最新作ヴァイオリンのご紹介

以前、ホワイトの状態でアップしました2枚板のヴァイオリンが完成しましたので、写真と動画でご紹介させていただきます。
このヴァイオリンは、5月5日~7日に大阪市中央公会堂で開催されます、「関西弦楽器製作家協会」の展示会に出品いたしますので、ぜひ会場にてご覧いただければ幸いです。

展示会のご案内は、こちらでご覧いただけます。
http://violino45.exblog.jp/23093073/


d0047461_071646.jpg

裏板は、穏やかな印象のトラ杢のカエデ材を使いました。
d0047461_091243.jpg

d0047461_010186.jpg

エフです、最近の傾向として、少しだけシャープな印象を目指しています。
d0047461_0113189.jpg

ウズマキは、アマティの影響も感じつつ、ストラドらしい力強さを目指して製作しました。
d0047461_0363753.jpg

d0047461_0365932.jpg

大阪の展示会では、この楽器と、2011年のヴァイオリン、2006年のヴィオラも展示いたします
会場にて、ぜひ実物をご覧いただければ嬉しいです。
d0047461_037344.jpg

d0047461_0375135.jpg

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
会場にてお目にかかれますのを楽しみにしております。

さて、今回も、動画の録画には輪野光星さんにご協力いただきました。
いつも素敵な演奏をありがとうございます。
d0047461_0434538.jpg


今回も、アマティモデルの時と同じ曲を演奏いただきました。
まず、クライスラーの、前奏曲とアレグロの冒頭部分です。
録音日は、弦を張って音出しをした3日後でしたが、生まれたての、元気な声を記録できたと思います。




もう1曲、バッハの、無伴奏パルティータ・2番の冒頭部分です。
気持ちのこもった演奏をありがとうございました。




さて、少し、録音の時の様子をギャラリー的にご紹介いたします。
いつもどおり、こんな感じでの収録風景です。
d0047461_0593289.jpg

今回も、Audio TechnicaのAT4081というリボンマイクを使いました。
楽器との距離は、録音の記録として重要ですので、毎回測定しています。
d0047461_124382.jpg

昔の仕事を思い出す瞬間です^^。
d0047461_142557.jpg

収録後は、皆で楽器を見ながら、あーでもない・こーでもないタイムです。
実際の収録の時間よりも、この時間のほうが長くなるのは、製作者同士の常ですね。
d0047461_15169.jpg

世代は違えど、良い楽器を目指して精進する気持ちは同じです。
これからも、お互い頑張っていきましょう。。
d0047461_185593.jpg

by violino45 | 2016-04-30 01:25 | 製作記 | Comments(4)

Commented by junjun at 2016-04-30 06:29 x
菊田さん、こ
んにちは。

ストラドモデルのバイオリンさんのアップ
有難うございます。

見た目、本当に綺麗です。
ストラドらしい、、、とわかるまでには至らない私も、その美しさは伝わりました。(^^)

輪野 光星さんの演奏は、いつも とても素晴らしいですね。前回のアマティモデルの演奏と比べながら
拝聴いたしました。

ストラドモデル、弦をはり3日目という 本当に生まれなんですね。
その若々しい元気な ハリのある音に
対応して弾かれている様子が伝わりました。

バイオリンは男性名詞だから、ストラドモデルは元気な男の子、な感じです。
逆にアマティモデルはおしとやかな女の子みたい。

素人が、色々と生意気すいません。。(^^)

撮影風景や、その後の 皆さまのお話している様子も私もその場で見ているようで楽しい気分になりました。

久しぶりに高橋明さんの、元気そうな お姿も
見れて嬉しかったです。

大阪、池袋での展示会の ご成功を、心よりお祈りいたします。
Commented by 菊田 at 2016-04-30 15:33 x
junjunさん、こんにちは。
楽器へのご感想、ありがとうございます。
嬉しく拝読しました。

そうですね、アマティモデルは、全体的に数ミリほど小柄な楽器なので、ストラドに比べて、ソプラノ的な響きが得意なのかもしれませんね。

あと、アマティモデルの時は、輪野さんに演奏いただいたのも半年ぶりでしたし、また、パルティータの二番は新曲としてお願いして弾いていただいたので、譜面を確認しながら、それこそ、少しおしとやかな演奏になっていた感じです。。^^・

今回は、同じ環境、同じ曲目での2回目の収録でしたので、新曲にも慣れて、アグレッシブな演奏になった感じですね。

もちろん、楽器の性格に合わせて、演奏も微妙に変わるという面もあると思いますし、記録という意味での楽器の録音は、なかなか難しく奥が深いです。。(そこが面白い所ではありますが)

輪野さんとは、選曲も含めて、より理想的な記録録音についての意見交換をしながら、これからもコラボレーションしていきたいと思っておりますので、また貴重なご意見をいただければ嬉しいです。

高橋さん、相変わらず忙しそうですが、元気ですよ^^。
秋にはまた、皆で九段下でお目にかかれるのを楽しみにしています。
Commented by あゆ at 2016-05-06 17:35 x
こんにちは。
2013年10月20日にコメントさせていただいた
あゆと申します。
4分の3の楽器を…と質問させていただき
そのとき
小学3年生だった娘も
この4月で6年生!
早いものでそろそろフルサイズの楽器を
探す時期がきています。
菊田さんのこのページ、
いつも楽しみに拝見していたのですが
いよいよ明日娘を連れて
大阪に伺ってみようかと思っています。
お会いできたら嬉しいです。
Commented by 菊田 at 2016-05-08 01:25 x
あゆさん、こんにちは。
昨日は楽器をご覧いただき、ありがとうございました。
ゆっくりご対応できず、大変失礼いたしました。
お嬢様の演奏、とてもすばらしいですね。
良い楽器と巡り会われますことを、心よりお祈り申し上げます。
また次回お目にかかれます日を楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード