5/6 宮地楽器さんでのイベントのご報告

5月6日の、吉田直矢さんによる演奏会が無事に終了いたしましたので、写真にてご紹介いたします。

私が製作したヴァイオリンを新旧6台取り揃えて吉田直矢さんに演奏いただくという企画、楽器製作者として非常に光栄で、かつ、とても緊張もする演奏会となりました。

演奏会そのものは、吉田さんの素晴らしい演奏の数々で、大成功に終わりましたが、私自身も、楽器による音の違いを身を持って実感でき、また、私がヴァイオリン製作に向き合う姿勢、気持ちを、あらためて自己確認できた、非常に貴重な機会となりました。

楽器は、左から、昨年秋にトリエンナーレコンクールに出品したヴァイオリン、続いて2018年、2017年のヴァイオリン、完成したばかりの2019年クレモネーゼモデル、そして、2011年、2005年のヴァイオリンの6台となります。


d0047461_18595539.jpg



開演前、宮地楽器の山本岳志さんとの記念撮影です。
吉田直矢さんとの出会いは2005年、そして山本との出会いも2005年です。
14年間、さまざまなイベントでご一緒してきましたが、今回の演奏会は、一つの集大成でもあり、また、令和という新しい時代へ向けてのスタートとも言える、感慨深い時間となりました。

d0047461_19002204.jpg


大型連休最後の貴重な日にもかかわらず、大勢のお客様にご来場いただき、ありがとうございました。

d0047461_19002781.jpg


リサイタルは、吉田直矢さんの迫力のある演奏から始まりました。
今回は、私たちもステージ上で聴かせていただきましたが、開演と同時に、演奏のエネルギーが一気に会場に飛んで行き、一瞬で吉田さんの音楽の世界に染まる様子を目撃できました。


d0047461_19003582.jpg


d0047461_19000750.jpg


力強い弓使いで、一気に会場を音楽の世界に引き込んでしまう吉田さんの演奏、そのパワーに私の楽器が応えていけるのか心配でしたが、それぞれの楽器の特徴を上手く引き出していただく素晴らしい演奏で、安心して聴かせていただくことができました。

d0047461_19004280.jpg


ピアノは、山本有紗さん、ソロ活動のほか、アンサンブルやバンドで幅広く活躍されています。
プロフィールはこちらでご覧いただけます。
https://musica-celeste.com/member/piano/arisa-yamamoto
素晴らしい演奏をありがとうございました。
吉田さんのパワフルな演奏に負けないばかりか、さらにそのエネルギーを引き出していくかのような、力強いピアノ演奏でした。

d0047461_19005477.jpg

演奏会は、楽器の弾き比べコーナーを交えながら、楽しく進行していきました。

d0047461_19010010.jpg


司会の山本さんはいつもどおり軽妙なトークで、会場のお客様と楽しい交流をさせていただきました。

d0047461_19015390.jpg

吉田さんも、私との出会いのエピソードや、ご自身のヴァイオリンとの関わりなどを交えながら、楽しいお話しをしていただきました。

d0047461_19010873.jpg


私自身も、楽器製作への思いや、お客様に楽器を届けるまでの気持ちなど、いつもながら拙いトークで恐縮でしたが、精いっぱいご説明させていただきました。
楽器のモデルや製作年代による微妙な音色の違いなど、なかなかマニアックなテーマもありましたが、少しでも楽器製作について親しみを持っていただけましたら、製作者としてとても嬉しいです。

d0047461_19011385.jpg


演奏会の後半は、さらにエネルギッシュな演奏となり、会場も一体となって盛り上がりました。

d0047461_19001451.jpg

全身を使ってのパフォーマンス、けっして見た目だけのものではなく、音が、さらに強い塊となって飛んでいく事実を、会場のお客様は実感されたと思います。

d0047461_19012989.jpg



聴いている私自身も、真剣な表情です。
楽器が吉田さんの演奏に応えられているのか、心配な表情でもありますし、こういう弾き方にはこういう音が出るのか、または音が出ないのか、冷静に心に刻もうとしている製作者としての顔でもあります。

