弦楽器フェアの展示楽器、最新作1台目

弦楽器フェア、今週末に迫ってまいりました。

会 期:11月1日(金)・2日(土)・3日(日・祝) 各日 10:00~18:00
会 場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)
入場料:1,000円(3日間有効・高校生以下無料)

詳しくはこちらの宮地楽器さんのホームページをご覧ください。
https://strings.miyajimusic.jp/gengakki_fair/

弦楽器フェアでは、最新作のヴァイオリンも2台展示する予定ですが、今回は、1台目をご紹介させていただきます。
以前、ホワイトでご紹介した楽器です。

いつもの、1705年のストラディバリモデルです。

d0047461_08464110.jpg


裏板は、端正ながら躍動感も感じられるトラ杢の二枚板を使用しました。
ホワイトの状態の記事は、こちらです。
https://violino45.exblog.jp/27748357/

d0047461_08465383.jpg


エフは、いつもどおりのアマティ的な雰囲気ですが、裏板の雰囲気に合わせて、少し若々しい?感じを意識してみました。
ほとんど、いつもと変わりはないですが、、

d0047461_08471958.jpg


反対側から見ると、こんな感じです。
ストラディバリの、コーナー部分の造形の特徴が出ているでしょうか?

d0047461_08473809.jpg


ウズマキは、ストラド黄金期スタイルには変わりないのですが、少し楕円の成分を多めにして、躍動感を出してみました。

d0047461_08481581.jpg

正面からは、こんな感じです。

d0047461_08480467.jpg


斜めから見ると、また雰囲気が違って見えます。
ウズマキの造形は、立体的で美しい分、難しさも立体的となります。。

d0047461_08475196.jpg


弦楽器フェアでは、ガラスケース内で展示させていただく予定です。
ご来場お待ちしております。

d0047461_08470960.jpg

d0047461_08470107.jpg


さて、夏にご紹介していたハイビスカス、花が一つだけ咲いたと喜んでおりましたが、その後、SNSで教えていただいて、肥料を大量に与えなければいけなかったようで、アドバイスどおりにしたら、数日ごとに咲き続け、10月に入っても咲いております。
合計、20個近く咲きました。

d0047461_09084169.jpg


上手く育てれば、越冬もできるようなのですね。
来年も咲いてくれるかな?

d0047461_09085634.jpg


by violino45 | 2019-10-27 09:10 | 製作記 | Comments(2)

Commented by Junjun at 2019-10-27 10:45 x
菊田さん、こんにちは。

早いもので、5日後に弦楽器フェアですね。
今はご準備などで、お忙しい中と存じますが
新しい楽器のアップ、有難うございます。

新しいバイオリンが出来る度に、本当に
美しく品がある楽器だと感じます。
ストラディバリ らしい、とか
渦巻がとか、細かい特徴は わからない
素人ですが、見た目の素敵な感じは
ストレートに伝わってきます。

フェアで、ケース越しに拝見させて頂けるのを楽しみにしています。
また、今まで、触れさせて頂いている
バイオリン達に再会出来る事も、楽しみです。主催者、製作者さん、関係者の方々には
大変でしょうが、いつも貴重なイベントとして毎年ワクワクして、足を運ばせて頂き
感謝いたします。

ハイビスカス🌺さん。
可愛らしいお花ですね。何事もしっかり手を加えてあげる菊田さんのお家にいて
幸せそうにみえます。

では、フェアでお目にかかれる事を
楽しみにしております。

呉々も、お身体ご自愛くださいませ。
Commented by 菊田 at 2019-10-30 20:27 x
Junjunさん、こんにちは。

いつも、弦楽器フェアはもう少し先と思っていると、あっという間に当日になってしまうので、油断大敵です^^。

準備は、宮地楽器さんを中心として、私たち製作者も意見を出し合って、ブースを作り上げていきます。
今年は、楽器の展示方法を大きく変えていますので、ぜひお楽しみにです。
また、ご意見、ご感想なども伺えれば嬉しいです。

ハイビスカス、最初は10センチくらいの棒だったとは信じられないくらいですね。
自然の力は偉大です。
バイオリンも、この生命力をいただいて製作できているのだと思うと、木材に真摯に向かい合いたいと、あらためて思います。

こちらこそ、フェアでお会いできるのを楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード