ホワイトヴァイオリンと、ハイビスカス

残暑お見舞い申し上げます。
クレモナも今年はアフリカ熱波の影響もあり、夏らしい、とても暑い日が続いております。

暑さのせいだけではないのですが、いろいろあって、仕事のペースが大幅に落ちてしまい、心穏やかではないのですが、でも、急いでしまって楽器のクオリティを下げることだけはしたくないので、じっくり仕上げていきたいと思っております。

今回は、初夏から夏にかけて製作していたヴァイオリンがホワイトで仕上がりましたので、ご紹介させていただきます。
このヴァイオリンは、たぶん、11月の弦楽器フェアにてお披露目させていただく予定です。

いつものように、A.ストラディヴァリ、1705年モデルで製作しました。


d0047461_05215346.jpg


裏板は、アーチ作業の時にもご紹介しましたが、端正なトラ杢の二枚板です。
以前、モラッシー先生の工房で気に入って購入したものですが、程よく乾燥してきたので、今回使ってみました。

d0047461_05220251.jpg

d0047461_05221820.jpg

d0047461_05221066.jpg


裏板のパーフリングのコーナー部分です。
ストラドモデルの場合、コーナーの中央を向くのではなく、少し内側に向けて傾けるのですが、その造形は、技術力とセンスを問われる部分です。
うーん、、もう少し内側に向けても良かったですね、、、

d0047461_05222766.jpg

d0047461_05223578.jpg


エフは、単独で存在するのではなく、アーチの膨らみや、コーナーの造形との融和性が大切です。

d0047461_05224565.jpg

d0047461_05225304.jpg


ウズマキは、今回も黄金期のストラドを目指しておりますが、先日、本物のストラディヴァリを手に取って拝見する機会があり、それ以降、またまた思い悩む状況になっております。

d0047461_05230723.jpg

d0047461_05231638.jpg

d0047461_05233829.jpg


後頭部の流れるような造形は、いろいろな流派によって目指す方向性が違うので、答えは一つではないのですが、毎回、少しずつ変えて試しているところです。


d0047461_05232428.jpg



ここで、久しぶりのアンモナイト師匠の登場です。
2008年ごろ?にミラノのアンティーク市で購入して、当ブログでも時々登場しておりました。
師匠、今回のウズマキはどうでしょうか?
「まだまだ、だね」
はい、修業して出直します。。

d0047461_05233183.jpg


さて、気を取り直して、タイトルにあったハイビスカスですが。
友人の製作家の坂本忍さんにお土産でいただいたハイビスカスの苗木を、春から育てておりました。

グラスに水を入れて放置しておくと、少しずつ芽が出てきました。

d0047461_05240285.jpg


根が数本出てきたところで、鉢に植え替えると、元気よく成長を始めて

d0047461_05241176.jpg


暑くなるとともに、立派な観葉植物に。

d0047461_05250969.jpg


そして、気が付くと、小さなツボミが一つ。

d0047461_05242150.jpg

ここからが長くて、二週間くらいしたら急に大きくなって。

d0047461_05242911.jpg

翌日には見事に開花しました。

d0047461_05250037.jpg

d0047461_05245203.jpg

でも、ハイビスカスの花って、一日しか持たないのですね、、、翌朝にはしおれてました、、なんと儚い。。

ですが、あの木の切れ端から芽が出て、根が張って、ここまで成長して花が咲くまでを見ることができて、感激でした。
でも、それ以降、ツボミがまったく出てこないのです、、今年の夏は一つだけの花だったのでしょうか?
一つ咲いただけででも奇跡だったのかもしれません。


by violino45 | 2019-08-30 06:05 | 製作記 | Comments(4)

Commented by Junjun at 2019-08-30 06:36 x
菊田さん、こんにちは。

新しいバイオリンのご紹介と、可愛いハイビスカスの成長記録写真有難うございます。

11月フェアに このホワイトバイオリンが
完成されて拝見出来るのですね。とても品があり、美しいです。秋が
今から楽しみです。

パーフリングの角度、色々な特徴があるのだと知りました。また、本物のストラドを手にする機会があったとのこと、凄いですね。
アンモナイト師匠、^ ^
お元気そうで、何よりです。

ハイビスカス🌺は、イメージとしては
南国のお花ですが、こうしてクレモナで
大切に育てられることにより、
一日でも可愛らしくて
華やかなお花を咲かせてくれた事に、
力強さを感じました。

色々心穏やかでない状況との事ですが、
全ての事が 早く落ち着かれますよう
良い方向に行かれますよう、心から
お祈りしています。
呉々も、お身体ご自愛くださいませ。

Commented by 菊田 at 2019-08-30 14:51 x
Junjunさん、こんにちは。

5月に帰国して展示会などでお目にかかったばかりと思っていたら、もう弦楽器フェアが目前に迫ってきていて、時間の流れについていくのがやっとですが@_@、、、また会場にてお会いできることを楽しみにしています。

最新作ヴァイオリンもぜひご覧いただければ嬉しいです。

ウズマキもパーフリングも、本物のストラディバリさんの楽器を見ても、時々、失敗しそうになった痕跡が残っていて、心強い気持ちにもなったりしますが^^、でも、本質的な造形の美しさ、ダイナミックさを目の当たりにすると、アンモナイト師匠の言葉を待つまでもなく、まだまだだなという気持ちになります。

でも、勇気も100倍沸いてきますので、引き続き精進していきたいです。

ハイビスカス、彼も遠くクレモナの地で目覚めるとは思っていなかったと思いますが、それでも花を咲かせてくれたのは嬉しいですね。
あの枯れ木からここまで、、植物の生命力はすごいです。

いろいろご心配いただき、ありがとうございます。
11月には元気な姿で帰国できるよう、立て直していきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by parnassus at 2019-09-06 22:50
菊田師匠、たいへんご無沙汰しております。
ほんの芽から出たハイビスカス、美しい花を咲かせ、とても素敵ですね。これからもどんどん育つことでしょう。
本物のストラドの渦巻きに悩まれたとのこと、、勝手な妄想ですが、それはその造形の方向性があまり美しいと感じられなかったからでは?
ストラドのオリジナルを手本としつつも、造形の美的な面では、師匠の造形は、きっと凌駕されていて、もはや後ろ戻りするべきものではないとも思ったからです。
色々あったとのこと、何も申し上げられませんけれど、11月の帰国の際にまたお目にかかれますことを楽しみにしております。
*たにつち*
Commented by 菊田 at 2019-09-07 15:41 x
たにつちさん、こんにちは。
コメントありがとうございます^^。

ウズマキに対してのご考察、さすがたにつちさんですね、
でも、本物が美しいと感じなかったというわけではなくて、自分の目指す方向性と微妙に違っていたという感じでしょうか。。

もっと言えば、美しさの到達点がやはり別格なので、最近自分が思い悩んでいた部分とは別の観点でアプローチする必要があるなと、あらためて思ったのでした。

いずれにしても、後ろ戻りすることはないのですが、ストラディバリ先生の造形に真の意味で近づくためには、まだまだ、いろいろな面での修業が必要だと感じているところです。

こちらこそ、11月にお目にかかれますのを今から楽しみにしております!
名前
URL
削除用パスワード