d0047461_19011759.jpg



無事に演奏会は終了しました。
吉田直矢さん、山本有紗さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

d0047461_19014842.jpg



令和の時代の幕開けを、このような素晴らしい演奏会で迎えることができまして、製作者としてとても幸せな一日となりました。

あらためて、吉田さん、山本有紗さん、宮地楽器のスタッフの皆さま、そして、ご来場いただきましたお客様に厚く感謝申し上げます。

d0047461_19015859.jpg



終演後も、吉田さんは最後までお客様との交流を大切にされていました。
演奏家としても、一人の人間としてもすばらしい吉田さんとご一緒できたのは本当に光栄な出来事でした。

d0047461_19020421.jpg



お客様が帰られて、夢のような一日が終わり、山本さんとの2ショットです。
山本さんはセールの最終日、私は大阪の展示会の直後と、二人とも体力的には限界で、最後は座り込んでしまいましたが、もちろん、最高に心地よい疲労感でした。

あらためて、弦楽器製作者になってよかったと、心から思う一日となりました。
これからも、よりよい楽器を目指して精進していきたいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

d0047461_19021271.jpg




by violino45 | 2019-05-07 19:54 | 日記 | Comments(2)

Commented by Junjun at 2019-05-08 06:37 x
菊田さん、宮地楽器小金井でのイベントなアップ有難うございます。

菊田さんバイオリンだけ6台を使用された
滅多にないコンサート、吉田直矢さん、山本有紗さんの パワフルな演奏 あっと言う間の90分でした。

それぞれの楽器への思いや特徴など
お話頂き、またその楽器にあう選曲された演奏には、驚きと楽器への興味がさらに
深まりました。
大変貴重な時間を過ごさせて頂きましたこと、改めて お礼申し上げます。

私個人では、何度か触らせてて頂いた2005年の楽器の、さらに深まってきた音が印象的でした。お聞きしたところ、
2005年に吉田さん、宮地楽器小金井の山本さんと出会われたとの事、特別な年に、
なられたのだと、お察し致しました。

イベント後の皆様がお揃いになられた
お写真、ステキな表情をされています!

大阪での展示会後、宮地楽器小金井でのイベント、お疲れ様でした。
告示されている池袋のイベントなど
まだまだ お忙しい日々と存じますが
呉々も お体ご自愛くださいませ。
Commented by 菊田 at 2019-05-08 11:04 x
Junjunさん、こんにちは。

先日はご来場いただき、ありがとうございました。
演奏会を楽しんでいただけたのでしたら、とても嬉しいです。

Junjunさんには、以前から弦楽器フェアなどの展示会で、何度も私の楽器を試奏いただいておりますが、今回のように、一人の演奏家の方に一度に試奏いただけると、それぞれの楽器の持つ個性や特徴が、また違う印象になって感じられますね。

製作した私自身、新たな発見が多く、貴重な勉強の機会となった演奏会でした。

会場のお客様にとっても、ヴァイオリンという楽器の可能性、特に、限界近くまで強く弾かれた時にどういう音になるのかを経験していただく機会にもなったのではないかと思います。

私自身、演奏を拝聴しながら、かなり腕に力が入り、楽器に念を送ったような状況となりましたが、本文にも書きましたように、ここまで音が出るのかという発見と、もっと音を出せるはずという気持ちが交錯しておりました。

いずれにしても、これからの楽器製作に向けて、大きなヒントもいただいた演奏会でしたので、今は、新しい楽器を早く製作したいという気持ちでいっぱいです。

池袋の展示会では、残念ながら最新作は展示できませんが、ぜひ御試奏いただき、ご感想を伺えましたら嬉しいです。

会場にて、お目にかかれますのを楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード