松山の演奏会のご報告

今年も、松山市にて、私の楽器を使った演奏会を開催いただきましたので、写真にてご紹介させていただきます。

松山市の中心地にあります、マツヤマ楽器さんの二階にあるホールにて開催されました。
平日の夕方にもかかわらず、多くのお客様にご来場いただきました。
ピアノは、スタインウエイのB型が常設されています。


d0047461_19515702.jpg



今回は、ヴァイオリンが4台、ビオラが2台、そしてチェロを演奏いただけるという、製作者として、とても幸福な時間となりました。

d0047461_19515784.jpg



演奏会は、主催である松山モーツァルト会会長の西村真也さんと、御子息のヴァイオリニスト、西村壮さんの演奏で始まりました。
曲目は、モーツァルト/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ K.526 で、使用楽器は、2018年に製作したストラディバリ1705年モデル、トリエンナーレコンクールに出品したヴァイオリンです。

d0047461_19543440.jpg



西村壮さんは、松山市を中心に演奏活動をされていて、ヴァイオリンとビオラを演奏されます。
今回も、とても繊細で力強い演奏をご披露いただきました。


d0047461_19543550.jpg


続いて、ピアニストの池田慈さんとのデュオで、ディーリアス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタより、第1番と第3番を演奏いただきました。

d0047461_19543424.jpg


d0047461_19565079.jpg


池田さんは、松山を中心として活動されているピアニストで、池田さんがモスクワ留学中に知り合ってから10年以上経ちますが、ご出身が松山だったことからこうしてまたご一緒できる御縁をいただき、とても嬉しく思っております。

d0047461_19543593.jpg



休憩時間には、楽器についてご質問いただいたり、お客様と交流させていただけるのも、このイベントの楽しい時間です。


d0047461_19543513.jpg


後半は、昨年も演奏いただきました、オペラえひめアンサンブルの皆様の登場です。
今回は、西村壮さんもビオラで参加されて、モーツァルト/弦楽五重奏曲 K.614の演奏です。

d0047461_19515737.jpg

右を向いても左を見ても、私が製作した楽器での合奏、製作者としてこれ以上嬉しいことはないですが、同時に、緊張もする瞬間です。
でも、製作年代も違う5台の楽器たちでしたが、アンサンブルの皆様が、すごく統一感のある音色で響かせていただけたので、安心してモーツァルトの音楽の世界に浸ることができました。

d0047461_19515855.jpg

d0047461_19515831.jpg


第1ヴァイオリンは、大城辰雄さん、昨年同様、2009年のヴァイオリンを演奏いただきました。
丁度10年を経過したヴァイオリン、発音も良く、音色にも深みが出てきたように思いました。

d0047461_21412877.jpg


第2ヴァイオリンは、濱口南さんです。
演奏いただいた楽器は、私が楽器製作を始めて2台目のヴァイオリン、1997年の作品です。


d0047461_19543505.jpg



当時、自分に楽器製作の才能があるかどうかも分からない中、夢中で作り上げたヴァイオリンでしたが、思った以上に良い音が出て、もしかしたら自分には才能があるのではないか?と、ある意味、勘違いだったのかもしれませんが、さらに楽器製作にのめり込み、4年後にはクレモナ留学することになるきっかけとなった、思い出深い楽器です。

d0047461_19515762.jpg


チェロは、大城久子さんです。
2004年、製作学校でホワイトまで仕上げ、その10年後にニス塗りをして完成させた、今のところ、私の唯一のチェロです。
今回も、力強い、芯のある音で演奏いただけました。

d0047461_19515776.jpg


第1ビオラは、松本順子さんです。
展示会では毎回お馴染となった、2006年に製作した楽器です。
完成当初は、なかなか思うように響かなかったビオラですが、13年経過して、張りのある音に変化してきたのは、自分でも新しい発見でした。

d0047461_19515673.jpg


第2ビオラは、西村壮さんです。
2012年に、トリエンナーレコンクールにてファイナリスト、5位に入ったビオラです。
7年が経過して、発音がさらに向上してきましたが、今回、弦を違うタイプにしたことで、また別の音色を感じることができて、新鮮でした。

d0047461_19543512.jpg


演奏会の最後は、ヴァイオリンとビオラを一台一台、西村壮さんに弾いていただき、音色の違いを感じていただくコーナーとなりました。

クライスラー、エルガーの代表的な小品と、ビオラでは、チャイコフスキーの感傷的なワルツなどを弾いていただきました。

d0047461_19515763.jpg


私も、1997年の楽器の解説などをさせていただきながら、年代ごとの楽器の音の違いを、あらためて実感させていただき、とても勉強になったひと時となりました。

d0047461_19543591.jpg



今回も、弦楽器製作者として、至福の時間を過ごさせていただきました。

素晴らしい演奏をご披露いただきました演奏家の皆様、西村さんをはじめ主催、運営でお世話になりました皆様、そしてお忙しい中ご来場いただき、温かい拍手で盛り上げていただいたお客様に、あらためて厚く感謝を申し上げます。

また別の機会に、お目にかかれます日を楽しみにしております。

d0047461_19515798.jpg


by violino45 | 2019-11-18 20:35 | 日記 | Comments(2)

Commented by Junjun at 2019-11-19 06:54 x
菊田さん、こんにちは。

松山でのコンサートのアップ、有難うございます。
ここ数年、秋の恒例コンサート。お伺いする事はできませが こうしてブログでのご報告を、いつも楽しみにしています。

バイオリンソロ、デュオ、アンサンブル等
多様な形式での演奏、お写真拝見するだけでもワクワクしました。

全て菊田さんの楽器での演奏との事ですが
それぞれの楽器が特徴的な音で、一緒に音楽を奏でると他にはない調和があるのでしょう。私にはまだまだ、そこまで音楽が、理解できる域ではないですが、以前東京でのコンサート、とても楽しかった記憶があります。

また、今回初めて拝見する楽器、1997年製のバイオリン。楽器製作二台目の楽器の演奏。すごい特別な感じが伝わってきました。
うまく表現出来ませんが、このホールでの
コンサートの重みを感じました。

フェア後もお忙しい中と思いますが、呉々もお身体ご自愛くださいませ。
日本で素晴らしい時間が沢山すごせますよう
心よりお祈りしています。
Commented by 菊田 at 2019-11-19 09:12 x
Junjunさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

なかなか遠方のイベントなので、関東圏の皆様にはご覧いただくことが難しく、残念ではあるのですが、写真で少しでも雰囲気を楽しんでいただければ嬉しいです。

ソロ演奏での、それぞれの楽器の音色の違いを聴き比べるのも楽しく、貴重な経験ですし、アンサンブルになった時にも、楽器の個性が発揮されつつも、響きがまとまり、一つの音楽として融合していく様を目の当たりにできるのは、本当に感動的な瞬間でした

1997年の楽器は、ずっと手元に置いておいたのですが、今回、このような機会をいただけて、また別の面で、製作者としての喜びを感じる出来事でした。

今後は、機会を見つけて、過去の作品も少しずつご紹介していければと思っております。

2019年も、とても良い形で活動を終えることができそうです。
クレモナに戻りしだい、次の作品に向けて精進していきたいと、あらためて思っているところです。
名前
URL
削除用パスワード