愛媛県 松山市での演奏会のご報告

11月24日(火)に松山市、愛媛県医師会館5Fホールにて開催されました、
~菊田浩製作楽器による演奏会「クレモナからの響きⅢ」~ が無事に終了いたしました。

簡単ではございますが、写真にてご紹介させていただきます。
演奏の動画は、また後日、ご紹介いたします。

演奏者様のプロフィール紹介は、こちらのチラシをご覧いただければ幸いです。
クリックしていただきますと、拡大表示が可能な画面に移動します。
d0047461_2331569.jpg


こちらは、リハーサル中の画像です。
愛媛県医師会館ホールの特長として、ステージの奥がガラス張りになっています。
d0047461_23355960.jpg

日中は、ガラス越しに松山城を見ることができます。
d0047461_233712100.jpg

全客席にテーブルが完備されていて、普段は学会などで活用されているホールだということが伺い知れます。
音響的にも素晴らしく、弦楽アンサンブルが温かく響くホールでした。
d0047461_23393344.jpg

演奏会の一曲目は、主催者である「松山モーツアルト会」会長の西村真也さんのピアノ、そしてご子息のヴァイオリニスト、西村壮さんの演奏で、
<モーツァルト/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ イ長調 K.526> です。
d0047461_2344577.jpg

西村壮さん演奏のヴァイオリンは、2009年に製作したストラディバリモデルで、普段から壮さんご自身に弾き込んでいただいていることもあって、安定した音色で鳴っておりました。
そして、医師会館のスタインウェイピアノも、とても美しい音色で響いていました。
d0047461_23485024.jpg


二曲目は、
<モーツァルト/ディヴェルティメント ニ長調 K.136> です。
私の楽器だけを使用した弦楽四重奏の音色を聴かせていただけるのは初めての経験でしたので、とても感激しつつ、緊張した時間となりました。
d0047461_005954.jpg


ファーストヴァイオリンは、折笠美和子さんです。
普段はイタリアの名器、ガリアーノを弾いていらっしゃるとのことで、2011年製作の私の楽器がどこまで頑張ってくれるか冷や汗ものでしたが、、とても瑞々しい音色で演奏していただけて、ホッとしました。
d0047461_05554.jpg

セカンドヴァイオリンは、野澤健太郎さんです。
2005年に製作したヴァイオリンを弾いていただきました。
10年経過して少し馴染んできた音色を上手く引き出す演奏をしていただけて感謝しています。
d0047461_0124743.jpg

ヴィオラは、西村壮さんです。
2012年に製作した楽器を演奏いただきました。
同年のトリエンナーレ・コンクールにてファイナリストとなったこのビオラ、3年経過して、少し音に深みが増してきた印象でした。
d0047461_6443932.jpg

そして、チェロは、折笠満さんです。
チェロの教則本などでも有名なチェリストさんに演奏いただくのは大変恐縮でしたが、この楽器の持つ可能性を最大限に引き出していただき、感謝しております。
以前は多くのNHKの音楽番組でも演奏されていたとのことで、何度かお仕事をご一緒させていただいた可能性も高く、その話で盛り上がりましたが、こうして別の形でお世話になるのも、不思議なご縁と感じました。
d0047461_6532831.jpg


休憩時間を利用して、私が製作したヴァイオリンを年代順に並べて、音色の比較をするコーナーがありました。
演奏は、野澤健太郎さんにお願いしましたが、それぞれの楽器の特長を引き出す演奏をしていただき、また、的確な感想コメントもいただけて、お客様とともに楽器の音色の違いを楽しめる、素敵な時間となりました。
そして今回、演奏会を通じての総合司会を、宮地楽器の山本さんにお願いしました。
軽妙かつツボを押さえたトークで、大いに盛り上げていただき、ありがとうございました。
d0047461_793290.jpg

ノリノリで楽器を振り上げているように見えますが^^、、会場の後ろのほうのお客様にも楽器をご覧いただけるように頑張っているところです。。
d0047461_7115628.jpg

プログラム後半の一曲目は、
<サン・サーンス/ヴァイオリンとハープのための幻想曲 op.124> でした。
d0047461_715377.jpg

昨年も砥部町の演奏会にてお世話になりました、ハーピストの田中淳子さんにゲスト出演していただきました。
2009年のヴァイオリンとハープの響きが美しく溶け合って、まさに幻想的な演奏でした。
d0047461_7224091.jpg

続いて、
<モーツァルト/ファゴットとチェロのためのソナタ 変ロ長調 K.292> です。
d0047461_7392685.jpg

ファゴットは、昨年に引き続き、後藤一宏さんにお願いいたしました。
数々の輝かしい御経歴は、プロフィールをご覧いただければ幸いですが、私と同い年であること、そして不思議なご縁もあって、こうした演奏会でご一緒できていること、あらためて出会いの大切さを思い返しながら、素晴らしい演奏を聴かせていただきました。
d0047461_7374514.jpg

チェロは、一年前の砥部町の演奏会にてお披露目させていただき、そのまま、松山で保管いただいていましたので、一年ぶりの再会となりました。
健康状況が心配でしたが、一年ぶりとは思えないほど元気に鳴ってくれたので、安心しました。
折笠さんには、このチェロの持つ可能性を引き出す演奏をしていただき、感動するとともに、製作者としても非常に勉強になる時間でした。
d0047461_1013262.jpg

演奏会の最後は、
<モーツァルト/クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581> でした。
弦楽四重奏の皆様と、クラリネット奏者として、竹内良宜さんをお迎えしてのアンサンブルとなりました。
d0047461_1052062.jpg

竹内さんは愛媛県出身で、現在は大阪音大の二年生、20歳の若者です。
表現力豊かな、素晴らしい演奏で会場を魅了しておりました。
d0047461_1095124.jpg


夢のような演奏会でしたが、あっというまに終了の時を迎えました。

製作者として、とても幸福な時間を過ごさせていただきました。

演奏者の皆様、主催、後援いただいた関係各位の皆様、そしてご来場いただきましたお客様に、あらためて厚く感謝申し上げます。

私自身、楽器製作者として、そして一人の人間としても、まだまだ勉強すべき点が多いとあらためて感じることも多かったイベントとなりました。

今後も、さらに成長できますよう、精進させていただく所存ですので、今後ともよろしくお願いいたします。
d0047461_1016491.jpg

by violino45 | 2015-11-28 10:24 | 日記 | Comments(2)

Commented by junjun at 2015-11-28 15:10 x
菊田さん、こんにちは。

松山での演奏会のアップ、有り難うございます。
医師会館のホール、素晴らしいですね。
こんな場所で。菊田さん楽器達の
演奏会、、、可能なら、是非私も
客席から聞きたかったです。

チェロは、昨年から松山で保管されていたとの事。また、再来年頑張ってくれるのが、楽しみですね。(-_^)

弦楽器フェアで会ったバイオリンは、
素敵な音色でした。つい、一か月前の事なのに、かなり時間が経った気がします。また、菊田さん楽器と会える日まで
私も、私の楽器と頑張って楽しく過ごします。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

もう直ぐ、クレモナに帰られるのでしょうか?日本はかなり暖かい日が続いていましたが、ここ数日は
本格的な冬が、そこまで来てると実感します。呉々も、お身体ご自愛ください。
Commented by 菊田 at 2015-11-28 22:17 x
Junjunさん、こんにちは。
コメントいただき、ありがとうございます。

素晴らしい演奏と、良い響きのホール、温かいお客様、素敵な空間でした。
私も、Junjunさんにはぜひ会場で聴いていただきたかったです^^。

弦楽器フェアが終わって、もう一か月、まだ一か月、どちらも感じますね。
いずれにしても、11か月後にはまた開催されますので、すぐにその日が来そうな気がしています。
また会場にてお目にかかれるのを楽しみにしております。

チェロも、また別の形でお披露目できれば良いのですが、、、来年は少し考えてみたいと思っております。

まだしばらく日本におります。
松山の演奏会が終わった翌日から、いきなり寒くなってビックリでした。
クレモナも寒いそうですから、気を緩めずに体調を維持したいと思っております。
Junjunさんも、お風邪など、お気をつけて。。



名前
URL
削除用パスワード