遅くなりましたが、弦楽器フェアのご報告

弦楽器フェア2019、無事に終了いたしました。
今年も、たくさんのお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました。

遅くなってしまいましたが、写真にて少しご報告させていただきます。

金曜日からの開催ですが、木曜日のお昼には製作者全員と、宮地楽器のスタッフさんが会場に集まり、皆でブースの設営作業です。

d0047461_17363038.jpg


毎年のことなので、慣れているはずなのですが、、一年で記憶が飛んでいることも多くて、皆で確認しながらの作業です。

d0047461_17363077.jpg

d0047461_17363148.jpg


壁に穴を開けたり、

d0047461_17363106.jpg


釘で打ち付けたりも、製作者自らが作業して、ブースを作り上げていきます。

d0047461_17422063.jpg


ブースの完成です。


d0047461_17362977.jpg


今年は、新しい試みとして、楽器を手に取りやすく、試奏を気軽に行っていただけるように、楽器を棒に立てかける方式を試しました。
概ね、ご好評をいただきましたが、さらに良いブースを目指して、来年も改善していければと思っております。


d0047461_17484752.jpg


宮地楽器の山本店長、2007年に初めて弦楽器フェアにブースを出展してから12年間お世話になっていますが、最近は貫禄が出てきましたね。

d0047461_17355691.jpg



金曜日からの弦楽器フェアでは、初日から多くのお客様にご来場いただき、宮地楽器ブースは常に賑わっておりました。


d0047461_17363098.jpg

d0047461_17363031.jpg


5月に私の楽器を使った演奏会でお世話になりました吉田直矢さん、今回もしっかり御試奏いただき、ありがとうございました。


d0047461_17363018.jpg


毎年恒例となっております、大久保さんとの2ショット、毎年この場所で元気に再会できるのは嬉しいことですが、最近は、会話の内容が、健康や体の状態に関することが増えてきた気がします。
お互い、健康維持には気を付けていきたいですね。


d0047461_17354827.jpg


一方で、まだまだ若い、子供たちにヴァイオリンの魅力を伝えることができるのも、弦楽器フェアの意義でもあります。
ヴァイオリン未経験の男の子たちでしたが、ヴァイオリニストの三ツ木摩理さんの演奏に、しばし釘づけになっていました。


d0047461_17363053.jpg


多くのお客様にご来場いただき、スタッフ一同、厚く感謝申し上げます。
来年も、元気な姿でお目にかかれますのを、楽しみにお待ちしております。


d0047461_17354082.jpg


# by violino45 | 2019-11-13 18:34 | お知らせ | Comments(2)

弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目

弦楽器フェア、11月1日(金)からの開催となりました。
皆様のご来場、お待ちしております。

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

宮地楽器さんのホームページにて、詳しくご紹介いただいております。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/


さて、先日、最新作の1台目をご紹介しましたが、今日は2台目のヴァイオリンをご紹介させていただきます。

今回も、いつものように、ストラディバリ、1705年のモデルです。

d0047461_09175220.jpg



裏板は、ホワイトでもご紹介しましたが、トラ杢が交差した、複雑な模様の2枚板を使用しました。
モラッシー先生が、生前、好んで使われていたような、特徴のある裏板で、モラッシー先生から直接購入させていただいた木材でした。
ホワイトの状態は、こちらの記事でご覧いただけます。

d0047461_09180120.jpg


エフは、裏板の渋い雰囲気に見合うような、落ち着いた感じを目指しましたが、仕上がってみると、普段通りのアマティ風の雰囲気となりました。

d0047461_09184300.jpg


裏側のコーナー部分です。
アップにすると、木材の雰囲気がより伝わってくる感じです。

d0047461_09183349.jpg


ウズマキも、楽器全体の雰囲気に見合うように、少しワイルド感を目指しましたが、前回の楽器よりも少し落ち着いた感じになった気がします。

d0047461_09190282.jpg


正面からの造形です。

d0047461_09185194.jpg


斜めからの雰囲気が良くまとまると、楽器全体のシルエットが締まって見えてきます。

d0047461_09191559.jpg


この楽器も、弦楽器フェアではガラスケース内での展示となります。
前回の楽器と、ぜひ見比べてみてください。
ご来場をお待ちしております。

d0047461_09182394.jpg

d0047461_09181106.jpg



# by violino45 | 2019-10-30 20:00 | 製作記 | Comments(4)

弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目

弦楽器フェア、今週末に迫ってまいりました。

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

詳しくはこちらの宮地楽器さんのホームページをご覧ください。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/

弦楽器フェアでは、最新作のヴァイオリンも2台展示する予定ですが、今回は、1台目をご紹介させていただきます。
以前、ホワイトでご紹介した楽器です。

いつもの、1705年のストラディバリモデルです。

d0047461_08464110.jpg


裏板は、端正ながら躍動感も感じられるトラ杢の二枚板を使用しました。
ホワイトの状態の記事は、こちらです。
https://violino45.exblog.jp/27748357/

d0047461_08465383.jpg


エフは、いつもどおりのアマティ的な雰囲気ですが、裏板の雰囲気に合わせて、少し若々しい?感じを意識してみました。
ほとんど、いつもと変わりはないですが、、

d0047461_08471958.jpg


反対側から見ると、こんな感じです。
ストラディバリの、コーナー部分の造形の特徴が出ているでしょうか?

d0047461_08473809.jpg


ウズマキは、ストラド黄金期スタイルには変わりないのですが、少し楕円の成分を多めにして、躍動感を出してみました。

d0047461_08481581.jpg

正面からは、こんな感じです。

d0047461_08480467.jpg


斜めから見ると、また雰囲気が違って見えます。
ウズマキの造形は、立体的で美しい分、難しさも立体的となります。。

d0047461_08475196.jpg


弦楽器フェアでは、ガラスケース内で展示させていただく予定です。
ご来場お待ちしております。

d0047461_08470960.jpg

d0047461_08470107.jpg


さて、夏にご紹介していたハイビスカス、花が一つだけ咲いたと喜んでおりましたが、その後、SNSで教えていただいて、肥料を大量に与えなければいけなかったようで、アドバイスどおりにしたら、数日ごとに咲き続け、10月に入っても咲いております。
合計、20個近く咲きました。

d0047461_09084169.jpg


上手く育てれば、越冬もできるようなのですね。
来年も咲いてくれるかな?

d0047461_09085634.jpg


# by violino45 | 2019-10-27 09:10 | 製作記 | Comments(2)

弦楽器フェアのご紹介と、ホワイトヴァイオリン

今年も弦楽器フェアに参加させていただきます。
宮地楽器さんのブースにて、高橋明さん、天野年員さん、百瀬弘明さん、西村翔太郎さんとともにお待ちしております。

d0047461_14361279.jpg

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

宮地楽器さんのホームページにて、詳しくご紹介いただいております。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/


さて、先日も、弦楽器フェアに展示予定のヴァイオリンをホワイトでご紹介いたしましたが、もう一台、最新作のヴァイオリンを展示する予定です。
現在、ニスを塗っているところですが、ホワイトの状態でご紹介させていただきます。

いつもの、A・ストラディバリ、1705年のモデルです。

d0047461_14275302.jpg



裏板は二枚板、製作途中の記事でも触れましたが、かなり模様に変化のあるトラ杢の二枚板です。

d0047461_14280440.jpg

トラ杢の、明るい部分と暗い部分が、ところどころで入れ替わる、いわゆる、交差杢と呼ばれる模様です。

d0047461_14283194.jpg

この裏板は、私がクレモナに来てしばらくした時に、モラッシー先生のお店で気に入って購入したもので、15年以上、手元で保管しておりました。

d0047461_14282373.jpg


コーナー部分の仕上げです。
以前もご説明しましたが、パーフリングの先端の向きによって、楽器の印象が違ってきますし、古典的なストラディバリのスタイルの表現にもなりますので、気を遣うところです。

d0047461_14284066.jpg

d0047461_14284965.jpg


エフも、コーナー部分とのバランスや、アーチとの関係性によって、美観的にも音響的にも、単独では定義できない存在です。

d0047461_14290140.jpg

d0047461_14292152.jpg

d0047461_14291124.jpg


ウズマキは、一周目と二周目、そして目玉のバランスで大きく印象が異なります。
それぞれの曲線を変化させると、他の曲線も違って見えてきますし、バランスも違ってきますので、最終イメージを明確に持っていないと、いつまでも終わらない、無限ループに陥ります。

d0047461_14293916.jpg

d0047461_14294943.jpg

d0047461_14293090.jpg

360度、どの角度から見ても造形が破綻しないように仕上げたいのですが、、なかなか難しいです。

d0047461_14295956.jpg

d0047461_14301873.jpg

ヴァイオリン天使も応援に来てくれました。
今回の仕上がりはどうでしょうか?

d0047461_14303016.jpg

# by violino45 | 2019-10-12 15:00 | 製作記 | Comments(2)

ギター弾いてみました

7月の誕生日の記事で、私とギターとの関わりについて、写真とともにご紹介いたしました。
https://violino45.exblog.jp/27684446/

その時に、ギター動画へのトライについても少し書いたのですが、やはり実現するならこのタイミングしかないと思い、拙い演奏ではありますが、動画をアップしました。

曲は、ドック・ワトソン氏の演奏で有名な「ブラック・マウンテン・ラグ」です。
この曲は、このジャンル(カントリー系)のギタリストなら必ずレパートリーとする、超スタンダードです。

譜面上はとてもシンプルで、スケール練習のような曲なのですが、生半可な技術とセンスでは音楽に聞こえない、超難曲です。
私の場合、音楽に聞こえると言うよりも、止まらずに弾けるかどうかというレベルなのですが119.png、長年のドック・ワトソン氏ファンとしては避けて通れない曲で、いわば「聖地巡礼」のようなものかもしれません。

とりあえず、なんとか最後まで弾けたテイクをアップしました。
前置き(言い訳)が長くなりましたが、動画はこちらです。(1分半程度の短い曲です)


ご視聴いただき、ありがとうございました。

仕事の合間に少しずつ練習した程度なので、お恥ずかしい演奏ですが、子供のころから親しんできたギター曲を、指が動くうちに(生きてるうちに)何かしらの形で記録しておきたいという個人的な思いでアップしました。

これで聖地巡礼の一歩を踏み出すことができましたので、もし機会があれば、ほかの曲もご紹介していければと思っております。

d0047461_07111804.jpg

# by violino45 | 2019-09-23 18:51 | 動画 | Comments(4)