを持って散策すると、ちょうど1時間ほどの道のりでした。
また次回、別の場所をご紹介できればと思っております。

d0047461_07064575.jpg



by violino45 | 2019-02-05 07:50 | クレモナ散策 | Comments(4)

クレモナも寒いです。

2018年も残すところ2週間程となりましたね。

日本も寒い日が続いていると伺っておりますが、クレモナも連日、0度近くまで気温が下がりまして、かなり冷え込んでおります。

この季節になると、ヴァイオリン製作学校に通っていた頃(2001~2004)を思い出します。
「遅刻は絶対にしない」がポリシーでしたので、朝8時からの授業に間に合うように、まだまだ暗いクレモナの町を自転車で走って行ったものです。

寒くて天気が悪い日は辛かったですが、大聖堂(Duomo)の横を通るたびに神聖な気持ちになりましたし、ストラディバリが生きたこの町で修行できる幸運に感謝しながら、クレモナの町並みを抜けていきました。

製作家として開業してからは、外出することが減ってしまい、気がつけば、クレモナの町と向き合う時間が少なくなってしまいました。
今後、初心に戻る意味でも、あらためてクレモナの町を写真に納めて、少しずつですが、拙ブログでご紹介していきたいと思っております。

第1弾として、先日の日曜日、町に出た機会に撮影した写真をアップします。

学生時代に毎日見ていた、大聖堂の裏側の景色です。
d0047461_15301353.jpg

表側に回ると、見慣れた大聖堂の風景です。
凍てつく寒さの中の大聖堂の雰囲気も、好きです。
d0047461_15252350.jpg
この季節は、クリスマスツリーが飾られますが、今年は少し規模が小さめです。。。
やはり景気はよくないのでしょうか。。
d0047461_15254040.jpg

ストラディバリ広場です。この日はクリスマスのマーケットが出ていました。
でも、寒いので、皆さんあまりゆっくり見物する感じではない雰囲気でした。
d0047461_15255796.jpg

ストラディバリ広場も、学校に行く途中で必ず通る場所でしたので、思い出深いです。
d0047461_15244806.jpg

この季節になるとローマ公園に出現するメリーゴーランド、、乗ったことはないのですが、町の風物詩です。
d0047461_15284104.jpg

ストラディバリさんの墓碑も、寒そうです。
d0047461_15280084.jpg

ポンキエッリさんの彫像、、寒い中お疲れ様です。 こっち見ないで、、。
d0047461_15282073.jpg

こちらは、Via Beltrami 、町の中心地にあるベルトラミ通りです。
私が学校で習ったマルキ先生の工房がある通りです。
製作中の楽器を見てもらいに、よく通ったものでした。
d0047461_15263168.jpg

町のいたるところに、狭い路地があります。
d0047461_15295689.jpg

窓には、クリスマスの飾りがさりげなく掛けられています。
d0047461_15285960.jpg

d0047461_15291854.jpg

自然の雰囲気を活かしたツリーですね。
d0047461_15294040.jpg

クレモナを観光された方は、おそらく1度は目にされたことがある看板
d0047461_15261278.jpg

このホテルの前から大聖堂を見ると、こんな感じです。
d0047461_15265083.jpg


クレモナの名前が付いた銀行は多いです。
こちらは、大聖堂に面した、店舗です。
d0047461_15272454.jpg

リストランテ・チェントラーレ(中央食堂?)のある小道です。
d0047461_15274274.jpg

なにげないドアですが、雰囲気出てますね。
d0047461_15303919.jpg

予想以上に長文になってしまい、失礼しました。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
今後も、不定期になりますが、クレモナの町を切り取ってご紹介できればと思っております。


by violino45 | 2018-12-18 17:58 | クレモナ散策 | Comments(2)