大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン

クレモナの中心地に用事があると、たびたび、大聖堂(Duomo)の前を通るのですが、タイミングによっては、扉が開いていることがあり、中を見学することができます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494599.jpg



私はクリスチャンではないのですが、大聖堂内の荘厳な雰囲気に包まれると、やはり神妙な心持になります。
1107年に建築が始まり、1491年に完成したと言われている大聖堂、アマティやストラディバリ、ガルネリも礼拝に訪れたと思うと、ヴァイオリン製作者として、この地で生活することの重みをあらためて感じます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494522.jpg


堂内を少し進んでから振り返ると、大きな丸いステンドグラスに目がくらみながら、その下に位置するフレスコ画に目を奪われます。
ジョバンニ・アントニオ・デ・サッキス、別名ポルデノーネが1520年から1521年にかけて描いたフレスコ画で、イエス・キリストの処刑シーンをモチーフにした、ポルデノーネの代表作の一つとされています。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494553.jpg


詳しい画像はこちらです。
中央の人物がとても印象的な、ダイナミックな映像ですね。

大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_14594555.jpg


実は、自宅の壁にも、同じ絵が飾ってあります。
昨年のクリスマスに、お向かいに住んでいるイタリア人のご夫婦が、私たちにプレゼントしてくれました。
クレモナに来て20年近く、同じアパートで暮らすイタリア人はみな親切で、突然やってきた日本人の私たちに温かく接していただけたことが、不慣れな土地で頑張ってこれた一つの要因だったと、あらためて思います。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06494517.jpg



さて、次のヴァイオリンの製作も進んでおります。
このヴァイオリンから、荒削り用の丸ノミを新調しました。
実は、この作業は腰や背中、腕の負担が大きくて、年々、厳しくなってきていたのですが、友人の製作家のAさんに相談したところ、彼が自作した丸ノミを譲っていただけることになったのでした。
持ち手が少し長くなり、また、握り具合も絶妙で、体にかかる負担がかなり軽くなり、傷みや疲れが少なくなりました。
Aさんには本当に感謝しております。

大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06484877.jpg


ミニカンナでのアーチ削りは、いつもどおりです。
低い位置からの光でできる影を頼りに、最適な膨らみを目指して削っていきます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06484811.jpg


表板は、エフを描きながら、完成したイメージを想定しながら、整えていきます。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_06484884.jpg


スクレーパーで仕上げて、アーチの完成です。
トラ杢が浮き立って、楽器としての美しさを初めて実感できる瞬間です。


大聖堂の絵画と、次回作ヴァイオリン_d0047461_07295661.jpg

by violino45 | 2020-02-14 07:31 | 製作記 | Comments(2)

Commented by Junjun at 2020-02-14 21:34 x
菊田さん、こんにちは。

大聖堂の絵画と、製作楽器のアップ有難うございます。

クレモナの街や、バイオリンの事を知る事で
大聖堂の写真は色々拝見しました。
天気や角度で様々な印象を受けます。
実際には、五年前のツアーで初めて中に
入る事が出来ました。

改めて菊田さんが
紹介してくださると、今までと違う新しい見方が出来ます。

ジョバンニ アントニオ デ サッキス
実は初めてお名前を知りました。
キリスト教ではく、美術も疎いので
今回のアップは改めて、興味深く感じました。検索サイトでみてみました。

そのようなフレスコ画が
描かれていたのに、あの時はそれをみるゆとりも無かったみたいです。。。

同じマンションに住まわれる方がプレゼントしてくれたとは、クレモナの方々が街に愛着と誇りを持っていることが、とても伝わってきました。 信仰心、普段の生活では
接していない部分ですが、
生き物、自然など周囲のものに
いつも感謝していきたいと感じました。

製作では、新たな楽器のアップ。
材料道具などは違いますが、私の仕事も機材を新調すると、仕事の疲れが違います。

菊田さんにおかれましても、
体調に気をつけてくださいませ。

素敵なアップ、有難うございました‼️
Commented by 菊田 at 2020-02-15 16:26 x
Junjunさん、こんにちは。

あのクレモナツアーは、なかなかスケジュールがハードですので^^、、美術品をゆっくり鑑賞する時間もないですよね。。

ヴァイオリン博物館が2013年以前、市民博物館の中にあった時は、目当ての展示に到達するまでに、数百点の絵画を見ながら歩く必要があったので、半ば強制的に、クレモナの美術史を体感できていました。
これは、当時は無駄な時間のようにも思えていたのですが、今思うと、貴重な体験だったのかもしれません。

次回のツアーでも、やはり市民博物館を見学する時間はないかもしれませんが、大聖堂の絵画は、他にも見ごたえのあるものが多いので、ぜひゆっくりご鑑賞ください。

というか、お時間が許せば、ぜひ個別にクレモナにご来訪いただければ、、。

さて、Junjunさんのお仕事では、使われる道具の進歩も日進月歩なのだと想像しております。

ヴァイオリン製作の分野では、どちらかというと道具に関しては保守的なのですが、荒削りなどの体の負担を減らすことで、より精度が必要な作業への集中力を高めることができるので、これからも、いろいろ工夫していきたいと思っています。

でも、手に馴染むという感覚も、非常に重要なので、そのあたりのバランスが難しい気もしています。

気が付けば2月も半ばですね、今年は特に春が待ち遠しい気がします。
Junjunさんもお体にはお気をつけて。。


名前
URL
削除用パスワード