57、そして動かないミケにゃん動画、第二弾

おかげさまで、今年も無事に誕生日を迎えることができました。
お世話になっております皆様に、あらためて感謝申し上げます。

今年は2月にモラッシー氏が逝去され、健康の大切さをあらためて感じることとなりました。
私自身、おかげさまで、今のところ大きな問題もなく製作を続けられていることは、やはりとても幸福かつ幸運なことであると思っております。

とはいえ、年々、体力、視力などの低下は実感しておりまして、自分に残された時間というものも、少しずつ意識してきたのも正直なところです。

ですが、今のところ、気力と、先日のコラムにも書きましたが、製作に対する情熱はむしろ向上しておりますので、これからも、より良い楽器を目指して歩んでいきたいと思っております。

今年も、ミケにゃんとの写真でご挨拶させていただきます。
私よりもずっと登場回数の多いミケにゃんともども、今後ともよろしくお願いいたします。
d0047461_06412504.jpg
さて、そのミケにゃんの、動かない動画の第二弾をお届けいたします。
当然、動いている瞬間もあるのですが、、撮影のタイミングが難しいので、どうしてもこうなってしまうのです。。
後半、少し動いておりますので、じっくりとご覧下さいませ。。



日本では各地で自然災害の被害が出ていると伺っております。
謹んでお見舞い申し上げます。
引き続き、お気をつけてお過ごしください。


by violino45 | 2018-07-12 07:09 | 日記 | Comments(4)

Commented by Junjun at 2018-07-12 08:16 x
菊田さん、お誕生日おめでとうございます。

毎年、お誕生日の日にアップされる記事を
楽しみにしております。
今年も、有難うございます。

ブログを、拝読させて頂くようになり7年になります。

それまでバイオリンから 気持ちが離れていた私に、音楽や楽器の素晴らしさや、楽しみを教えて頂いたこと、本当に有り難く感じています。
また製作者さんサイドからの貴重な意見や考え、内容、お写真、動画などは、とても分かりやすく、
今までに知らなかった事も、大変興味が出て、ストレートに心に入ってきます。

何よりも、楽器は、深い愛情をもって作られるというのを知る事が出来、ハンドメイドの楽器に対する想いが、強く感じることが出来ました。
こんな私に今まで一緒にいてくれた楽器を やっと愛おしく感じる事ができました。
私にとって、菊田さんは、大切な音楽の先生です。

それまで、コンプレックスの塊だった私が
音楽をやるものとして、一番大切な
音楽を楽しむ という気持ちを
ようやく、感じることが出来るようになったのも 菊田さんブログを通して、色々な事に興味が持てたのがキッカケとなりました。

お陰様で、、今は毎日楽しく、ワクワクしています。改めまして、感謝致します。


お忙しいとは存じますが、
呉々もお身体ご自愛ください。
今後も、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

ミケニャン動画、、、最初は
あれ?再生になってない?と確認、いや
動画でした。^ - ^
ミケニャン見てると。慌ただしい時間の中
ゆっくりしてみるのも。よいなーと
感じました。
ミケニャン有難うー。





Commented by 菊田 at 2018-07-12 15:41 x
Junjunさん、こんにちは。
コメントをありがとうございました。

この一年、いろいろありましたが、こうして無事に写真をアップできてホッとしております。。

もう7年になるのですね、いつも拙ブログに御来訪いただきありがとうございます。

世の中のネットコミュニケーションの主流はSNSに移行してしまい、ブログの存在そのものが危うい昨今ではありますが、私にとっての原点で、かつ、距離感が丁度良いこのブログは、私のライフワークの一つとして大切にしていきたいと思っております。

私のほうこそ、Junjunさんにご覧いただき、いつも貴重なコメントをいただけることで、楽器と演奏者さんの関係性や、演奏者さんの思いなどをあらためて勉強させていただけることが多く、いつも感謝しております。

これからも、興味を持ってご覧いただけるような内容を目指して、少しずつですが、ブログを更新していきたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ミケにゃん動画、最初は静止画のように見えますね^^。
次回は、もう少しアクティブな映像をと思っていますが、なかなか難しそうです。。
Commented by parnassus at 2018-07-14 00:16
いいですねえ!こんなご自身の写真アップは、おもいきってのことでしょうけど、、ずごくいい!
手軽なSNS流行りの中、ブログという媒体を選択し続けられていることの良さが、この記事で明確になった思いがします、、
いやね、ここのコメントももっと短文で、気楽なものとして、ファンの交流が活発になってほしいと思うところです。
あ、お誕生日おめでとうございます!(つけたしか☆爆)*たにつち*
Commented by 菊田 at 2018-07-14 15:35 x
たにつちさん、こんにちは。
嬉しいコメントをありがとうございます。

そうですね~、10年くらい前の、ブログのコメント欄での活発な交流は懐かしいですね。
SNSでのコメント&返信のスタイルとはまた違った、独特な親近感があったような気がします。

ですが、今の世に完全に浸透したSNSでは、やはりその快適性というか、即時性が際だっていますので、ブログの役割は、すでに別のところにあると言えるのかもしれませんね。

ブログとSNS、そしてホームページ、それぞれの特長がありますので、これからも、上手く距離感を保ちながら活動していければと思っております。

たにつちさんのブログも、拝見しておりますが、コメントを残せず失礼しております。
自分自身が常にアカウントで載っかった状態のSNSに比べて、毎回、名乗りを上げなければいけないブログのコメント欄に書き込むのは、周りの目も気になり、やはりなかなか勇気がいることだと、あらためて思います。

勇気を出して書き込むのに、短文ではどうかな?という葛藤もあって、結果的に、コメント欄の存在感が希薄になって、ブログは閲覧だけという状況に陥っているような気もします。

これはかつて、HPの個人BBSからブログに移行した状況と同じと思いますので、世の中の自然な流れなのかもしれませんね。

ですが、ブログにはSNSにはない良さがあるのも事実ですので、今後も、地道に活動していきたいと思っております。
長文になってしまいましたね^^、、
今後ともよろしくお願いいたします。

名前
URL
削除用パスワード