弦楽器フェアの展示楽器、最新作2台目

弦楽器フェア、11月1日(金)からの開催となりました。
皆様のご来場、お待ちしております。

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

宮地楽器さんのホームページにて、詳しくご紹介いただいております。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/


さて、先日、最新作の1台目をご紹介しましたが、今日は2台目のヴァイオリンをご紹介させていただきます。

今回も、いつものように、ストラディバリ、1705年のモデルです。

d0047461_09175220.jpg



裏板は、ホワイトでもご紹介しましたが、トラ杢が交差した、複雑な模様の2枚板を使用しました。
モラッシー先生が、生前、好んで使われていたような、特徴のある裏板で、モラッシー先生から直接購入させていただいた木材でした。
ホワイトの状態は、こちらの記事でご覧いただけます。

d0047461_09180120.jpg


エフは、裏板の渋い雰囲気に見合うような、落ち着いた感じを目指しましたが、仕上がってみると、普段通りのアマティ風の雰囲気となりました。

d0047461_09184300.jpg


裏側のコーナー部分です。
アップにすると、木材の雰囲気がより伝わってくる感じです。

d0047461_09183349.jpg


ウズマキも、楽器全体の雰囲気に見合うように、少しワイルド感を目指しましたが、前回の楽器よりも少し落ち着いた感じになった気がします。

d0047461_09190282.jpg


正面からの造形です。

d0047461_09185194.jpg


斜めからの雰囲気が良くまとまると、楽器全体のシルエットが締まって見えてきます。

d0047461_09191559.jpg


この楽器も、弦楽器フェアではガラスケース内での展示となります。
前回の楽器と、ぜひ見比べてみてください。
ご来場をお待ちしております。

d0047461_09182394.jpg

d0047461_09181106.jpg



by violino45 | 2019-10-30 20:00 | 製作記 | Comments(4)

Commented by Junjun at 2019-10-30 21:05 x
菊田さん、こんにちは。

交差モクは、こちらだったのですね💦

前回の虎モクをみて、その差が分からないなあと、思っていたので、、、、。
なるほどです。

では、土曜日の午後にフェア2伺います。
お目にかかれるのを、楽しみにしております!
Commented by 菊田 at 2019-10-30 23:37 x
Junjunさん、こんにちは。

はい~、、分かりづらい記事の順番で失礼しました!
今回のトラ杢は、分かりやすいですよね。

ニスを塗ったら、さらに壮麗な杢になりました。

土曜日ですね、一堂、お待ちしております!
Commented by parnassus at 2019-11-03 00:23
弦楽器フェアで、この交差杢の楽器の出来上がった実物を拝見できて感動でした。
ニスが塗られると、ホワイトのときに比べて、格段に輝きを増しますね。
また、角度によってぜんぜん表情を変える様子は、写真では理解できないことがいかに多いかわかりましたし。
帰国滞在中、お疲れ多いと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。
*たにつち*
Commented by 菊田 at 2019-11-13 16:52 x
たにつちさん、コメントありがとうございました。
お返事遅くなり、失礼しました。

先日は弦楽器フェアで楽器を御試奏いただき、また、関連のイベントでもお世話になり、ありがとうございました。

そうですね、ヴァイオリンは三次元での造形なので、写真だけではなかなか伝わりづらいですね。

実物をご覧いただくのが一番なのですが、それも機会が限られてしまうので、ブログでのご紹介では、やはり動画を活用するのが良いのかなと、あらためて思ったりもしております。

3D、VRなどを導入すると、マニアックになり過ぎる気がするので、とりあえずは、来年はまたノーマルな動画での記事にもチャレンジしていきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード