ストラディバリモデル 動画と写真でご紹介

8月にホワイトでご紹介しておりましたヴァイオリンが、ようやく完成しましたので、ご紹介させていただきます。

今回も、輪野さんに試奏をお願いしました。
曲は、バッハのパルティータ2番、冒頭部分を弾いていただきました。



いつもながら、ニス塗りが終わって、磨いて、部品を組み込んで、弦を張って、軽く調整しただけの状態のヴァイオリンの音色ではありますが、まさしく生まれたての声を記録に残せているのは、製作者として嬉しいことだと思っております。
輪野さん、今回も素敵な演奏をありがとうございました。


では、ヴァイオリンを写真にてご紹介いたします。

いつもどおり、A.ストラディバリ、1705年のモデルを使用して製作しました。
d0047461_07065020.jpg


裏板は、若干変化のあるトラ杢の一枚板を使用しました。
d0047461_07063859.jpg


ストラディバリは、アマティ工房で修行しましたので、若い頃は、ニコロ・アマティの影響を強く受けた作品が多いですが、独立して、試行錯誤しながら製作していく中で、ストラディバリ独自のスタイルに少しずつ変化していきました。
エフの造形も、その一つで、アマティの弟子の時代から、黄金期に至るまで、大きく変化しているのですが、師匠のラザーリ氏から譲り受けたエフは、独自のスタイルを確立しながらも、まだアマティの影響が残る時代のデザインとなっています。
黄金期の、張り詰めた力強さが目立つエフと比較して、全体的に丸く、優しいイメージのエフになっています。
d0047461_07054629.jpg


Cの部分や、コーナー部分の造形も、黄金期の押し出しの強いイメージよりも、1705年のモデルは、全体に繊細な雰囲気を感じさせます。
d0047461_07053491.jpg


ウズマキは、ラザーリ師匠の元で修行していた時は、ガリンベルティ的な、モダンなスタイルで製作していましたが、この数年は、よりクラシカルなストラディバリのスタイルを目指して製作しています。
ですが、立体的なウズマキの造形なので、なかなか求めるイメージを実現するのは難しく、試行錯誤が続いています。
d0047461_07051590.jpg

d0047461_07042683.jpg

d0047461_07044741.jpg

d0047461_07050160.jpg

d0047461_07041057.jpg


このヴァイオリンは、すでに手元を離れておりまして、残念ながら、弦楽器フェアでお披露目することはできません。

d0047461_07062582.jpg

弦楽器フェアにて展示する楽器は、後日、ご紹介させていただきます。
最期までご覧いただき、ありがとうございました。
d0047461_07061253.jpg

by violino45 | 2018-10-19 07:38 | 製作記 | Comments(2)

Commented by Junjun at 2018-10-20 07:21 x
菊田さん、こんにちは。

新しいバイオリンのアップ有難うございます。この楽器は、実際に 工房で拝見させて頂いたものですね。
2週間少し前の、あの音 思い出しながら
拝聴いたしました。

輪野光星さん、本当に素晴らしい演奏ですね。冒頭部分でも、その世界に引き込まれていく感じがします。さすがです!

また、音を聞いて感じたのは、弾き手と一緒になって音が奏でていると 改めて感じました。当たり前のことなのかもしれませんが、
私には とても新鮮な事でした。

この楽器は、輪野さんが弾いた時、また他の演奏者様が弾いた時と、特徴が変わると思いました。だから、もしかして 弾き手により
その後の楽器の音は、変わっていくのでしょうか、、、
その様な気がしました。

私も、私の楽器への向かい方が その音に反映するのだと、、、だから これからも、大切に
していきたいと感じました。
また、もっと良い弾き手になれるよう
前進していきたいと思います。
有難うございました。

来月に向けて、お忙しい中と存じます。
呉々も、お身体ご自愛くださいませ。
Commented by 菊田 at 2018-10-21 07:53 x
Junjunさん、こんにちは。

そうなんです、クレモナツアーの皆様が工房に来られた時にお披露目させていただいたヴァイオリンです。

あの時は、大勢のお客様の前で、私も楽器も緊張していましたが、輪野さんの試奏の時は、ゆったりと、落ちついて鳴ってくれた感じです。

楽器の音は、もちろん、演奏される方によって変わりますし、弓によっても変わります。
それでも、その楽器の個性は音色として現れますし、その個性も、時間によって、また、様々な状況によって変化していくのは、とても興味深いことだと思います。

製作家としては、その時々で変化する音色を、一旦すべて受け止めて、その楽器が持つ本当の声を見極めていくことが、より良い楽器を生み出していくために重要なのですが、そういう意味でも、弦楽器フェアのような展示会はとても貴重な機会ですし、先日のように、生まれたての楽器を試奏いただけるのも、良い経験になりました。

演奏家さんにとっては、楽器の持つ音色が、そのまま、音楽の一部になっていきますので、弓も含めて、すべてが体の部分として一体になった時に、それが、楽器本来の音と言えるのかもしれませんね。

そういう意味でも、クレモナで皆様の演奏を聴かせていただけたのは、とても貴重な経験となりました。

いよいよ弦楽器フェアも近くなってきました。
また沢山楽器を弾いていただければ嬉しいです。

名前
URL
削除用パスワード