ミーチョ

近所で飼われている猫なのですが、人なつこくて我が家にもよく遊びに来ます。
名前は「ミーチョ」、と我が家では勝手に呼んでいます。
イタリア語で「猫」はガットですが、「ニャンコちゃん」、みたいな言い方は「ミーチョ」で、イタリア人が彼のことをそう呼んでいるのをまねしてミーチョ、ミーチョ、と呼んでいたら、いつの間にかそれが彼の名前になっていました。
人なつこいですが、抱っこは大嫌いで、すぐに逃げて行きます。
でも、遊ぶのは大好きみたいです。
時々、夜も泊まっていきますが、朝方騒ぐ困り者です。
写真の楽器は、昨年製作したフラットマンドリンです。
その内、ご紹介します。
d0047461_523106.jpg
d0047461_5232733.jpg

by violino45 | 2005-05-11 05:22 | 猫ネタ | Comments(4)

Commented by 小島慎司 at 2007-07-18 08:53 x
はじめまして、小島と申します。
バイオリンの生地が物凄く綺麗です。そしてそれらの写真が綺麗なBlogですね。写真を見ていてあれっ?と思ったのですがフラットマンドリンも製作なさっているんでしょうか?
また書き込みかメールをさせていただきますが、気になったもので。
Commented by 菊田 at 2007-07-18 15:35 x
小島さん、はじめまして。
さっそく、HPを拝見させていただき、ビックリです。
フィドラーのYさん、先日、新橋のセッションでお会いしたばかりです。
私の楽器も弾いていただきましたが、すばらしい演奏で、感動しました。
よろしくお伝えくださいませ。
さて、このフラマンは、クレモナの製作学校の卒業論文の課題に選んで製作したものです。
私のHPの、ギャラリーで、写真をご覧いただけます。
http://www.violino45.net/index.html

私自身は、中学生の頃からドックワトソンフリークでした。
その過程で、当然ブルーグラスにも出会い、特にトニーライスの「Guitar」というアルバムには衝撃を受けて、かなりコピーしました。
当然、DAWGにも出会い、影響を受けたわけですが、バンド活動をするには至らず、一人で楽しむにとどまりました。
でも、某北農さんに誘われて、こんとん館や軽井沢フェスでドックワトソンの曲を演奏したことはあります。
フラマンは、イタリア人にこの楽器の美しさを見せたかったので、卒業製作のテーマに選びました。

小島さんのDAWG演奏、ぜひ生で拝聴したいです。
ありがとうございました。
Commented by 小島慎司 at 2007-07-19 14:52 x
菊田さんのお名前はY君から聞いて、HPへお邪魔した次第です。
どんな音がするのか菊田さんのマンドリン弾いてみたいですねぇ。
まさかBluegrass、Dawgなんて言葉が出てくるとは思いませんでした。
しかし世の中狭いもんですね、北農さんとも一緒にバンドをやっていましたし、びっくりです。
私も一時期バイオリン製作に興味を持って材料を買って作り始めた事があります。まだサイドが型にはまったままもう20年くらい経っちゃいました。機会があればライブにいらして下さいね。
これからも素晴らしい作品を作って下さい、今後のご活躍をお祈りしております。では!


slide_city@yahoo.co.jp
小島慎司
Commented by 菊田 at 2007-07-21 06:55 x
小島さん、すみません、お返事をいただいていたのに気が付きませんで、、、。
そうですか~、Yさんがご紹介していただいたのですね。
ありがとうございました。
北農さんともバンドをされていたのですね。
もう、6年お会いしていませんが、お元気でしょうか?

私のマンドリンは、完成した年に、宝塚フェスに持ち込んで、無謀にもいろいろな方に弾いていただきました。
ちょうど、ロイド・ロアーF5が3台も集まって、フラマンの集いというイベントもあったので、ちゃっかり参加したりして、、、。
おおむね好評だったのですが、どちらかと言うとブルーグラス向きのサウンドではなくて、フォーク的な響きがすると言われました。
その後、改良版を作りたいのですが、余裕が無くて、残念な事になっております。

小島さんも、これを機会に?バイオリン製作をぜひ再開されてはいかがでしょうか??

ではでは、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

名前
URL
削除用パスワード